サスペンス

メジャークライムスシーズン6第9話あらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

海外ドラマ『メジャークライムス~重大犯罪課(Major Crimes)』シーズン6第9話【陰謀のセオリー パート4】のあらすじネタバレと感想がまとめてあります。

また、ドラマ内の登場人物について、紹介しました。

前回の話はこちら
メジャークライムスシーズン6第8話【陰謀のセオリー パート3】

メジャークライムスシーズン6第9話あらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

ファイナルシーズン第9話【陰謀のセオリー パート4】

とうとう、この時がやって来てしまいました。最初のシーンでシャロンが無事と分かり、安堵したのも束の間、最後に亡くなってしまいます。

じつは、このシーズンが始まってからは、「今回は引き伸ばせた」と、毎回やきもきしながら観ていました。心臓が悪くない自分でさえ、心臓に悪いかも?と毎週感じていたほどです。

とはいえ、これから観る方は、ティッシュの用意をしてください。中盤からは、自然と涙が溢れてくるはずです。そして、シャロンの覚悟を感じ取り、最後の勇姿をしっかり目に焼き付けてくださいね。

しかし、以前から知っていた結末とはいえ、実際にやって来るとショックが大きすぎます。立ち直るまでには、少し時間がかかりそうです。

メジャークライムスシーズン6第9話のあらすじネタバレ

現場検証中に再度、倒れたシャロンは、なんとか体調も良くなり、仕事に復帰しようとします。しかし、担当医師からは、病状の深刻さと5日間の入院を告げられたのです。また、今後の治療方針として、心臓移植か器具の埋め込みのどちらかの選択をしなければならなくなりました。

そのころ、重犯課では、新たな犠牲者ランドン医師の解剖や捜査が進められます。そして、クレイグやスタンから再度、事情を聴き、解決の糸を探ろうとします。しかし、有益な情報をまったく得ることが出来ません。事件は暗礁に乗り上げたように思われました。

退院したシャロンは自宅でスタンの事情聴収のビデオを確認します。それを観た彼女は思わず、彼の言葉に同意し、自分自身を見つめ直しました。

なぜなら、彼の言葉には、母への不満と想いが詰まっていたからです。ボニーは息子に、お金以外で重要になる助言や備えをまったく残していませんでした。つまり、シャロンは現状の自分と亡くなったボニーのことを重ね合わせたのです。

自分の病気により、周囲に迷惑をかけているのではないか?

自分が亡くなった際の、備えは出来ているのか?

最初の発作で、亡くなっていたほうが良かったのではないか?

など、シャロンは悲観的になってしまい、フリンに感情をぶちまけます。そして、そんな彼女を彼は、優しく深い愛情で諭すのでした。

翌日、シャロンは真面目な顔つきで教会を訪れ、神父に自身の病状や気持ちを、全て打ち明けます。そして、臨終の秘蹟を行ってほしいと彼に頼みます。つまり、彼女なりの覚悟をしたという、決意の表れだったのです。

その後、シャロンは休暇願いを出すために重犯課を訪れます。また、休暇前に彼女は、もう一日だけ、捜査に加わりたいという気持ちがありました。

クレイグの潔白が証明される中、シャロンは彼の逮捕を提案します。なぜなら、彼女は彼が真犯人を知っているかも?と、感じていたからです。彼は殺人には無関係でも、レイプの共謀として立件できます。

つまり、取引を持ち掛け、レイプのことを知っていた他の人物の名前を聞き出すのです。シャロンの予想通りクレイグは、その人物の名前を言います。それは、なんとランドン医師の妻ビッキーと息子のセスでした。

また、スタンガンについても、ランドン家から渡されたと白状します。その後、シャロンはセスの逮捕にフリオたちを向かわせました。

そして、バズには三脚とビデオカメラを自分のオフィスへ持ってくるよう言うのです。ビデオを撮り終えたころ、ラスティがオフィスにやって来ます。また、セスとビッキーも署に連行されてきました。

