サスペンス

ブラインドスポット4第4話のネタバレ感想 カートのヒントで暗号解読【海外ドラマ】

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』第4話【廃墟の人形】(原題:Sous-Vide)のあらすじとネタバレ感想をご紹介いたします。

前回の話はこちら
ブラインドスポット4第3話【秘密と嘘】

ブラインドスポット4第4話のあらすじとネタバレ感想【海外ドラマ】

シーズン4第4話【廃墟の人形】

カート(サリヴァン・ステイプルトン)が部屋に帰ると、ドアが少し開いています。ジェーン(ジェイミー・アレクサンダー)が怪しげな人物と会っているのを見てしまった直後ですから、当然、銃を構えて勢いよく自分の部屋に突入しました。

すると、そこに、いたのはリッチ・ドットコム(エニス・エスマー)。リッチは料理の真っ最中。ロマン(ルーク・ミッチェル)の残したデータからタトゥーを解析し、レシピを見つけたんですね。

そこで、カートの部屋に忍び込み、勝手にキッチンを使って再現していたというわけです。よく撃たれずに済みましたよね。

“結構、料理も上手”だなんて思ってはいけません。実は、料理上手はカートの方なのです。以前、エイブリーにも振まっていましたし、今回はレシピを見ただけでメニューを言い当て、余計な材料が入っていることにも気づいています。

カートのおかげで暗号が解け、精神病院の廃墟へ向かいました。アメリカの怪奇ものではおなじみの場所です。まるで『パラノーマルエビデンス』みたいな展開になるのかと思いきや、やはり銃撃戦になりました。証拠品として回収したのは、ちょっと不気味な人形です。

分析のために呼ばれたローレル(ステファニー・ドラモンド)が人形を切った時、内部から何かの粉が噴出しました。炭そ菌の可能性に気付いたパターソン(アシュレイ・ジョンソン)がFBIのビル全体を封鎖します。

そして、事態の収拾は対生物化学兵器部隊の手にゆだねられました。もちろん、ブラインドスポットにFBIが暴れないエピソードなんてありませんけどね。

それにしても、ドラマ『ブラインドスポット』では分析系の人間をオタクとして描く傾向が強いですね。ローレルも当然、オタクとして描かれており、元素記号の歌を歌いながら仕事の準備をしています。

しかも、彼女のケースに貼られているのは元素記号のシールです。トリウム、ヨウ素、窒素、カリウムを並べて「Th I N K」にしているのが、ガリ勉っぷりを強調しています。

元素記号の歌を聞いたパターソンは「ウチではノンストップでかかってた」と言い、リッチは「初体験の歌だ。2度とも」と、サラッとゲイネタを披露。

いつも冗談ばかりのリッチですけど、ローレルの不安を和らげるのは上手なんですよね。カートの部屋に忍び込んだのも”ジェーンの心配ばかりしているカートが心配だったから”ですし、弱っている人間を元気づけずにいられない性格なのでしょう。

ローレルの扱いを見ていたリードに「誰かの看病をしてたのか」と問われると、リッチの動きが一瞬止まります。ハッキングで秘密を暴くのは得意ですけど、自分の秘密に気付かれることには慣れていないのです。

誰を看病していて、どうして非合法なハッキングに手を染めたのか。いつか、リッチの過去に関するエピソードも見てみたいですよね。

今回は、カートとジェーンの連係プレーも見られます。この夫婦、やはり危険であればあるほど燃えるタイプですね。アイコンタクトだけでお互い1人ずつを分担し、数秒でカタを付けています。

そして、一件落着してからのハグシーンをよく見ると、ジェーンがロマンの幻覚から一瞬、目を逸らしていますよね。どうも、ジェーンの心が揺らぎ始めたみたいです。カートみたいな真っ直ぐな愛し方をする男は、ジェーンにとってもレミーにとってもタイプなのかもしれません。

気になる次回は
ブラインドスポット4第5話【悪戯な過去】

ブラインドスポットの動画を視聴する安全な方法【海外ドラマ】

現在、ブラインドスポットシーズン4は、WOWOWで毎週、オンエア中です。

また、VOD(ビデオオンデマンド)サービスで、海外ドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン1の全23話、シーズン2の全22話、シーズン3の全22話を動画配信しています。

詳しい動画情報は、以下に詳しくまとめました。

まとめ

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』の第4話【廃墟の人形】のあらすじとネタバレ感想をご紹介しました。

ひきつづき、シーズン4第5話【悪戯な過去】も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。