ラブロマンス

美女と野獣(エマワトソン主演映画)の動画フル視聴!レンタルより手軽に見れる

エマ・ワトソン主演映画『美女と野獣』【原題:Beauty and the Beast】(2017年)の動画をフル視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『美女と野獣』を見てみる

カバ吉くん
カバ吉くん
野獣役のダン・スティーヴンスは、マーベル映画『X-MEN』のスピンオフドラマ『レギオン』で主役のデヴィッド・ハラーを演じているぞ。
ドラちゃん
ドラちゃん
ガストン役のルーク・エヴァンズは、『ワイルドスピードEURO MISSION』では悪役のオーウェン・ショウとして出演しているよね。
カバ吉くん
カバ吉くん
映画『ザ・サークル』のエマ・ワトソンは、今までと違う面が見られるぞ。

美女と野獣(エマワトソン主演映画)の動画をレンタルよりも手軽にフル視聴する安全な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、エマ・ワトソン主演映画『美女と野獣』のフル動画が配信されています。

U-NEXT
Hulu ×
FOD ×
dTV
Amazonプライム
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

残念ながら、新しい映画のため、ポイント制や有料扱いです。

また、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2021年11月15日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

美女と野獣(エマワトソン主演映画)の動画配信を見るならU-NEXTがおススメ

映画『美女と野獣』の動画をフルで見る良い方法があるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル特典には31日間無料で見放題だけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

そのポイント600円分を使うことで、『美女と野獣』の動画フルを視聴可能です。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができます。

さらに、レンタルしようと思った作品が他の人に借りられていて見られないってこともありません。

なので、一度、使ってみると、その便利さに衝撃を受けるはずです。

今ならU-NEXT(ユーネクスト)で見るのが損をしない視聴方法になります。

>>U-NEXTで映画『美女と野獣』を鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

美女と野獣(エマワトソン主演映画)はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『美女と野獣』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

美女と野獣(エマワトソン主演映画)のネタバレ感想と考察

ディズニーの名作アニメ映画『美女と野獣』の実写版として作られたのが、『ハリポタ』シリーズで一世を風靡したエマ・ワトソン主演の『美女と野獣』です。

この実写版『美女と野獣』が公開される何年か前に『シンデレラ』がやはりディズニーの『シンデレラ』の実写版として公開されました。

『シンデレラ』は、登場人物名やドレスなど、一部ディズニーの要素が残されていましたが、完全なる実写版ではありませんでした。

この『美女と野獣』はどうなるのかな・・・、なんて思っていましたが、公開前にちょこちょこ公開されるワンシーンを見る限りディズニーバージョンに近そうなイメージがありました。

そして、公開・・・、結論から言うと、ディズニーアニメの『美女と野獣』にとても近い内容で、完全なる実写版と言って間違いないでしょう。

ディズニーのアニメーション映画との違いとして、主人公ベルの幼少期の話、野獣が心の底に秘めている想いや封印した過去などの描写も盛り込まれていましたが、こちらもテンポよく組み込まれていたのはとてもよかったと思います。

『美女と野獣』お馴染みの 『Once upon a time…』 など懐かしい歌も余すところなく含まれていたので、『美女と野獣』ファン、ディズニーファンにはたまらない映画です。

さらに、野獣がソロで歌うニューソングもありました。ダン・スティーヴンスの歌の上手いこと!彼の歌声に惹かれた監督が彼専用の歌を用意したのではないかと思えるほど。

さて、キャスティングの方ですが、公開前から賛否両論あり、熱く議論されていましたね。

エマ・ワトソンのベルへの起用は、割とみなさん「そうだよね~。」ぐらいで普通に受け入れていたようですが、野獣やガストンなどは「本当に彼で良いの?」なんていうちょっと失礼な意見も散見出来ました。

個人的な意見としては、このキャスティングは実に良いものだったのではないかと思っています。

ダン・スティーヴンスの野獣は、当初どんなものかと思っていたのですが、素晴らしい演技力でバッチリ野獣になっていました。ディズニーアニメ版より、やや紳士的な教養の高い野獣さんでしたが、それはそれでグッド。

ルーク・エヴァンズのガストンにおいては、ハマリ役だったと思います。あんなにガストンが似合う俳優さん、他にはいないでしょう。

一時バンドのヴォーカルをやっていたとかいう経歴の持ち主だけあって、ガストンの歌もバッチリ決めて歌っていました。

『美女と野獣』は全体を通して、実に良くディズニーアニメ版が反映されて実写化された映画で、非常に完成度の高い映画として楽しめました。

リピートして何度でも観たい一品です。

まとめ

エマ・ワトソン主演映画『美女と野獣』の動画をフル視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、美女と野獣をU-NEXTで見てみる