セスの取り調べが進行する中、プロヴェンザは真犯人はビッキーだと気づきます。しかし、物証がすべて揃ってるため、彼女の完全な自白が必要です。

そこで急遽、シャロンのオフィスにいるビッキーの聴収が行われます。とうぜん、フリンやラスティは、シャロンが取り調べを行うことに反対しました。しかし、彼女は休暇は明日からだとやる気満々で挑みます。

プロヴェンザの予想通り、真犯人はやはりビッキーでした。彼女が自白する中、シャロンは彼女と口論になります。そして、興奮したシャロンは心臓発作を起こし倒れてしまったのです。

すぐにメンバーたちが駆け付け、心臓マッサージをし、救急車を呼びました。しかし、手を尽くしたにも関わらず、シャロンは帰らぬ人となってしまいます。

今回のストーリーは、パート1から4話とも、ハラハラさせる内容でした。最初に安心される内容で入り、最後には唖然とするような展開で締めくくります。観ていて面白いのですが、体に良くないですね。

とはいえ、構成力という点では、群を抜いていたように思います。また、久々にシャロンがおこなう事情聴収を観れて嬉しくなりました。しかし、これが最後なのですね・・・。もう、彼女の勇姿を観れないと思うと、残念でなりません。

メジャークライムスシーズン6第9話の登場人物

今回は、シャロンの最期ということで、重犯課メンバーそれぞれの想いが見ていて心を打たれました。

シャロン・レイダー/Sharon Raydor – 重大犯罪課のリーダー – メアリー・マクドネル/Mary McDonnell

最初の発作で、死んでいたほうが良かったかも?と、悲観するシャロンの気持ちが良く分かります。深刻な病気をしたことのある人なら、一度は感じることです。これからも自分のことで、周囲に心配と迷惑をかけるのでは?と、気にするのは当然です。

また、同時に亡くなるときのことを考え、備えが出来ているのか?と不安にもなります。そして、その気持ちをぶちまけた彼女へのフリンの言葉は感動的でした。

「何があろうと君と闘い抜きたい、何度でも闘ってやるさ」「こうして少しでも長く、君の手を握っていたい、そばにいてくれ」

そう言われて、きっとシャロンは今の幸せを噛みしめたことでしょう。また、ドラマとは言え、このような言葉がすぐに出るフリンは素敵です。日本人なら、恥ずかしくて言えないでしょうね。

その後、シャロンは教会を訪れ、神父と心境を語り合います。そして、彼女は臨終の間際に行う儀式を今して欲しいと頼んだのです。このシーンに関しては、少し違和感を覚えました。

なぜなら、彼女が生きることを諦めた?と、最初、思えたからです。しかし、何度か観るうちに、そうではないと解りました。彼女は心臓移植ではなく、装置埋め込みを選んだのだと思います。

そのため、生前葬のような形で、臨終の秘蹟を行いたかったのではないでしょうか?

埋め込み方式なら、命を少し長引かせるだけと分かっているからこそなのです。また、心臓移植に関する彼女の考えが正論じみていたことにも納得できます。

彼女の周囲に、「適合する心臓を持つ人が、事故にでも合いますように」と、願って欲しくはないこと。そして、「人と心臓を奪い合うようなことはしたくない」と、言いました。正直なところ、生きるか死ぬかなのに何言ってるの?とさえ感じます。

しかし、これは死を受け入れ、流れに身を任すという、シャロンの選択なのです。「すべては、神の御心のままに」を、上手く利用していると思いました。言い方を変えれば、彼女らしい、宗教を逆手に取った考え方ですね。

とはいえ、自分のオフィスで倒れたことは、シャロンにしてみれば本望だったかもしれません。多くの仲間に看取られて、亡くなったようなものです。想い残すことなく、彼女は天国に行けたのだろうか?それだけが気がかりです。

