ヒューマンドラマ

セッションの動画フルを無料視聴|日本語字幕や吹き替えも見れる【映画】

映画『セッション』【監督:デミアン・チャゼル|原題:Whiplash】(2014年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、あらすじや感想と評価をまとめました。

カバ吉くん
カバ吉くん
フレッチャー役のJ.K.シモンズは、ドラマ『クローザー』のウィル・ポープ副本部長が印象に残ってるぞ。ブレンダ(キーラ・セジウィック)との絡みは最高っ!

セッションの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『セッション』のフル動画が見放題で配信されています。

日本語字幕版、吹き替え版ともに視聴できるのはうれしいですね。

映画好きに人気があるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『セッション』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年1月17日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

セッションはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、これらの動画共有サイトには、違法にアップロードされているのです。

ですから、違法アップロードされた動画は削除されている可能性があります。

ほかにも、動画共有サイトにはデメリットがあります。

画質や音質が悪く、広告が画面をさえぎるように出て、ドラマに集中できません。

さらに、個人情報の漏えいやスマホやパソコンがウイルス感染するリスクすらあります。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いいたします。

>>映画『セッション』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

セッションのあらすじや感想と評価【映画】

プロのジャズドラマーを目指しニューヨークの音楽学校に入学した主人公ニーマンと、学校の教授フレッチャーとの間のスリリングな関係を描いた作品です。

音楽学校を舞台としていることから、フレッチャーの厳しい指導に耐えながらニーマンが一人前のミュージシャンへ成長していくストーリーを予想しがちでしょう。

ところが、実は、そうした厳しさの中の温かみを本作品に求めると全く期待はずれの映画となってしまいます。

映画『セッション』は師弟愛という見方をするのではなく、二人の人間のぶつかり合いという見方をするのが正解であると感じました。

フレッチャーの指導方針は学生をとにかく追い込めるところまで追い込むことにあります。

一流のミュージシャンになる人物は、どんなに追い込まれても挫折せず、逆に発奮して努力するものであるというのがその理由です。

しかし、現実には学校の卒業生の中にフレッチャーの指導が原因で、うつ病になり自殺した者までいます。

フレッチャーは、そんなことは意に介さず、ひたすらニーマンを追い込んでいくのです。

時には殴る、他の学生の前で罵倒するなど、非常にサディスティックなプレッシャーのかけ方をします。

良いパフォーマンスを引き出すためのプレッシャーではなく、プレッシャーをかけることが目的化してしまっていました。

そうした教育を受け、ニーマンも次第に性格が変わり、猛練習はするものの、かつて感じたジャズの楽しさを忘れ、フレッチャーに認められることだけが目的化していきます。

当初のニーマンの自信満々の表情が次第に追い詰められ鬼気迫る表情へと変化していく様子、そして全く罪悪感を感じずに、ニーマンが追い詰められていく様をどこか楽しげに眺めるフレッチャーの狂気が手に取るようにわかるのです。

映画『セッション』は、数多くの映画賞を受賞していますが、ニーマンを演じるマイルズ・テイラー、そしてフレッチャーを演じるJ・K・シモンズのこうした演技が高く評価されたのだと思います。

とりわけシモンズの演技は迫力がありました。

ジャズの指揮者としての繊細さやエンターテイナーとしての華やかさ、教室に異様な緊張感をもたらす、あるいはニーマンに対して優しさと冷酷さを使い分ける教師の顔を巧みに表現しているのが印象的です。

最後のジャズコンサートのシーンに関しては意見が分かれる部分だと思います。

ニーマンはフレッチャーを殴ったことで学校を退学になり、フレッチャーは学生に対する行き過ぎた指導で学校を解雇されました。

二人は再会し、フレッチャーはニーマンを自らのバンドのドラマーに誘います。

ライブ当日にステージ上でフレッチャーが告げる演奏曲は、事前にニーマンが伝えられた曲とは違うものでした。

学校を解雇されたことに対する復讐心からニーマンを陥れようとしたのかもしれません。

それとも、窮地に陥っても何とかするのがプロだということを教えようとしたのかもとも取れます。

他方で、ニーマンは最初の曲で失敗した後、次の曲を自らスタートさせることでバンドのイニシアティブを握りました。

そして、演奏が盛り上がりを見せ、次第にフレッチャーもニーマンの演奏に引き込まれていく中で映画は終わります。

『セッション』のラストシーンは二人の和解を意味するのか、あるいは何か別のことを意味するのか、含みを持たせて映画は終わるのでした。

ニーマンにしてみれば、あれだけの屈辱を与えられて和解などあり得ず、他方でフレッチャーにしても、自分が学校を解雇された原因の一つがニーマンだと考えているため、和解などあり得ません。

そうした、どろどろした人間関係を超越させるのがジャズの魅力であることを伝えたいのでしょうか。

もしくは、二人の関係を一つの結論で終わらせずにあれこれと考えるのも面白いから、敢えてこうしたエンディングにしたいのかもしれません。

非情に考えさせる映画でした。

まとめ

映画『セッション』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、あらすじや感想と評価がまとめてあります。

U-NEXTは、フレッチャー役のJ・K・シモンズが出演している映画『ラ・ラ・ランド』も日本語字幕版、吹き替え版ともに見放題で視聴可能です。

今すぐ、セッションをU-NEXTで見てみる