サスペンス

レイ・ドノヴァン ザ・フィクサーの動画配信を無料視聴【海外ドラマ】

リーヴ・シュレイバー主演の海外ドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』の動画配信を無料視聴する方法を紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想とあらすじをまとめました。

レイ・ドノヴァン ザ・フィクサーの動画配信を無料視聴する方法【海外ドラマ】

現在のところ、VOD(ビデオオンデマンド)サービスでは、『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』の動画は配信されていません。

hulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)にもなかったです。

動画配信の情報が入りしだい、追記していきますので、楽しみにしてください。

※紹介しているVODサービスの情報は2018年8月24日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにて、ご確認ください。

レイ・ドノヴァン ザ・フィクサーのネタバレ感想とあらすじ【海外ドラマ】

『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』は、1シーズン約10話から構成される犯罪ドラマです。

アメリカ本国では、2018年に第6シーズンが放映されることが決まっている人気シリーズになりました。

日本での注目度は、あまり高くない印象を受けます。

しかしながら、スタイリッシュな映像と主人公レイ・ドノヴァンのフィクサーとしての暗躍や彼の家族が抱える問題などの非常にシリアスなストーリー展開は、観ていて飽きがきません。

また、スリルに満ちたシリーズだといえます。

ドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』は、ロスアンジェルスの富裕層を顧客に持つフィクサー、レイ・ドノヴァン(リーヴ・シュレイバー)の活躍を描いた作品です。

物語は二つの大きな柱から構成されています。

一つはドノヴァンのフィクサーとしての活躍を描いたものです。

彼の顧客には、ハリウッドセレブなども多く、中には薬物などの犯罪に手を染めるものも少なくありません。

ドノヴァンはフィクサーとして、こうした顧客の犯罪のもみ消しに奔走します。

その際には、警察への賄賂、強請等手段は問いません。

大抵は犯罪に目をつけた警察官等の身辺を調査し弱みをつかみます。

そして、この弱みをもとに彼らを脅し、もみ消しを計るパターンが多いです。

また、ドノヴァン自身も当然ながら警察やFBIに目をつけられます。

しかし、どんなに窮地に陥っても起死回生の奇策を用いて彼自身も逮捕を免れるのです。

これら一連の犯罪を、ドノヴァン自身は罪悪感を感じることなく冷静沈着に実行します。

罪悪感が麻痺しているというよりも、彼自身の倫理観や遵法意識は、法律とは別のところにあるからです。

たとえ、法律を破る自覚はあったとしても、それは彼の中では納得ずくのことなので、気にしていません。

彼自身のこうした倫理観の形成に最も大きな影響を与えたのは、彼が幼少期を過ごしたボストンと、そこでの体験によるものです。

ボストンの荒んだ地域で幼少期を過ごしたことは、彼にある種のタフさを植え付けました。

そして、警察や法秩序を無用視する姿勢が備わったのです。

また、彼は幼少期に自分が通う教会の神父に性的いたずらをされました。

聖職者からのこうした仕打ちは、神に対する不信感、さらには守るべきものは自らの手で守らなくてはならないという独特の倫理観が彼の中に形成されたのだといえます。

もう一つの物語の柱は、ドノヴァンの家族をめぐる問題です。

倦怠期を迎えた妻アビー(ポーラ・マルコムソン)との関係、思春期を迎え、歯止めの効かなくなった娘ブリジット(ケリス・ドーシー)と息子コナー(デヴォン・バグビー)が引き起こすトラブルなど、仕事以外にドノヴァンを悩ます問題は無数にあります。

中でも最も厄介な問題は、彼と彼の父親ミッキー・ドノヴァン(ジョン・ヴォイト)をめぐる問題です。

ボストンで服役していた父親は、出所後、ロスへ身を落ち着けます。

酒やドラッグ、そして女性に目がなく、自らの保身のためなら家族をも売るなど、根っからの犯罪者です。

ろくに父親らしいことをせず、ドノヴァンの足を引っ張り続ける父親は、ドノヴァンにしてみれば憎しみの対象でしかなく、何とか父を遠ざけたいと考えます。

しかし、ドノヴァンの過去の犯罪など、ドノヴァンの弱みを知る父を無碍に扱うことができないのです。

そのことで、苦悩するドノヴァンが物語の柱になり、こうした父との関係はシリーズ全体を通じた物語の柱となります。

有料のケーブルテレビで制作されているため、暴力シーンも容赦なく盛り込まれていますし、使われている言葉も粗いです。

躊躇することなく、あたかも日常の一コマのように暴力が描かれますが、そのことが逆に映像に迫力を持たせています。

また、郊外の高級住宅に居を構え、ベンツを乗り回すなど、いわばセレブな生活をドノヴァンは送ります。

ところが、こうした彼の生活のスタイリッシュさが作品自身を非常にクールなものにしているのだと感じました。

まとめ

海外ドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』の動画配信を無料視聴する方法をご紹介しました。

記事の後半では、ネタバレ感想とあらすじがまとめてあります。

カバ吉くん
カバ吉くん
レイ・ドノヴァン役のリーヴ・シュレイバーは、アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ソルト』のテッド・ウインター役が印象に残っているぞ。アンジーの父親がジョン・ボイドだから父親つながりになってるわ。
ドラちゃん
ドラちゃん
『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のビクター・クリード(セイバートゥース)役かな。ウルヴァリンの兄を好演していたよね。