ミステリー

インスティンクト第9話のネタバレ感想【アランカミング主演ドラマ】

アランカミング主演海外ドラマ『インスティンクト 異常犯罪捜査』シーズン1第9話【パートナーの壁】のネタバレ感想とあらすじがまとめてあります。

また、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をご紹介しました。

前回の話はこちら
『インスティンクト』シーズン1第8話【憎悪の根源】

インスティンクトシーズン1第9話のネタバレ感想とあらすじ【アランカミング主演ドラマ】

第9話【パートナーの壁】

編集者のジョアン(ウーピー・ゴールドバーグ)は、ディラン・ラインハート(アラン・カミング)の第2作をエキサイティングなものにしようと画策中です。

たしかにスパイ物はウケますけど、CIAのことを書いたら元同僚の命まで危険に晒すことになりかねません。

ジョアンは偽名で書けば良いとか軽く言ってますが、諜報機関が気付かないわけがありませんよね。

自身が諜報員であったせいか、ディランは自分の生活に他人を入れようとしません。

仕事仲間とは私的交流を避けており、アンディ(ダニエル・イングス)には仕事している姿を見せないのです。

仕事は仕事、私生活は私生活としっかり線を引いているようにも見えますけど、これは単なる言い訳。

ディランは人付き合いが苦手過ぎて、無意識に他人を避ける理屈を探していたんでしょう。

アンディはそんな事とっくにお見通しですから、フッチ刑事(ダニー・マストロジョルジオ)のバーベキューにも行く様に仕向けていますね。

このバーベキューでは、面白いことが起こるんですよ。

フッチの妻モニカ(レズリー・マルゲリータ)は、夫の同僚に面白いパートナーが付いたと聞かされているみたいでした。

そして、この時点でニューヨーク市警の面々と話しているアンディのことを、ディランだと勘違いしているんですね。

まあ、たしかにディランは夫の仕事仲間の輪に入れないパートナーみたいですから、モニカとしては同類を見つけた気分だったのでしょう。

しかも、アンディの見た目や社交性がお気に入りの様子でした。

モニカにとっての”ディラン教授”は、アンディを指す名前になったかもしれません。

それにしても、バレーボールで遊べるほど広いプールがある家、羨ましい限りですよ。

さて、今回の事件は自然死を装って殺すという凝ったものでした。

アレルギー、心臓発作、そして糖尿病。

ディランは犯人がとてつもなく危険だと気づくのですが、その事実についてリジー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)に話しません。

しょっちゅうジュリアン(ナヴィーン・アンドリュース)とメッセージのやり取りをしていても、メモを取ってるとか適当なごまかし方をしていますよね。

自分を見せないと言うのは諜報員としての才能でもありますが、互いに命を預け合うパートナーとしては少々問題ありです。

ディランが真実を伝えないのはリジーを守るためなんですけど、そのせいで彼女は殺されそうになってしまいました。

これには、さすがのリジーも黙ってはいられません。

ディランはこういう時、素直に謝りますから、何とか関係を壊さずに済んでますけど。

さて、今回はディランが監視されているというのが判明しましたね。

情報を扱うプロであるジュリアンがいてこそ分かった事実ですが、彼の動きも妙な感じです。

生け捕りにしろと言われた人物を撃ってますし、そもそもディランが監視されていると気づくのは、彼自身がディランを調べているからかもしれませんよ。

気になる次回は
『インスティンクト』シーズン1第10話【制裁計画】

インスティンクトシーズン1第9話のネットでの評価や反応は?【アランカミング主演ドラマ】

ドラちゃん
ドラちゃん
ディランとリジーのコンビドラマかと思って見始めたけど、アンディとのラブラブっぷりの方が気になるこの頃ですね。

カバ吉くん
カバ吉くん
今回のリジー、危なかった。無謀と勇敢は違うぞっ。

まとめ

アランカミング主演海外ドラマ『インスティンクト』シーズン1第9話【パートナーの壁】のネタバレ感想とあらすじをまとめました。

そして、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応を紹介しています。

ひきつづき、第10話【制裁計画】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。