サスペンス

オデッサ・ファイルの動画フルを無料視聴【ジョン・ヴォイト主演映画】

ジョン・ヴォイト主演映画『オデッサ・ファイル』の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

カバ吉くん
カバ吉くん
ジョン・ヴォイトを知ったのは、映画『ミッションインポッシブル』なので、メチャ若くて新鮮だったぞ。

オデッサ・ファイルの動画フルを無料視聴する安全な方法【ジョン・ヴォイト主演映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ジョン・ヴォイト主演映画『オデッサ・ファイル』のフル動画が見放題で配信されています。

U-NEXT(ユーネクスト)

また、見放題サービスのhulu(フールー)やNetfix(ネットフリックス)では、動画配信されていません。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『オデッサ・ファイル』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年1月4日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

オデッサ・ファイルはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【ジョン・ヴォイト主演映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『オデッサ・ファイル』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

オデッサ・ファイルのネタバレ感想と評価【ジョン・ヴォイト主演映画】

この映画のタイトル『THE ODESSA FILE』ですが、この中のSSはルーン文字で描かれています。

つまり、ナチスドイツ時代の親衛隊であるSSが絡んでくる物語ですね。

映画『オデッサ・ファイル』は、イスラエルでの導入部分から始まりますが、主人公であるピーター・ミラー(ジョン・ヴォイト)が事件に関わり始めるのは1963年11月22日のハンブルグ。

海外ドラマファンの方々には、この日付を11/22/63と並び変えた方が何の日だか分かりやすいかもしれません。

すっかりクリスマスモードの街で、偶然に見かけた救急車。

フリーの記者であるピーターは、何かネタが無いかと現場に駆け付けます。

ガス自殺を遂げた老人が残した日記を見て、ピーターは元ナチス軍人ののエドワルド・ロシュマン(マクシミリアン・シェル)を追い始めるのです。

潜伏している元収容所長を探し出せば特ダネですから、恋人から寄生虫呼ばわりされるようなピーターにとっては大チャンスなんですよ。

しかし、手掛かりとして当てにしていた戦争犯罪人の調査は遅々として進んでおらず、見つかっているのは小物ばかり。

どうしてもロシュマンの行方を知りたいピーターは、退役軍人の集会に忍び込んで独自の調査を開始するのですが・・・といった物語です。

秘密組織オデッサはSSをかくまい、新しい身分を用意してあちこちに潜伏させています。

あちこちというよりも、あらゆる場所と言った方が適切でしょう。

この組織の恐ろしさをよく表しているのが、ピーターの恋人ジギー(メアリー・タム)が襲われるシーンですね。

地下駐車場での凶行は偶然、通りかかった車のおかげで未遂に終わるのですが、実は襲ったのも、助けたのも、護衛に付いたのも全部オデッサの息がかかった人間でした。

警察だろうと病院だろうと、一切、信用できません。

どこにいて何をしていてもオデッサの目が光っており、その手から逃れることは不可能と言っても良いほどです。

あまりにも大きな敵ですが、ピーターは並々ならぬ執念でロシュマンを追い詰めていきます。

数万人を虐殺したロシュマンの存在を白日の下にさらし、しかるべき報いを受けさせるのがジャーナリストとしての使命。

その義憤こそ、ピーターをまるで諜報員の様に危険な潜入捜査へと駆り立てる原動力なのです。

と言いたいところですが、それだけが理由ではありません。

老人の残した日記には、収容所への移送、妻との別れ、目の前で繰り広げられるドイツ軍の醜い内輪揉め等がつづられています。

この中に、ピーターがナチス時代の戦争犯罪人ではなく、エドワルド・ロシュマン個人を執拗に追う理由が有ったのですよ。

映画『オデッサ・ファイル』における最大のどんでん返しが、この「理由」です。

さて最後に一つ。

映画のタイトルがオデッサ・ファイルですから、そのファイルをめぐって争うように見えるじゃないですか。

なんと、オデッサ・ファイルはストーリーにほとんど絡みません。

ファイルの激しい奪い合いがあるかと思ったのですけど、ここだけはちょっと拍子抜けでした。

まとめ

ジョン・ヴォイト主演映画『オデッサ・ファイル』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、オデッサ・ファイルをU-NEXTで見てみる