ミステリー

インスティンクト第6話のネタバレ感想|アンディの活躍は必見!【ドラマ】

海外ドラマ『インスティンクト 異常犯罪捜査』シーズン1第6話【究極の効率化】のネタバレ感想とあらすじがまとめてあります。

また、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をご紹介しました。

前回の話はこちら
『インスティンクト』シーズン1第5話【心臓のない死体】

インスティンクトシーズン1第6話のネタバレ感想とあらすじ|アンディの活躍は必見!【ドラマ】

第6話【究極の効率化】

前回までのアンディ(ダニエル・イングス)は、元弁護士で、気の良いバーのオーナーと言う位置づけでした。

ディラン(アラン・カミング)にとっては良きパートナーであり、しっかりとディランの手綱を握るライダーでもあります。

正直な話、アンディ無しでディランが社会に溶け込めるとは思えませんし。

でも、これでは単なるディランの補助みたいな役目ですよね。

第6話は、もっと彼の格好良い所をを見てみたいという、アンディファンの要望に応えるような活躍ぶりでした。

さて、今回は二つの事件が起こります。

一つは、証券会社に殴り込みをかけたセオ(ジェイソン・クラヴィッツ)が病院で変死する事件です。

『インスティンクト』は、結構、簡単に犯人を特定するドラマですが、このエピソードではミスリードを交えつつ、しっかりと振り回してくれました。

ディランとジュリアン(ナヴィーン・アンドリュース)が病院に忍び込むシーンは、しっかりスパイ物になっていて見ごたえがありますね。

もう一つの事件は、リジー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)が巻き込まれる詐欺です。

公園でトレーニング中のリジーをナンパしているのは、トレーナーを名乗るジェフ(デヴィッド・A・グレゴリー)と言う男。

効率の良いトレーニングを教えてあげようなんて言いつつ、リジーにダンベルを持たせて後ろに回り、そのダンベルが当たるという寸法ですね。

彼を心配するリジーから電話番号を聞き出した後、傷害罪で訴えています。

という訳で、元弁護士のアンディ登場となりました。

裁判でリジーが勝てるかどうかを見るため、ちょっとしたテストを行うシーンが良いですね。

ディランは人の感情を分析しますけど、アンディは場の雰囲気を操る専門家です。

ほんのいくつかの言葉で、リジーは激高してしまいました。

アンディは既に裁判が水掛け論になると読んでいて、その場合は裁判官の心証が勝敗の行方を決めると知っています。

真実だろうと正しかろうと、裁判に勝てるとは限りません。

相手の弁護士に「見てください。その短気な被告が、ちょっとしたきっかけで人を殴らないと思いますか」なんて言われたら、圧倒的に不利な展開になるからです。

これでは裁判に勝てないと踏んだのか、アンディは訴えを取り下げさせる戦略に切り替えます。

使った道具は、スーツ一着と名刺一枚です。

アンディは相当、有名な事務所に勤めていたらしく、たったこれだけで相手は訴えを取り下げてしまいました。

元CIAの天才と元やり手弁護士のカップルって、かなり凄いですよね。

友達になれれば力強い二人ですけど、間違っても敵に回したくはないと思いました。

話は変わりますが、今回、気になったのはピート(ジェイ・クレイッツ)が再登場したことです。

前回出ていた、あのストーカーですよ。

就職の口利きをリジーに頼むのですが、これってNYPDに絡む仕事に就くっていうことなんでしょうか。

今度はリジーを追っかける、なんていうことにならなければ良いのですけど。

気になる次回は
『インスティンクト』シーズン1第7話【久々の交流】

インスティンクトシーズン1第6話のネットでの評価や反応は?【アランカミング主演ドラマ】

ドラちゃん
ドラちゃん
今回のアンディの活躍で存在感が増したので、杞憂に終わるのではないでしょうか。ここからの逆転劇は、アンディが可愛そすぎるよね。

カバ吉くん
カバ吉くん
同じく、バディものが好きだぞ。掛け合いの妙は、脚本家の腕の見せ所だわ。

まとめ

海外ドラマ『インスティンクト』シーズン1第6話【究極の効率化 】のネタバレ感想とあらすじをまとめました。

そして、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応を紹介しています。

ひきつづき、第7話【久々の交流】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。