ヒューマンドラマ

グッドドクター2第10話のネタバレ感想 モーガンに降りかかる悲劇【海外ドラマ】

海外ドラマ『グッドドクター2 名医の条件』第10話【クリスマスの夜に Part1】(原題:Quarantine)のあらすじとネタバレ感想がまとめてあります。

前回の話はこちら
グッドドクター2第9話【共感力とは】

グッドドクター2第10話のあらすじとネタバレ感想【海外ドラマ】

シーズン2第10話【クリスマスの夜に Part1】

ニール・メレンデス(ニコラス・ゴンザレス)とオードリー・リム(クリスティーナ・チャン)は、外科部長の座を争うライバル同士でした。しかし、アンドリュース(ヒル・ハーパー)にしてやられましたよね。

まさか「引き続き、私が部長を兼任する」なんてことになるとは。2人で酒を酌み交わしつつアンドリュースの悪口を言い合っているうちに・・・、今回のオープニングに繋がったのでしょう。

昨夜の出来事をアンドリュースと酒のせいにしつつ、大人の2人は「これっきりにしないとね」などと言葉を交わしています。

そんなシーンから、すっかりクリスマスムードのERへ。

アメリカドラマのクリスマスエピソードでは、少し意識し合っていた男女が結ばれたり、奇跡的としか言いようのないことが起きたりします。グッドドクターも例外ではないはず・・・です。

今回のエピソードはとても忙しく、ひっきりなしに問題が起きています。主要なキャラクター全員が動き回るので、見ているこちらは置いて行かれないように気をつけなければなりません。

発端は、空港から運ばれた2人の患者。彼らが持ち込んだのは、呼吸器に大きなダメージを与え、空気感染するウイルスでした。しかも、現在の致死率は100パーセントで、CDC(疾病予防管理センター)の到着も遅れています。

隔離されたERが迎えるのは、危機的なクリスマスになりました。そんな中でも、モーガン(フィオナ・グーベルマン)のエピソードは胸が痛いですよね。

空港から患者を運んできた救急隊員のタイラー(ダン・バード)は、モーガンに気があるんですよ。搬送の時にも「レズニックはいる?」なんて聞いているくらいですから、結構、前から目をつけていたのでしょう。

いえ、単に目をつけていただけではなく、声も掛けていたみたいです。でも、モーガンはレジデントドクターですから、恋愛にかまけている暇などありません。サインにM.D.(メディカルドクター)と書けるようになるまで、全力で実習に取り組み、帰ってからは寝る間も惜しんで勉強するのです。

深い絆を避けがちなモーガンの性格も相まって、タイラーを冷たくあしらっていたことは間違いないでしょう。でも、タイラーだって男です。ここぞという時は押しの一手。最初は彼の不安を紛らわすために話に乗っていたモーガン。

それが・・・、「前菜の後で一杯飲んだら?そのころには口説かれてる」と、少し気のある返事をし始めたじゃないですか。とうとう彼女もほだされて、デートプランは具体的になってきました。

ただし、モーガンがアーチェリーを提案したのは、タイラーをやっつけるためらしいですけど。どんな時でも勝利にこだわるモーガンらしい、真剣勝負のデートになりそうです。

どんどん悪化するタイラーと、感染を防ぐためにフードマスクを着用したモーガンが繰り広げるのは、なんとも歯がゆい恋愛劇。そんな2人にクリスマスの奇跡が訪れるほど、このドラマ『グッドドクター』は甘くありませんでした。

刻一刻と悪くなる事態。そんな中でショーン(フレディ・ハイモア)が何をしているのかと言えば、何もできなくなっています。安定器の音が気になるし、ランチを食べることもできませんでした。

たった、これだけの事にこだわるあまり、パニック寸前のERで固まってしまったのです。耳を塞ぎ、床に丸まったショーン。

次回のPart2では、どうにかして挽回できるのでしょうか。奇跡など起きない事は分かっていますから、ショーン自身ができる範囲で何とかしなくてはなりません。

気になる次回は
グッドドクター2第11話【クリスマスの夜に Part2】

まとめ

海外ドラマ『グッドドクター2 名医の条件』の第10話【クリスマスの夜に Part1】のあらすじとネタバレ感想をまとめました。

ひきつづき、シーズン2第11話【クリスマスの夜に Part2】以降も情報アップしていくので、お待ちくださいね。

グッドドクターの動画情報やエピソード一覧は、こちらにまとめてあります。
グッドドクターの動画配信を無料視聴する方法