ルイ・プロヴェンザ/Louie Provenza – 古株の警部補 – G・W・ベイリー /G.W. Bailey

なんとか「シャロンを早く帰宅させよう」と模索する、プロヴェンザの姿が印象的でした。帰るよう上手く話しを仕向けても、失敗の連続です。彼も最後には、今日だけなら良いか?と、根負けしたようにも見えました。彼女のほうが上手なので、仕方がありませんね。

また、シャロンは明日から休暇だと知っているだけに、少し安心感もあったのでしょう。誰もが、「今日は彼女の好きにさせてあげたい」と、思ってしまって当然です。その後の展開を、誰も予想していなかっただけに、仕方がないですね。

とはいえ、プロヴェンザの優しさや気遣いが全面にあふれる、とても良い内容だったと思いました。

アンディ・フリン/Lieutenant Andy Flynn – 警部補でシャロンの夫 – トニー・デニソン/Tony Denison

今回も終始、フリンのシャロンへの献身的な姿が目立ちます。また、彼はシャロンの言いつけにしたがい、仕事へ戻りました。「普段通りにして欲しい」という、彼女の希望なので、仕方なく承諾したのでしょう。

仕事を何とかこなす姿に痛々しさを感じました。とはいえ、私生活のシーンでは、フリンに頼るシャロンの姿を、ときおり観ることが出来ます。

また、フリンが彼女に意見する場面もありました。しかし、仕事となれば違います。彼女のほうが上司にあたるため、彼はしたがうしかないのでしょう。さらに、彼女を興奮させてはいけないことから、喧嘩覚悟で「家に帰れ」と、強く言うことも出来ません。

フリンのもどかしさが、伝わって来るようですね。そして、シャロンが亡くなった時の彼の様子は、観ていられないほど辛いものでした。落胆やショック、悲しみを、通り越していたように感じます。

また、「無理にでも、家へ帰らせるべきだった」という後悔の方が今は大きいのかもしれません。

フリンがシャロンの死を、どのように乗り越えていくのか?

そのことが、心配でなりません。彼の容態まで悪くなるようなことだけにはなって欲しくないですね。

マイク・タオ/Lieutenant Michael Tao – IT系担当警部補 – マイケル・ポール・チャン/Michael Paul Chan

シャロンが休暇を取ると言った時、彼女の耳元で「心配です」と、マイクは小声で言います。きっと彼は、周囲に気を配ったのでしょう。しかし、逆に彼女に気を遣わせる気まずい場面でもありました。病気が深刻だからこそ、休暇を取るのです。

あのような言い方をすれば、深刻さを感じるだけではないでしょうか?

このシーンは、マイクらしさという意味では、上手い表現だったと思います。とはいえ、気遣いという意味では、少し配慮に欠ける場面だったと感じました。

フリオ・サンチェス/Julio Sanchez – マフィア事情に精通した捜査官 – レイモンド・クルツ/Raymond Cruz

フリオは、シャロンと何を話したかったのでしょう?

彼の表情からも何か覚悟を決め、相談したいことがあったように思います。前回、登場したベガスの女性警官との結婚を考えているのかもしれませんね。シャロンが亡くなる前に少しでも話せたのかな?と、気になります。

エイミー・サイクス/Detective Amy Sykes – 元軍人の捜査官 – キアラン・ジョヴァンニ/Kearran Giovanni

考えてみると、エイミーは『MAJOR CRIMES』からの出演です。そのため、古株たちとは違い、『クローザー』の時のようなシャロンとの確執の経験がありません。

逆に、彼女はシャロンの口添えで重犯課にきました。つまり、誰よりも彼女に恩を感じている人物の一人だと言えます。そのためでしょうか?病院でガスを迎えに行った時のエイミーの取り乱し方には驚きました。

こんなに弱々しい彼女の姿は、初めて見たような気がします。この様子を見るかぎり、立ち直ることが出来るのか?かなり不安になりました。

カミラ・ペイジ/Camila Paige – 未成年者の捜索に精通した捜査官 – ジェシカ・メラズ/Jessica Meraz

カミラの鋭い分析力は、かなり役立っていました。まず、クレイグが犯人ならレイプ被害者の名簿が必要ないと言ったことです。たしかに、そうですね。彼はランドン医師に女性をあてがっていたため、被害者全員を知っています。

また、セスの取り調べ中の彼女とエイミーの言葉は、プロヴェンザが真犯人に気付くきっかけにもなりました。

ボニーがセスを見て車を止めるのか?

