サスペンス

ブラインドスポット4第6話のネタバレ感想 ワイツの評価が一変【海外ドラマ】

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』第6話【裏切りの行方】(原題:Ca-Ca-Candidate for Cri-Cri-Crime)のあらすじとネタバレ感想をご紹介いたします。

前回の話はこちら
ブラインドスポット4第5話【悪戯な過去】

ブラインドスポット4第6話のあらすじとネタバレ感想【海外ドラマ】

シーズン4第6話【裏切りの行方】

いきなり、男が銃で脅されているシーンから始まります。情報を言わずに撃たれてしまう彼が残したのは、自分の血で書いたダイイングメッセージ。暗号を解くことによって事件を解決するドラマ『ブラインドスポット』では、結構、珍しい展開ですよね。

メッセージは”GPA”。妙に傾いているPが気になりますけど、この傾きに意味があるかもしれません。

ジェーン(ジェイミー・アレクサンダー)は訓練中です。ただし、FBIの施設ではなく、ヴァイオレット(ヘティエンヌ・パーク)が手配した倉庫の中。ここでシェパード救出計画のシミュレーション中だったのです。

ところが、暗証番号の解除装置”コードブレイカー”が時間を使い尽くしてしまい、シミュレーションは失敗の連続。ヴァイオレットに苦情を言っている真っ最中にコードブレイカーが独房のカギを開ける音がして、ジェーンをさらにイラつかせていますね。改良には3か月かかりますけど、ジェーンが使える時間はあとわずか。

FBIでは、データが盗まれた件の報告会が開かれています。ワイツ(アーロン・エイブラムス)は報告会という形にしましたが、CIAの目的はリードに対する尋問です。チームと関係が深すぎるキートンの代わりに、サブリナ・ラレン(ジェン・リチャーズ)がこの”尋問”を担当することになりました。

そして、ザパタ(オードリー・エスパーザ)は、HCIのライバル会社が進めている”プロジェクト・アルヴォ”を潰すために旅立ちます。実は、HCIグローバルはハンク・クロフォードのせいで400億ドルもの負債を抱えていました。

プロジェクト・アルヴォを何としても頓挫させ、その仕事で数十億ドルでも稼いでおく必要があるのです。

さて、冒頭のダイイングメッセージにあったGPAは、Growth and Prosperity for America――アメリカの成長と繁栄を目指す会――と言うロビー団体の頭文字でした。ワイツは過去にGPAから献金を受け取っていたことがあります。

元々、敵みたいな人物ですし、FBIの上役は以前にもHCIと繋がっていたりしました。もしかすると、ワイツもまた・・・。誰もかれもが隠し事をして怪しげに動き回る中、今回はワイツの活躍に注目です。

マシュー・ワイツは面白い経歴の持ち主で、議員からFBIへ転身しています。嫌な男として登場し、その後、FBIのトップに就くという急展開。職権を濫用することにもためらいがなく、甥っ子をFBIにねじ込んだりもしていました。

チームの中に彼が好きという人物は一人もおらず、典型的な嫌われ役だったのです。ところが今回、ワイツの新しい面が出てきました。

まずは、全編通して語られるのがその優れた論理的思考力。

パターソン(アシュレイ・ジョンソン)とリッチ(エニス・エスマー)が2人がかりで導いた結論に、たった1人で、しかもちょっとした会話からたどり着いています。さらに、結論に達するまでの時間はスーパーハッカー2人組より早いのです。

後半で見せる推理も素晴らしい物でしたね。切っ掛けは、たった1枚の写真。物凄い記憶力をさらりと披露しながら次々に事実を繋げ、誰が黒幕なのかを導き出しています。逃れようのない事実を突きつけて相手を追い詰める様子は、『刑事コロンボ』さながら。

次に、実はチームのことを考え、チームに溶け込もうとしていたことです。

レイカーズに移籍したレブロンの例を出しながら、自分がチームにとってどんな存在でありたいのかを熱く語っています。ここではどんな突っ込みを受けても絶対にレブロン役を譲ろうとしないことで、見事なアイスブレイクを見せてくれました。差し出した手は空振りしてますけれど。

打ち解けたかと思った直後にリードを解雇しますが、実はこれも・・・。こんな感じで、視聴者を終始、振り回してくれます。”どこかおどけていて自己中心的”だったワイツは、今回で評価が一変。

でも、リードの部屋を訪ねるシーンのノックの音をよく聞いてください。ドドンドンドドン・・・、これは”ターミネーターノック”じゃないですか。”どこかおどけていて”の評価は変えなくてもよさそうです。

気になる次回は
ブラインドスポット4第7話【ゲーム開始】

ブラインドスポットの動画を視聴する安全な方法【海外ドラマ】

現在、ブラインドスポットシーズン4は、WOWOWで毎週、オンエア中です。

また、VOD(ビデオオンデマンド)サービスで、海外ドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン1の全23話、シーズン2の全22話、シーズン3の全22話を動画配信しています。

詳しい動画情報は、以下に詳しくまとめました。

まとめ

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』の第6話【裏切りの行方】のあらすじとネタバレ感想をご紹介しました。

ひきつづき、シーズン4第7話【ゲーム開始】も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。