ラブロマンス

ラ・ラ・ランドの動画フルを無料視聴【映画】

映画『ラ・ラ・ランド』【監督:デミアン・チャゼル|原題:La La Land】(2016年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『ラ・ラ・ランド』を見てみる

ラ・ラ・ランドの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『ラ・ラ・ランド』のフル動画が見放題で配信されています。

U-NEXT
Hulu
FOD 〇(日本語字幕版のみ)
dTV
Amazonプライム
Netflix

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2022年1月25日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画好きに人気があるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『ラ・ラ・ランド』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

ラ・ラ・ランドはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ラ・ラ・ランド』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ラ・ラ・ランドのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ラ・ラ・ランド』はミュージカルとして見ると、往年の名作と比べてしまい、どうしても力量不足に感じました。

つまり、フレッド・アステアやジーン・ケリーのダンスや歌と、比べてしまったのです。

しかし、比べていること自体が間違っていると、後になって気づきました。

もし、完璧にしたいなら、ダンスや歌は、本人ではない吹き替えをしていたはずです。

また、ラブストーリーとして観た場合も、薄っぺらく深さを感じませんでした。

これだけシッカリしたシナリオなら、できていても不思議ではありません。

ミュージカル仕立てに、無理にしなければ良いのです。

では、それらのことを、なぜしなかったのでしょうか?

まず考えられることは、舞台で演じるために作られたシナリオではないことです。

つまり、映画だからこそできる、オマージュという手法を、ふんだんに取り入れることができます。

ミュージカルやラブストーリーとして欠けている部分を、さまざまな要素が補い合う効果を、狙ったのではないでしょうか?

また、監督であるデミアン・チャゼルのインタヴューから、見えてくることも沢山ありました。

彼は往年の名作映画への想いを、多く語っています。

そして、ハリウッドの現状を表現したいとも、言っていました。

じつは、この作品の構想は、チャゼルの前作『セッション』の公開される、3年前には出来上がっています。

しかし、実績のない彼の作品に、誰も見向きをしなかったのです。

ところが、『セッション』で評価を受けたことにより、周囲の反応は一変します。

『ラ・ラ・ランド』の収支と配給が、決定したのです。

考えてみると、ミア(エマ・ストーン)に似ていると思いませんか?

売れない女優が、1つの成功から大女優へとなりました。

これは商業主義化が激しい、ハリウッドの実情だともいえます。

この状況は、セブ(ライアン・ゴズリング)が一時期、ジャズを諦めたシーンとも重なるのです。

生活やお金のために、売れる万人受けのバンドに加入したことがありました。

つまり、デミアン自身の経験は、ミアやセブの背景にも描かれているのです。

そして、彼らが夢を諦めなかったことによって得たものも、チャゼル自身の経験といえるでしょう。

そう考えると、とても深い作品だと思えてきてなりません。

また、オマージュを多様した理由も、映画愛だけではない気がしてきます。

往年の名作の良さを表現することで、古き良き時代を思い出して欲しいのではないでしょうか?

つまり、売れる売れない関わらず、映画が作れた時代があったことを、伝えたかったのだと思います。

とにかく、厄介この上ない映画だと感じました。

伝えたいことや意気込みが、直球で伝わってきません。

そのため、観る人によっての感じ方が、あまりにも違いすぎるのです。

これは、セブの「ロマンティックで何が悪い!」と言う言葉が、全てを物語っている気がします。

つまり、この言葉は、監督のチャゼル自身の気持ちではないでしょうか?

彼の映画や音楽に対する想いなのです。

そして、そこに自身の経験やハリウッドの現状を、織り込んでいます。

ある意味、過剰すぎるほどの自己満足なのかもしれません。

自分の伝えたいことを、この映画に詰め込めたことだけで、満足なのだと思います。

また、この作品は、ハリウッド関係者や評論家への挑戦状?とも感じました。

つまり、商業主義のハリウッドへの、皮肉と考えればどうでしょう?

賛否両論が出ることは、彼にとっては嬉しいことなのかもしれません。

さまざまな意見を出させることが、彼の狙いなのです。

そう考えると、彼が単なる映画監督ではなく、アーティストに思えてきます。

また、この映画自体の見方も変わって、数段楽しめるはずです。

まとめ

映画『ラ・ラ・ランド』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

ドラちゃん
ドラちゃん
『ラ・ラ・ランド』と同じく、監督および脚本をデイミアン・チャゼルが担当しているのが『セッション』ですね。

今すぐ、ラ・ラ・ランドをU-NEXTで見てみる