サスペンス

ブラインドスポット4第9話のあらすじネタバレ ゾンビロマン登場【海外ドラマ】

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』第9話【赤い悪魔】(原題:Check Your Ed)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

前回の話はこちら
ブラインドスポット4第8話【縺れた愛】

ブラインドスポット4第9話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

シーズン4第9話【赤い悪魔】

今回は、カート(サリヴァン・ステイプルトン)とレミー(ジェイミー・アレクサンダー)が駆け寄るシーンから始まります。これは前回から続いているシーンで、ここから始まるのは格闘戦。

レミーはシェパードから、システマを始めとする様々な戦闘術を仕込まれています。カートがどれほど屈強な男でも、気を抜いたら殺されてしまうでしょう。

柱にたたきつけた後で「ケガさせたくない」と言っているのは冗談ではなく、レミーを止めるには、そこまでの本気が必要なのです。まあ、レミーがどれほど手ごわいかを知っているので、カートだって無策で立ち向かったりはしませんけれどね。

ザパタ(オードリー・エスパーザ)が驚くほどあっさり捕まるシーンを挟んで、ジェーンとレミーの戦いが始まります。脳の支配権を取った方が主人格になるのですから、これは各人格の命をかけた戦いなのです。

実は、脳の中を舞台にしたエピソードはこれが2回目になります。シーズン3の第14話『天国へのエレベーター』以来ですね。天国へのエレベーターは、重傷を負ったパターソン(アシュレイ・ジョンソン)が頭の中で謎を解く話でした。
ブラインドスポット3第14話【天国へのエレベーター】

ループ1回ごとに思考力が失われて支離滅裂になる様子が、パターソンの容体を上手く表現していたと思います。カートがオカマになり、ロマン(ルーク・ミッチェル)が全裸で登場した狂気のエピソードでもありますが。

話を戻しましょう。この闘いは、ずいぶん懐かしい雰囲気のシーンから始まっていますね。視点は変わっていますけど、爆弾処理班に囲まれた中、身元不明という意味でのジェーン・ドゥが鞄から出てくるシーンです。

ドラマ『ブラインドスポット』はシーズン3から大分、雰囲気が変わりましたので、たまに原点を振り返るのも良いでしょう。

ジェーンとして生まれる瞬間を描いた後は、レミーの元にたどり着かなければなりません。脳内のラボには仲間もいましたけど、そこを出たらたった一人の戦いです。当然ながら、いろいろな障害があるのですけど、今回はホラー仕立てになっていますね。

どぎつい色で照らし出される影や、たびたび現れる少女の姿。そして、通路の向こう側から這い寄ってくるゾンビ。アメリカ人って本当にゾンビ大好きですよね。不気味な角度で持ち上がる腕、極端に低い姿勢の歩き方。

中々のゾンビっぷりを発揮して・・・、よく見るとロマンじゃないですか。ジェーンに襲い掛かるわけでもなく、子供のころに家事の担当を決めていたゲームを仕掛けるゾンビロマン。軽いゾンビメイクでマジ顔の演技が、絶妙な面白さを醸し出しています。

そして、輪郭線がつぶれるほどの強烈な赤で彩られたレミー。この色使いは完全に『サスペリア』ですね。

この色彩の中で繰り広げられるのはジェーンとレミーの戦いですけど、実は第3の人格が存在します。彼女がこのエピソードのカギになりますし、真に打ち負かすべきなのはジェーンでもレミーでもありません。

闘いを制し、人格の壁を見事に取り払って復活したジェーンですが、彼女にはまだ大きな問題が残っています。脳の治療は単に記憶とか人格を繋ぐものに過ぎず、ZIPの毒性そのものは消えていないのですから。

さて、天国へのエレベーターでは、エレベーターに乗っていない人物がまだ生きていました。とすると、ジェーンの中でザパタが仲間として登場したことも、何かの暗示かもしれませんね。できれば、彼女の裏切りには何らかの意味があって欲しいのですが。

気になる次回は
ブラインドスポット4第10話【よみがえる亡霊】

ブラインドスポットの動画を視聴する安全な方法【海外ドラマ】

現在、ブラインドスポットシーズン4は、WOWOWで毎週、オンエア中です。

また、VOD(ビデオオンデマンド)サービスで、海外ドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン1の全23話、シーズン2の全22話、シーズン3の全22話を動画配信しています。

詳しい動画情報は、以下に詳しくまとめました。

まとめ

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』の第9話【赤い悪魔】のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ひきつづき、シーズン4第10話【よみがえる亡霊】も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。