バネッサは彼を家に招き入れ、飲み物まで出すのか?

そして、決定打となったのは、「資産を動かしたのは、セスとは限らない」と言った時でした。サラっとみると、このシーンの重要さは分かりません。しかし、よく考えると、女性ならではの鋭い指摘だと気づくはずです。

なぜなら、この状態ではセスが犯人でなくとも立件でき、有罪も確定だったでしょう。

ところが、セスの人物像に対し女性はどう反応するのか?

カミラとエイミーは、女性としての感覚から違和感を抱いたのだと思います。もし、この場に男性陣だけであれば、きっと気づかなかったでしょう。

ところで、シャロンが亡くなった際、病院での彼女の行動を気付きましたか?

カミラは真っ先に、ショックを受けるプロヴェンザの横に来て彼の手を握りしめます。彼女は彼を父親のように慕っているののでしょうね。まるで二人が、本当の親子のように見えました。

バズ・ワトソン/Buzz Watson – 映像担当の予備警官 – フィリップ・P・キーン/Phillip P. Keene

バズはシャロンから重要な役目を託されました。彼女が最後に撮った映像の、SDカード2枚とメモが入った封筒を預かったのです。まさか、彼は、これが遺言になるとは予想だにしていなかったでしょうね。

それも、渡された後の数時間後にです。その封筒を眺める彼の表情は、何とも言えないものでした。この場面だけで、涙がさらに溢れてきました。

ウェス・ノーラン/Wes Nolan – 元潜入捜査官 – ダニエル・ディトマソ/Daniel di Tomasso

ウェスにはシャロンの体調の深刻が、あまり理解できていないのかもしれません。そのためか、彼の気遣いのなさが目立っていたように思います。特に、フリンやラスティがシャロンに取り調べを止めさせようとした時の、彼の言葉は無神経すぎます。

「顔色は別に悪くない」この言葉に私は一瞬、唖然としました。また、この時の、アンドレアやバズに対しても同じ思いです。シャロンの体調よりも、事件解決を優先させるような発言をしています。

もし、彼らがシャロンのことを、もっと気遣っていれば、状況は違ったのでは?

そう思うと、残念で仕方がありません。しかし、彼らの病院での表情を観ていると、かなり責任を感じているようにも見えます。「あの時、止めさせていれば・・・」という、後悔の念を強く感じました。

ラスティ・ベック/Rusty Beck – シャロンの養子でストローの犯罪の証人 – グラハム・パトリック・マーティン/Graham Patrick Martin

ラスティが署のシャロンの部屋を訪れた時の二人の会話が頭から離れません。最初に出会った時の、お互いの最悪の印象や会話を語り合います。そして、ラスティの帰り際の言葉に、思わず涙が溢れました。

「俺は母さんを探しに来たんだ、見つけた」

この言葉を聞けて、シャロンは、どれだけ幸せだったでしょう。また、ラスティの成長ぶりが分かる重要な言葉でもありました。今回の中で、一番の必見シーンです。何度見ても泣けてきます。

そして、もう一つ、ぜひ、じっくり観て欲しいのが、シャロンの死を知った時のラスティの姿です。彼は倒れそうになるフリンを必死で支え寄り添います。本当は誰よりも取り乱すはずの彼が、なんとか気丈に振舞おうとしていたのです。必死で悲しみをこらえる彼の姿に、ここでも思わず涙が溢れました。

ところで、やはりラスティはガスのことを許していたのですね。花束を受け取った際のラスティの表情から想像はできました。「そろそろ素直になろうかな?」という、雰囲気がありましたね。

そうでなければ、病院に彼を呼ぶはずがありません。これでやっと、ドロドロした恋愛話から、解放されそうですね。

フィリップ・ストロー/Phillip Stroh – 逃走中の連続殺人犯 – ビリー・バーク/Billy Burke

彼がガスの働くレストランに登場していたのを、気づきましたか?

