サスペンス

スコーピオンシーズン2第4話あらすじネタバレ|ケイブが可愛い【ドラマ】

海外ドラマ『SCORPION/スコーピオン』シーズン2第4話【もうひとつの変数】のあらすじネタバレと感想がまとめてあります。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をご紹介しました。

カバ吉くん
カバ吉くん
ドラマ『ザ・ラストシップ』でダニー・グリーン大尉役で出演しているトラヴィス・ヴァン・ウィンクルがネイサン少尉役で出てたぞ。格下げか・・・。
ドラちゃん
ドラちゃん
モリナ長官(アラナ・デ・ラ・ガーザ)が出なくなるのは、寂しいですね。たまには、出るのかなぁ?

前回はこちら
スコーピオンシーズン2第3話【決死の脱獄作戦】

スコーピオンシーズン2第4話のあらすじネタバレと感想【ドラマ】

第4話【もうひとつの変数】

今回は、潜水艦にからんだ海底での救出&脱出作戦でした。

冒頭では、前回のつづきでハッピー(ジェイディン・ウォン)と上手くいっていないトビー(エディ・ケイ・トーマス)がサンドバックを叩いています。

そこへ、彼氏のチェットとハッピーがバイクでタンデム出勤です。

職場恋愛は関係がギクシャクしたときは、ややこしくなります。

仕掛けられた盗聴器の捜査依頼

そして、今回から、モリナ国土安全保障省長官(アラナ・デ・ラ・ガーザ)ではなく、キャサリン・クーパー副長官(ペリ・ギルピン)に変わりました。

前回、シルヴェスター(アリ・スティダム)の救出を優先しなかったことでスコーピオンと円滑な関係を結べないとの判断です。

まぁ、そんなこと気にしないで平然とされる方が嫌なので、モリナ長官の決断を支持します。

スコーピオンはチームワークで、どんなピンチも切り抜けてきたので、足を引っ張るような上司は必要ありません。

さて、クーパー副長官は、どんなタイプなんでしょうか。

そして、今回の依頼は、海底ケーブルに取り付けられた盗聴器を調べることでした。

潜水艦が絡む極秘任務のため、ウォルター(エリス・ガベル)、ハッピー、ケイブ(ロバート・パトリック)の3人が選ばれます。

ところが、クーパー副長官の言葉やしぐさからトビーが極秘任務の内容を推測して、当ててしまうのです。

クーパー副長官が暴かれてイライラしているところに、レイ(ケヴィン・ワイズマン)が登場。

何と、スコーピオンの倉庫にレイが寝泊まりしているんです。

いつから、ウォルターと、こんなに仲良くなったんでしょうね。

レイは、相手のことを考えず、グイグイくるタイプだから、いつの間にやら泊まっていたって感じかな。

盗聴器が爆発し大ピンチ

ウォルター、ハッピー、ケイブの3人は、潜水艦に乗艦します。

まず、ネイサン少尉(トラヴィス・ヴァン・ウィンクル)から外部との連絡を断つようように命令されて、通信機を壊されてしまいました。

ハッピーの作ったアームで海底ケーブルに仕掛けられた盗聴器に接続し、ウォルターがハッキングして、調べようとします。

簡単にいきすぎて、違和感を感じたウォルターが接続を外そうとしますが、間に合わず、爆発したのでした。

その影響で、潜水艦はダメージを受けて、乗組員は脱出できなくなったのです。

まずは、通信装置を直そうとしましたが、失敗します。

つづいて考えたのが、脱出するための水中スーツで海面まで浮上して助けを求める作戦です。

しかし、ウォルターのいる場所には脱出スーツがありません。

そこで、自分たちで作製した脱出スーツを使うことにしました。

誰が行くかというところで、ケイブが自ら行くと言います。

こういう場面では、ケイブは頼りになる男です。

何とか、浮上に成功して、助けを求めました。

そして、救助にきた船からトビーたちにハッピーから頼まれた物資を連絡します。

その間も、潜水艦の中は空気が減って、危険な状態です。

艦長たち乗組員がいる場所には脱出スーツがあるので、ハッチが開く方法を考えます。

ウォルター側に海水を流入させることでバランスを崩して、潜水艦を立て直すことにしたのです。

その作戦は成功して、無事に艦長たちは海面に脱出できました。

潜水艦の自爆まで残り1分

次に、トビーとシルヴェスターは完成した酸素タンクをウォルターたちのいる潜水艦に届けます。

これで、救難艇がくるまで、ウォルター、ハッピー、ネイサン少尉の3人が生存することが出来るようになりました。

しかし、ここで、またもや問題発生です。

塩化物が発生して、生き残れる時間は5分になりました。

このような状況になると機密保持のため、潜水艦を自爆しないといけません。

爆発まで残り1分を切ったところで、酸素タンクを脱出ポッドとして使って脱出するアイデアが浮かびます。

ただし、脱出ポッドに3人が乗ると海面までは届かず、水深30mくらいで止まってしまうのです。

ウォルターは、潜水艦の爆発が起きるときの力で脱出ポッドが浮上することを信じて、乗り込むことにしました。

そんなことを知らない海上のペイジ(キャサリン・マクフィー)やケイブたちは、海中の爆発に驚き、呆然とします。

そこに、ひょっこりと脱出ポッドが浮上してきて、中からハッピーが顔を出したのです。

今回も、ハラハラしましたが、無事に成功しました。

ウォルターの変化

ウォルターが先に艦長たちを脱出させたり、レイを泊まらせたりと、変わってきたことに気づきます。

ネイサン少尉からも、すべてのことを論理的に数字のみで考えるのではなく、もうひとつの変数があると言われていました。

そんなことをペイジと話しているのを見て、恋の予感がします。

さて、ペイジとウォルターの関係は、どうなっていくんでしょうね。

気になる次回は
スコーピオンシーズン2第5話【スーパー・ヒーローズ】

スコーピオンシーズン2第4話のネットでの評価や反応は?【ドラマ】

カバ吉くん
カバ吉くん
ロバート・パトリックも、こんな風に言われて、どう感じるのか聞いてみたいぞ。

ドラちゃん
ドラちゃん
ラストでイイ感じになっていたけど、まだまだ時間がかかるんでしょうね。

まとめ

海外ドラマ『SCORPION/スコーピオン』シーズン2第4話【もうひとつの変数】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

そして、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応を紹介しています。

ひきつづき、第5話【スーパー・ヒーローズ】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

今なら、シーズン1からシーズン3まで見放題で、一気見できますよ。
スコーピオンの動画を無料視聴するなら詳細はこちら