SF

レヴェリー 仮想世界の交渉人の第3話ネタバレ感想【サラシャヒ主演ドラマ】

サラ・シャヒ主演海外ドラマ『レヴェリー 仮想世界の交渉人』シーズン1第3話【強さと弱さ】のネタバレ感想とあらすじをご紹介します。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をまとめました。

前回はこちら
レヴェリー 仮想世界の交渉人の第2話【女スパイの夢】

レヴェリー 仮想世界の交渉人の第3話ネタバレ感想とあらすじ【サラシャヒ主演ドラマ】

第3話【強さと弱さ】

レヴェリーは基本的に一人用のVRシステムで、マラ(サラ・シャヒ)が使っているマルチプレイヤー版は、まだ正式な製品ではありません。

これ以上ない現実感の仮想世界があれば、独り占めしたくなりそうなものです。

現実がどんなにつらくても、ここに逃げ込めば全て忘れて楽しむことが出来るのですから。

しかし、開発者のアレクシス(ジェシカ・ル)は「レヴェリーは逃避の手段じゃない」と言っていました。

新しいコミュニケーションの手段だということですけど、潜在的欲望を勝手に具現化するデバイスが他人と繋がるなんて、ちょっと嫌だと思いませんか。

でも、体が不自由な人とかなら話は別です。

オリィ研究所(http://orylab.com/)の「OriHime」という分身ロボットをご存知でしょうか。

これは外出が困難な人のための身代わりを務めるロボットで、これから新しいコミュニケーション手段として注目されることでしょう。

このレビューを書いている現在、OriHimeを使ったカフェの実験プロジェクトが進行中です。

コミュニケーション用アバターとしての使い方こそ、レヴェリー本来の目的かもしれませんね。

まあ、病気で外出できない人の脳に偽の情報を流し込むのが良い事かどうかと言う、倫理的な問題が有るとは思いますけれど。

厳格な共通ルールも設定しなくてはなりませんから、まだまだ道は遠そうです。

さて、アレクシスの言葉は残念ながら理想論と言えます。

やっぱり、現実逃避の手段として使ってしまうと思うんですよ。

今回のユーザーであるネイト・ハロー(アシュリー・ズカーマン)は、レヴェリー内で銀行強盗をしています。

今現在でも犯罪行為が出来るゲームは沢山ありますし、仮想空間でうっ憤を晴らせるならば、何人か殺したりお金を奪うぐらい大した問題じゃありません。

ネイトは異常な性癖を満たそうとかじゃなく、タフガイとかバッドガイになりたいだけですからね。

では、なぜそんなに悪漢になりたがるのか?

彼は、とある恐怖から逃れるため、「ミスターナイスガイ」の自分を捨ててしまいたかったのです。

前回、レヴェリーは潜在的な願望を読み取るという話がありました。

それならば、潜在的な恐怖も読み取れるはず。

その恐怖を抑圧し、抑圧が重くのしかかっていればいるほど、レヴェリーは潜在的な望みだと判断するのかもしれませんね。

マラに話を移しましょう。

彼女は幻覚と分かっていながら姪のブリン(マデリーン・マクグロウ)と話し始めるという、かなりヤバい状態です。

チャーリー(デニス・ヘイスバート)はマラのただならない雰囲気を感じ取っていたのでしょう。

勝手にマラの部屋に忍び込み、彼女がポール(センディル・ラママーシー)の指示に従っていないことを突き止めます。

そして、マラを苦しめていたトラウマの正体が明らかになりました。

断片的だったフラッシュバックが繋がり、彼女の妹と姪(ブリン)が義理の弟に射殺され、その後、義弟は自殺したんですね。

交渉人の失敗で家族を失ったのですから、心の傷になって当然でしょう。

でも、このまま幻覚と付き合っていたらオニラ・テックの仕事を失ってしまいます。

ようやく交渉人としての自信を取り戻せた仕事を失くしたら、マラは立ち直れないかもしれません。

意を決して薬を飲み、妹と姪が殺された現場に向かうマラ。

そして・・・。

この展開は、絶対に入れてくると思ってましたよ。

どこまでが現実で、どこまでがレヴェリーだったのか?

今、レヴェリーに居るのか、それとも知覚への影響が予想をはるかに上回るものだったのか。

ここから様々な伏線とトリックを使って、是非とも視聴者を混乱に陥れて頂きたいですね。

気になる次回は
レヴェリー 仮想世界の交渉人の第4話【ダーク・レヴェリー】

主な登場人物に関する情報は、こちらにまとめてあります。
レヴェリー 仮想世界の交渉人のキャストまとめ

レヴェリー 仮想世界の交渉人の第3話ネットでの評価や反応は?【サラシャヒ主演ドラマ】

https://twitter.com/juuzi/status/1048850361467863040

ドラちゃん
ドラちゃん
SF設定だけど、ヒューマンドラマに重点を置いてますよね。今回だって、夫婦の愛情を感じたし、その想いを伝えて助けたマラにも感動しちゃった。

まとめ

サラ・シャヒ主演海外ドラマ『レヴェリー 仮想世界の交渉人』シーズン1第3話【強さと弱さ】のネタバレ感想とあらすじをご紹介しました。

そして、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応がまとめてあります。

ひきつづき、第4話以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

動画の配信情報は、こちらにまとめてあります。
レヴェリー 仮想世界の交渉人の動画配信を無料視聴