このレストランに彼が、偶然やってきたとは思えません。ラスティの情報を得るため、ガスとの関係も知った上のことでしょう。

また、ストローは弁護士だけあって、話の上手さは天下一品です。ガスからラスティの情報を知りたいだけ得たことでしょう。

とはいえ、「ロスを発つ前に、きっと会いに来るよ、友人が心配だ」という、彼の言葉が気になります。ストローとの最終対決を前にした良くできた演出ですね。思わず感心してしまいました。

メジャークライムスシーズン6第9話を観終わった感想

ファイナルシーズンで主人公の死亡とは、どうゆう思考をしているのでしょう?

意表を突くという意味では、新鮮かもしれません。しかし、ファンにしてみると、まったく嬉しくない展開です。決まっていたこととはいえ、残念でなりません。ファンが何を言おうが、変えることは出来なかったでしょう。

ならば、なんとか最後まで、彼女の死亡を引き伸ばすことは、出来なかったのでしょうか?

これに関してはプロデューサーが、こう話しています。

「最終話で、彼女を死なせることだけはしたくなかった」

私も、いろいろ考えた挙句、彼の意見に同意しました。なぜなら、最終話でシャロンが亡くなった場合、残された人たちのことが気になります。また、あまりにあっけなく、心に残らないかもしれません。

しかし、途中での死亡ならどうでしょう?

残りの話数で、周囲の人々の心境や職場、生活の変化を描くことが出来ます。また、シャロンの遺言ビデオの存在も、忘れてはなりません。彼女からの重犯課メンバーや家族一人一人へのメッセージが紹介されるでしょう。

そして、もう一つ忘れてはならないのが、ストローの存在ではないでしょうか?

彼は、『クローザー』の時から、重犯課を悩ます凶悪犯です。思い起こせば彼の登場は、5度目くらいになるような気がします。シリーズ最後に彼を持ってくることで、シリーズを完結されるという意向が伺えました。

また、シャロンやブレンダなしで、どう彼を追い詰めるのか?

これこそが、プロデューサーの考える新しい重犯課であり、幕の引き方なのでしょう。つまり、「これ以上のスピンオフはないですよ」という、メッセージなのだと思います。悲しいですが、受け止めるしかありませんね。

とはいえ、今回のストリーを私は何回も観ました。シャロンの姿を目に焼き付けておきたかったことが、最大の理由です。また同時に、彼女の覚悟を完全に理解したいという気持ちもありました。

そして、そのうち彼女の死に関し諦めもつくだろう、涙も枯れるだろうと思っていたのです。しかし、大間違いでした。毎回、新たな発見があり、感傷に浸ってしまいます。また、ラスティとシャロンがオフィスで会話するシーンで、どうしても涙が溢れます。

気持ちに余裕のある方は、ぜひ、もう一度観てみてください。彼女や出演者たちの気持ちが、より一層伝わってくるはずです。そして、「これが最終話でなくて良かった」と感じるでしょう。

もし、最後であったなら、モヤモヤ感が残ったままになります。残り4話で、まだ気持ちの整理が出来るのです。そう思うことで、少し気持ちが楽になりました。

気になる次回は
メジャークライムスシーズン6第10話【最後の戦い パート1】

まとめ

海外ドラマ『メジャークライムス~重大犯罪課(Major Crimes)』シーズン6第9話【陰謀のセオリー パート4】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

また、ドラマ内の登場人物についても紹介しています。

ひきつづき、第10話以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

今なら、シーズン1からシーズン5まで見放題で、一気見できますよ。
メジャークライムスの動画を無料視聴するなら詳細はこちら