まとめ記事

ライオンキング実写映画の日米声優まとめ【ディズニー】

ディズニー映画『ライオンキング』実写版が2019年8月9日(金)に公開予定です。

そこで、アメリカのオリジナル声優と日本語吹き替え声優をまとめて、ご紹介します。

ライオンキング実写映画のオリジナル声優

1994年のアニメ映画とは、年月が経ちすぎているせいか、変わらずキャスティングされているのは、ムファサくらいでしょうか。まぁ、これは仕方がないですね。

シンバ/ドナルド・グローヴァー

ドナルド・グローヴァーは、俳優であり、歌手でもあります。代表的な映画としては、『スパイダーマン:ホームカミング 』や『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』です。

アニメ版では、セリフと歌でキャストが違いますが、歌手でもあるドナルド・グローヴァーなら一人でできますね。

ムファサ/ジェームズ・アール・ジョーンズ

目立ったところではムファサだけがアニメ版と同じジェームズ・アール・ジョーンズが演じています。俳優としても数々の出演作品がありますが、声優として『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーの声が有名です。

サラビ/アルフレ・ウッダード

アルフレ・ウッダードは女優で、海外ドラマ『デスパレートな妻たち』や『ルーク・ケイジ』などに出演しています。

ナラ/ビヨンセ・ノウルズ=カーター

今回の注目は、何といってもビヨンセの出演ですね。ナラもアニメ版ではセリフと歌でキャストが違いましたが、ビヨンセなら見事に演じてくれるでしょうから楽しみでしかたありません。

「伝説的なディーヴァ」と称賛されるビヨンセの歌声が映画館で聞けるなんて、なんて素晴らしいプレゼントなんでしょう。ディズニー、やってくれます。

スカー/キウェテル・イジョフォー

キウェテル・イジョフォーはイギリスの俳優で、映画『オデッセイ』や『ドクター・ストレンジ』などに出演しています。

ティモン/ビリー・アイクナー

ビリー・アイクナーは、アメリカのコメディアンであり、俳優です。声優としても活躍していて、映画『ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー』や『アングリーバード』などがあります。

プンバァ/セス・ローゲン

セス・ローゲンは、カナダのコメディアン、俳優です。『シュレック3』や『カンフー・パンダ』、『モンスターVSエイリアン』などに声優として出演しています。

『モンスターVSエイリアン』では、一つ目のモンスターのボブを演じていて、吹き替え声優をしたのがバナナマンの日村勇紀です。

また、映画『グリーン・ホーネット』で主人公のブリット・リード/グリーン・ホーネットを演じています。

ラフィキ/ジョン・カニ

ジョン・カニは南アフリカの俳優です。映画『ブラックパンサー』や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、ティ・チャラやシュリの父親ティ・チャカ(先代の国王&ブラックパンサー)役で出演しています。

ザズー/ジョン・オリバー

ジョン・オリバーはイギリスの俳優で、レポーターとしても活躍中です。映画『スマーフ』や『スマーフ2』で声優をしています。

ライオンキング実写映画の日本語吹き替え声優

今のところ、ムファサ役の日本語吹き替えをアニメ版と同様に大和田伸也が担当する以外は発表されていません。

他の声優は7月8日に行われるプレミアム吹替え版声優発表イベントにて判明します。発表がありしだい、追記しますので、お待ちください。

吹替え版声優発表

予定通り、7月8日(月)に日本語版の吹き替え発表がありました。

  • シンバ/賀来賢人
  • ナラ/門山葉子
  • プンバァ/佐藤二朗
  • ティモン/亜生(お笑いコンビのミキ)
  • スカー/江口洋介

ライオン・キング プレミアム吹替え版声優発表イベントの応募方法

7月8日(月)に東京都内で開催されるイベントには、Twitterで応募できます。ただし、応募できるのは7月1日(月)の午後7時から午後9時までの2時間だけです。

ディズニー・スタジオ公式Twitterアカウントをフォローして、期待コメントやハッシュタグをつけて投稿すれば応募できます。

詳しくは、ディズニーの公式サイトで確認してください。
ディズニーの公式サイト

まとめ

8月9日に公開予定の実写映画『ライオンキング』のアメリカと日本の声優をまとめて、ご紹介しました。

今回の出演では、何といってもシンバのガールフレンド・ナラをビヨンセが担当することでしょう。彼女の歌声でライオンキングが見られるなんて、最高ですね。