サスペンス

ブラインドスポット4第5話のあらすじネタバレ ターシャが怪し過ぎ【海外ドラマ】

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』第5話【悪戯な過去】(原題:Naughty Monkey Kicks at Tree)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

前回の話はこちら
ブラインドスポット4第4話【廃墟の人形】

ブラインドスポット4第5話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

シーズン4第5話【悪戯な過去】

ジェーン(ジェイミー・アレクサンダー)が苦しんでいたZIPの後遺症は、一旦おさまったみたいです。なぜならば、今回はロマン(ルーク・ミッチェル)の出番が回想シーンだけですから。しかし、一時的におさまったとは言え、できるだけ早い治療が必要なことに変わりはありません。

そんな折、ついにジェーンの治療法が見つかりました。もちろん実験的な物ですし、治療法が適合するかどうかの検査が必要です。それは、麻酔なしで脊柱に針を刺すという、聞いているだけで痛そうな代物。さらに検査後24時間は頭痛、吐き気、倦怠感のオマケつきです。

治療しなければ死ぬだけですから、多少の痛みなんて軽く我慢して・・・と思ったら、ジェーンは意外と不安そうに見えます。そんな妻をしっかりと支えるカート(サリヴァン・ステイプルトン)は、格好いい男の見本です。もちろん、身辺調査も忘れていませんけど。

さて、今回の事件は一人の殺し屋をきっかけに始まります。サイズと呼ばれる彼(ジョセフ・メレンデス)は、FBIの活躍で簡単につかまりました。ところが、サイズはリッチ(エニス・エスマー)を知っているらしいのです。

いえ、知っているというよりも崇拝しているように見えますね。過去には、あらゆる犯罪に手を染めていたリッチのことですから、彼を崇拝する犯罪者がいても不思議じゃありません。リッチは過去に何をしていたのか・・・。

リッチの恐ろしい過去が暴かれるのかと思いきや、実は以前に作った詐欺サイトが原因。環境意識を煽って寄付を募るという単純なサイトなのですが、文章を作るのを面倒臭がったリッチがプロパガンダ文を作成するAIを自作して、文章作成を任せてしまったのです。

それに乗せられた人間が集まって、いつの間にか過激な環境テロリスト団体を育ててしまったというのが真相でした。

リッチがまいた種をリッチが刈り取る展開ですから、アクションシーンは控えめな物になっています。口八丁のリッチが、800万人を救うために一役買ったエピソードですね。

同時に進行するのは、ターシャ(オードリー・エスパーザ)とリード(ロブ・ブラウン)、そしてクローディア(ブリトニー・オールドフォード)の駆け引きです。

リードはターシャをまだ愛していますし、ターシャだってまんざらではありません。リードを何とか傷つけないようにしますけど、一緒にいるのは明らかに拷問大好きなクローディア。手際よくリードのキッチンから道具を選び出し、早速フォークを真っ赤に焼いています。

でも、『4デイズ』や『マラソンマン』のような拷問シーンはありませんからご安心を。拷問の極意は、情報を渡せば肉体的、精神的な痛みから逃れられると思わせることにあります。

リードくらい正義感の強い人間を拷問にかけるなら、”お前のせいで誰かが苦しむ”と思わせるのが一番です。それが愛する人ならば、その効果は絶大なんですよ。一見、簡単に落ちたように見えるリードですが、愛する人のために組織を売るのだって男の道。

守りたい、助けたいという想いは、カートもリードも同じです。そして、愛しているからこそ、これ以上の罪を止めなければなりません。そのために、カートはジェーンがヴァイオレット(ヘティエンヌ・パーク)に接触した目的を突き止め、リードはターシャを捕らえなくてはならないのです。

それにしても、ターシャの動きが怪し過ぎますね。単に悪人の側に付いただけでなく、何か真の目的があれば良いのですけれど。

気になる次回は
ブラインドスポット4第6話【裏切りの行方】

ブラインドスポットの動画を視聴する安全な方法【海外ドラマ】

現在、ブラインドスポットシーズン4は、WOWOWで毎週、オンエア中です。

また、VOD(ビデオオンデマンド)サービスで、海外ドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン1の全23話、シーズン2の全22話、シーズン3の全22話を動画配信しています。

詳しい動画情報は、以下に詳しくまとめました。

まとめ

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』の第5話【悪戯な過去】のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

ひきつづき、シーズン4第6話【裏切りの行方】も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。