ヒューマンドラマ

グッドドクター2第11話のあらすじネタバレ ショーンを助けたのは?【ドラマ】

海外ドラマ『グッドドクター2 名医の条件』第11話【クリスマスの夜に Part2】(原題:Quarantine Part Two)のあらすじネタバレと感想がまとめてあります。

前回の話はこちら
グッドドクター2第10話【クリスマスの夜に Part1】

グッドドクター2第11話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

シーズン2第11話【クリスマスの夜に Part2】

クリスマスエピソード名物の、”クリスマスの奇跡”。Part1では、そうそう上手く事が運びませんでしたけど、今話のPart2では何かが起きるはず。

そうは言っても、ショーン(フレディ・ハイモア)は固まってしまったままです。彼だってERが緊急事態に陥っているのは重々承知。事態を収拾するために行動を起こしたいのですが、周囲は彼の集中力を削ぐような雑音であふれています。さらに、隔離された人々は騒ぎ始め、蛍光灯のノイズは消えません。

ここでは、モーガン(フィオナ・グーベルマン)が上手いフォローをしていますよね。とにかく、今やるべきことを思い出すというのは、これからショーンにとって大事な行動になるでしょう。

にっちもさっちもいかなくなって固まりそうになったら、”いま最優先でやる事は何か”に意識を向ければ防げるかもしれませんから。

何とかショーンが復活し、ERで様々な事態が動き始めます。

アレックス(ウィル・ユン・リー)の息子ケラン(リッキー・ヒー)は気管支拡張剤が切れて発作がおさまりませんし、妊婦はとうとう破水しました。感染の危険性を考慮した骨髄移植の手順も考えなくてはなりません。

隔離された区域の中で医療行為を行える状態なのは、ショーン、アレックス、モーガンの3人のみでした。クリスマスの奇跡が起きるかどうかは、彼らレジデントドクターと看護師たちの活躍にかかっているのです。

さて、今回は看護師の一人が「クリスマスの奇跡」という言葉を本当に言っちゃってますね。

実際、かなり危ない状況の人が助かったりしてますから、奇跡的ではあったでしょう。しかし、超常現象的な奇跡ではありません。これらは全て、上手くいく可能性を少しでも高めようとした医療従事者たちの努力のたまものです。

医療従事者の頑張りもありましたが、エスター(パティ・アーラン)の活躍も見逃せませんよね。エスターは、待合室にいた患者の一人。でも、元々、医療に従事していた経験を生かして骨髄採取の手伝いをしたのです。

しかし、息子に骨髄を提供した父親は、命を落としてしまいました。一命をとりとめた息子に、父の立派な死に様を伝えるエスター。豊富な人生経験を生かした、このシーンこそ、今回、一番の感動的なシーンだったかもしれません。何と言っても、命がけのクリスマスプレゼントですから。

ほとんど全てが上手く行きましたし、最後にはグラスマン(リチャード・シフ)とショーンが久々にハグをしています。「めでたしめでたし」と言いたいところなんですけど、シーズン1のハグシーンを思い出してみましょう。

ハグの後、彼ら2人は医療過誤の責任を取りに行ったんですよね。これまでで、一番ショーンのキャリアが危うくなったシーンでもあります。

そして、次回予告を見る限り、ショーンのキャリアは再び危機にさらされようとしています。さすがに、耳を塞いで一切の行動を止めてしまった医者は見逃してもらえないでしょう。

気になる次回は
グッドドクター2第12話【命の洗濯】

まとめ

海外ドラマ『グッドドクター2 名医の条件』の第11話【クリスマスの夜に Part2】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

ひきつづき、シーズン2第12話【命の洗濯】以降も情報アップしていくので、お待ちくださいね。

グッドドクターの動画情報やエピソード一覧は、こちらにまとめてあります。
グッドドクターの動画配信を無料視聴する方法