SF

レヴェリー 仮想世界の交渉人の第4話ネタバレ感想と考察【海外ドラマ】

サラ・シャヒ主演海外ドラマ『レヴェリー 仮想世界の交渉人』シーズン1第4話【ダーク・レヴェリー】のネタバレ感想と考察がまとめてあります。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応を紹介しました。

前回はこちら
レヴェリー 仮想世界の交渉人の第3話【強さと弱さ】

レヴェリー 仮想世界の交渉人の第4話ネタバレ感想と考察【海外ドラマ】

第4話【ダーク・レヴェリー】

マラ・キント(サラ・シャヒ)は、BCIを脳に繋ぎっ放しの状態です。

BCIは「アペルトゥス」と言われるのを待っている、いわゆるスタンバイ状態のままになります。

オニラ・テックが無効化の処置をしない限りスタンバイは続くのですが、いつでも全感覚を遮断される可能性があると言うことですね。

実際に今回の救出対象は、アペルトゥスと言った瞬間に倒れています。

単に感覚を失うだけではないので、遮断より乗っ取りと言った方が正しいかもしれません。

レヴェリーと接続されている時に、ユーザーが「足を動かそう」と思ったとします。

脳から足への信号はBCIで遮断され、実際の足には届きません。

足が動いたとか、足が何かに触れたというフィードバックは全てレヴェリーが作り出した偽物です。

感覚そのものを乗っ取られてしまうので、ユーザーにとっては現実と幻覚の区別など出来ません。

マラは死人が復活することなどないと知っていますから、姪のブリン(マデリーン・マクグロウ)が幻覚だと気づいてましたよね。

しかし、今回は、妹の事件に区切りをつけるため現場に行こうとした時に、感覚を乗っ取られたみたいです。

と言っても倒れるわけでなく、マラは道路の真ん中まで歩きだしてしまいました。

彼女は、自分が本当に歩いていることにすら気付けなかったのです。

これでは、自分が本当に行動しているのか幻覚を見ているのか、全く区別がつきません。

これこそ、現実感喪失の本当の恐ろしさでしょう。

現実感喪失に陥っているかどうかを確かめる方法を考えたのが、新キャラクターのオリヴァー・ヒル(ジョン・フレッチャー)です。

夢かどうかを確かめるため、頬っぺたをつねる代わりにライターで腕を焼き、火傷をしているかどうかで確認していますね。

元々、レヴェリーの開発者であるオリヴァーは、とある事情で会社から追い出されていました。

アレクシス(ジェシカ・ル)とチャーリー(デニス・ヘイスバート)が妙に強硬な態度を取るのでオリヴァーに同情しかけたんですけど、オリヴァー自体にもかなり問題がありそうです。

こうなってくると、誰を信じれば良いのか分からなくなってきますよね。

それぞれのキャラクターが裏の顔を見せ始めた中、最も怪しいのはポール(センディル・ラママーシー)でしょう。

彼は、オリヴァーが「2.0で過ごした時間は僕が一番長い」と言ったのを、どこで知ったのでしょうか。

もちろん、誰かから聞いたかもしれませんし、実はマラが教えているのかもしれません。

でも、一番簡単な方法は、BCIにバックドアを作っておくことでしょうね。

これならば、マラが言ったことも聞いたことも、もしかすると考えただけでもポールには丸分かりになります。

なんとも恐ろしい話ですが、オニラ・テックがBCIを格安で提供する本当の目的として、ありえないとは思えません。

潜在意識の盗み見ぐらいなら、まだ可愛い方かも知れませんよ。

BCIは体を乗っ取る事も出来るでしょうから、幻覚を見せながら別の行動をとらせることだって出来ますし。

レヴェリーが作り出す世界は夢の様に思えますけど、体の感覚を他人のプログラムに任せるなんて、ぞっとしますよね。

気になる次回は
レヴェリー 仮想世界の交渉人の第5話【最後の願い】

主な登場人物に関する情報は、こちらにまとめてあります。
レヴェリー 仮想世界の交渉人のキャストまとめ

レヴェリー 仮想世界の交渉人の第4話ネットでの評価や反応は?【海外ドラマ】

ドラちゃん
ドラちゃん
今のところ、ラストで悲劇がないところがイイですよね。今回は、近所の少年を助ける話で、ジ~ンときちゃった。

まとめ

サラ・シャヒ主演海外ドラマ『レヴェリー 仮想世界の交渉人』シーズン1第4話【ダーク・レヴェリー】のネタバレ感想と考察をまとめました。

そして、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応を紹介しています。

ひきつづき、第5話以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

動画の配信情報は、こちらにまとめてあります。
レヴェリー 仮想世界の交渉人の動画配信を無料視聴