ヒューマンドラマ

J.エドガーの動画フルを無料視聴【ディカプリオ主演映画】

レオナルド・ディカプリオ主演映画『J.エドガー』【監督:クリント・イーストウッド|原題:J. Edgar】(2011年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『J.エドガー』を見てみる

J.エドガーの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、レオナルド・ディカプリオ主演映画『J・エドガー』のフル動画が配信されています。

日本語吹き替え版および字幕版ともに見ることができるので、とてもありがたいですよね。

U-NEXT
Hulu
FOD ×
dTV ×
Amazonプライム
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2022年5月25日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

J.エドガー(映画)の動画配信を見るならU-NEXT

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

たとえば、クリント・イーストウッド主演映画『クライ・マッチョ』【監督:クリント・イーストウッド】(2021年)が追加料金なしで見えます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

それに、新作は貸し出し中のことが多く、見れずにガッカリすることもありました。ネット配信は一度、体験するとラクすぎて、きっとハマりますよ。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとってテンション上がる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『J.エドガー』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

J.エドガーはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『J.エドガー』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

J.エドガーのネタバレ感想と評価【映画】

映画『J.エドガー』は、FBI長官を務めたジョン・エドガー・フーヴァーの生涯を描いたクリント・イーストウッド作品です。

フーヴァーは、50年近くの異常な長期にわたって連邦捜査機関のトップに君臨しました。

FBIを秘密警察化し、FBIに敵対する政治家のスキャンダルを把握することでフーヴァーは自身の地位を長く保持することに成功します。

また、人種差別的思考を持ち、病的な反共主義者でもありました。

私生活の面では死ぬまで独身を貫き、同性愛的な性指向を持っていたのです。

他方で、科学的捜査方法を導入する高学歴者を採用するなどしてFBIを近代的なエリート捜査機関に育て上げた実績も持ちます。

本作は、こうしたフーヴァーの生涯における様々な側面に焦点をあて、フーヴァーという不可解な人物を理解しようとしたものです。

映画『J.エドガー』を通じて描かれるフーヴァー像は、自身やFBIに対する批判者の存在を絶対に認めないとする彼の姿勢にあります。

たとえば、議会においてフーヴァー(レオナルド・ディカプリオ)はたびたびやり玉にあげられました。

ところが、そうした際に彼は、敵対する議員を盗聴し、主にセックススキャンダルを収集することにより、相手の批判を封じ込めます。

異常かつ違法なやり方での批判への対処であり、このあたりにフーヴァーの病的な性格がよく表れているのです。

彼はこうしたやり方について、自分を批判することはアメリカを批判することと同じであり、アメリカに敵対する者は徹底して排除しなくてはならないという倒錯した論理で盗聴などの行為を正当化します。

そのため、彼はFBIを秘密警察化することについて、違法だという認識を持ちながらも、倫理的な痛痒を全く感じません。

批判者の存在自体を絶対に認めないというフーヴァーの姿勢は、批判に対して極端に神経質であるという彼の弱さの裏返しであるとみることができます。

フーヴァーの母親は、彼に対して、常に強くなくてはならないことを繰り返し説いてきました。

とりわけ母親が強調したのは、男は男らしくなくてはならず、女々しくなっては絶対にいけないとするものです。

しかし、フーヴァーは、彼自身の内部に同性愛的な性指向を持っていることを自覚しています。

そのため、彼は自身の性指向と母の教えとの間のギャップに苦しみ、自身の性指向に対する強いコンプレックスや嫌悪感を抱くようになりました。

このコンプレックスの強さが、他者が自分の触れられたくない問題に触れようとしたときに、異常なまでの攻撃性を発揮することになるのだといえるでしょう。

いずれにしても、フーヴァーの病的な性格は、彼の母親との交流を通じて形成されてきたものとして、映画『J・エドガー』では描かれています。

批判者の存在を絶対に認めない姿勢は、他方で、批判を許す余地を残さないという姿勢も生み出すのです。

こうした姿勢が具体化するのが、FBIの組織作りに表れました。

高学歴のエリートを鍛え上げ、優れた組織にする、あるいは、指紋の収集に見るような科学的捜査方法の導入によって抜け目なく犯罪を立件できる組織にするといったフーヴァーの努力は、批判する材料を他者に与えないとする彼の姿勢によるところが大きいといえます。

フーヴァーという、どちらかといえば嫌悪感しか感じない歴史上の人物について、映画『J・エドガー』を通じてその私的領域も含めて具体的イメージを持って彼の人物像を把握することができるようになりました。

しかし、やはり彼の人種差別的な発言や卑劣な政治手法を見せつけられると、FBIという世界に名だたるエリート捜査機関を作り上げた歴史的功績が存在しても、嫌悪感が先立ってしまいます。

映画『J・エドガー』は、クリント・イーストウッド作品でありながらも、癒やしや救済よりも嫌悪感を感じさせる点でどこか違和感を感じさせる作品でした。

まとめ

レオナルド・ディカプリオ主演映画『J.エドガー』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、J.エドガーをU-NEXTで見てみる