サスペンス

ブラインドスポット4第8話のネタバレ感想 追い詰められたザパタ【海外ドラマ】

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』第8話【縺れた愛】(原題:Screech, Thwack, Pow)のあらすじとネタバレ感想をご紹介いたします。

前回の話はこちら
ブラインドスポット4第7話【ゲーム開始】

ブラインドスポット4第8話のあらすじとネタバレ感想【海外ドラマ】

シーズン4第8話【縺れた愛】

ドラマ『ブラインドスポット』の特徴と言えば、派手なアクションと大げさな事件です。事件が大げさになりがちな理由は、FBIが常にテロリストを相手にしているからですね。

連続殺人犯を一人捕まえれば解決というわけではありませんし、想定される被害者の数も数十人から数百万人という多さ。そして、今回、想定される被害者の数は、800万人。なぜならば、ニューヨークが核攻撃を受けているからです。

NORAD(ノーラッド)の警報によれば、ミサイルの到着まであと30分ぐらいしかありません。市街地は脱出する人でパニックになり、FBIは少しでも多くの人を救うために全力を尽くしています。

何と言ってもドラマ『ブラインドスポット』は、以前、核兵器を落としたことがありますからね。その時は無人島だったので被害者はいませんでしたけど、今回はそうも行かないでしょう。

覚悟を決めて、愛する人に最後のメッセージを残すFBIのメンバーたち。リッチ(エニス・エスマー)はボストンに、そして、カート(サリヴァン・ステイプルトン)はジェーン(ジェイミー・アレクサンダー)に愛を伝えています。現在はレミーですから、カートの愛が伝わるかどうかはわかりませんけれど。

でも、ご安心ください。FBIにはヤギ声のパターソン(アシュレイ・ジョンソン)を始めとした優秀な分析官がたくさんいますし、ニューヨークに核ミサイルが落ちてしまったら”その日の朝”に繋げたオープニングが成り立ちません。

今回はレミーが派手に銃をぶっぱなしながらシェパード(ミシェル・ハード)奪還作戦を繰り広げ、並行してザパタはマデリン(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)と共に静かな交渉を進めるという二段構え。対照的なのは状況だけでなく、背景の色もそうですね。

目にも眩しい緑をバックにしたレミーと、いかにも暑そうなオレンジに包まれたザパタ。対照的な面と同時に、二人の女には共通点もあるのです。それが、個人的に追いかけている男の存在になります。

レミーを追っているのはカート。FBIの元次長と記憶を消して潜入したサンドストームのテロリストという組み合わせです。ZIPのおかげでレミーの余命は残りわずか。限られた時間の中、カートはレミーの中に残っているはずのジェーンを取り戻そうとしています。

ザパタを追うのは、もちろんリード(ロブ・ブラウン)。リードはこれ以上、ザパタが罪を重ねないよう、どうしても捕まえたいんですよ。カートを殺す気満々のレミーとは違って、ザパタはリードを傷つけたくないみたいです。

と言うより、できれば誰も傷つけたくないように見えますね。そのため、どこかに甘さが残っており、マデリンに助けられたりしているのでしょう。そんな2つの追いかけっこ。少なくとも片方は、ついに決着がつきそうです。

ザパタはリードとワイツ(アーロン・エイブラムス)に挟み撃ちにされています。これは、かなりまずい状況ですけど、ワイツを何とかすれば脱出できるかもしれません。

レミーの方は、いかにもこのドラマらしい展開になっていますよね。とうとうカートがレミーに追いつき、一応、交渉を試みます。当然、レミーが相手にするわけもなく、「話は終わりだ」と言うカートのセリフを合図に、銃を放り出して駆け寄る2人。

お互いに駆け寄る姿は、腕を見事に振りながら、短距離走を思わせる全力疾走。やっぱり、ドラマ『ブラインドスポット』にはこういう全力のアクションが必要です。次回はド派手な夫婦喧嘩から始まることでしょう。

気になる次回は
ブラインドスポット4第9話【赤い悪魔】

ブラインドスポットの動画を視聴する安全な方法【海外ドラマ】

現在、ブラインドスポットシーズン4は、WOWOWで毎週、オンエア中です。

また、VOD(ビデオオンデマンド)サービスで、海外ドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン1の全23話、シーズン2の全22話、シーズン3の全22話を動画配信しています。

詳しい動画情報は、以下に詳しくまとめました。

まとめ

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』の第8話【縺れた愛】のあらすじとネタバレ感想をご紹介しました。

ひきつづき、シーズン4第9話【赤い悪魔】も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。