ミステリー

ドクターモーガンのNY事件簿第22話(最終回)ネタバレ感想|アダムとの決闘【ドラマ】

ヨアン・グリフィズ主演海外ドラマ『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』第22話(最終回)【終わりのない物語】(原題:The Last Death of Henry Morgan)のあらすじとネタバレ感想をまとめています。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応を紹介しました。

ドラちゃん
ドラちゃん
ヘンリーとマルティネスのコンビも見たかったし、恋の行方も気になったし、シーズン2を作ってくれないのかなぁ。
カバ吉くん
カバ吉くん
エイブに会いにきたヘンリーのすべてを受け入れたアビゲイル(マッケンジー・モージー)は最高の女性だと思ったぞ。あのシーンは、感動したわ。

前回はこちら
ドクターモーガンのNY事件簿の第21話【アビゲイルを捜して】

ドクターモーガンのNY事件簿の第22話(最終回)あらすじとネタバレ感想【海外ドラマ】

第22話【終わりのない物語】

1つの殺人事件をきっかけに、もう1人の不老不死の男アダム(バーン・ゴーマン)を殺すことのできると考えられている古代の短剣がニューヨークにあることがわかります。

これによって、アダムとヘンリー・モーガン(ヨアン・グリフィズ)の対決モードが一気に高まり、シリーズがフィナーレへと向かっていきました。

不老不死のサイコパスという悪魔ともいえる存在のアダムとヘンリーはどう対決するのか、ヘンリーは自身の不老不死という秘密をジョー・マルティネス刑事(アラナ・デ・ラ・ガーザ)に打ち明けるのかどうか、2人の関係がどうなるのかというのが最終回の見所です。

アダムの短剣を手に入れたヘンリー

アダムとヘンリーの対決に関する物語で優れた展開であると感じたのは、短剣を盗んだ博物館司書ブレア(クレイグ・デ・ロレンゾ)とその友人を殺害したのがアダムではない点にあります。短剣を盗んだのは古美術コレクターのオーブリー・グリフィン(ジョン・ノーブル)であり、不老不死の人間が世の中に存在することを知っている人物でした。

てっきり短剣はアダムの手にわたったと感じていたのですが、実は古美術コレクターのもとにあり、彼からヘンリーが短剣を譲り受ける展開になります。

これによってヘンリーは、彼を殺すことのできる武器を手に入れたため彼との対決で非常に有利な立場になったのです。そして、ヘンリーはアダムを殺すだろうと誰もが思う中で2人の対決シーンを迎えます。

ヘンリーとアダム最後の決闘

しかし、アダムとの対決の場でヘンリーは手にした短剣を放り投げてしまいました。自分は人殺しではないというヘンリーの信念から出た行動と言えるでしょう。

さんざんアダムの悪行を見せつけられてきたヘンリーにとって、たとえ正義のためであっても人殺しはしてはいけないとするヘンリー自身の倫理観は曲げることができなかったのです。

そのかわり、ヘンリーはアダムのクビに注射を打ち込むことによりアダムの脊髄を傷つけ、植物人間状態にしてしまいます。ヘンリーが医者であり、強固な倫理観をもっていることから考え出された解決策で、なるほどと感じさせる策であると思いました。

おそらく、ヘンリーはアダムを殺すに違いないと考えていたので、意表をつく展開でした。この対決ではヘンリーもアダムによって、彼を最初に殺した銃で胸を撃ち抜かれてしまいます。

しかし、彼は再び生き返り、結局、アダムが考えていた最初に自身を殺した武器だけが自分を殺すことができるという仮説は彼の思い込みであることが判明しました。

また、短剣を用いてもアダムを殺すことができなかったこともわかります。だから、このことは結果としてアダムを植物人間状態にすべきとするヘンリーの判断が正しかったことがうかがえます。

ヘンリーとマルティネスの未来は謎のまま

他方でヘンリーとマルティネスの関係は、思わせぶりな形で終わりました。アダムとの対決を終え、エイブ(ジャド・ハーシュ)と自宅で一息ついていたヘンリーのもとをマルティネスが訪れます。

彼女は対決の場で発見したヘンリー家族が写った昔の写真と彼の懐中時計を手にしていました。もはや、秘密を隠し通せる状況ではなく、また、エイブも語るべきことをヘンリーに告げてシリーズは終わります。

果たして、どうなるのかが、あえて謎のままで残されることになりました。しかし、ヘンリーが秘密を抱えていることと、それによって芽生えたマルティネスのヘンリーに対する不信感は、もはや感じられず、どことなくいい空気がそこには流れます。

そのため、秘密が明かされたか否かは大きな問題ではなくなってしまいました。幸福感に溢れるエンディングであり、秘密が残されたままでも気にならないシリーズの終わり方だと思います。

ドクターモーガンのNY事件簿の第22話(最終回)ネットでの評価や反応は?【海外ドラマ】

https://twitter.com/maturin98/status/1102683332213501952

ドラちゃん
ドラちゃん
エイブが祈るシーンは、絶妙の間でハラハラドキドキ。浮かび上がってきたときは、エイブと一緒に感動しちゃった。

カバ吉くん
カバ吉くん
どんどん、ルーカス(ジョエル・デヴィッド・ムーア)が成長していったので、まだまだ、活躍が見たかったぞ。

まとめ

ヨアン・グリフィズ主演海外ドラマ『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』第22話(最終回)【終わりのない物語】のあらすじとネタバレ感想をまとめました。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応が紹介してあります。

主な登場人物に関する情報は、こちらにまとめてあります。
ドクターモーガンのNY事件簿のキャストまとめ