ヒューマンドラマ

グラン・トリノの動画フル無料視聴 字幕や日本語吹き替えも見える【映画】

クリント・イーストウッド主演映画『グラン・トリノ』【監督:クリント・イーストウッド|原題:Gran Torino】(2008年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

グラン・トリノの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、クリント・イーストウッド主演映画『グラン・トリノ』字幕版および日本語吹き替え版のフル動画が見放題で配信されています。

映画好きからU-NEXTが選ばれる理由

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。5月22日から配信スタートしたレディー・ガガ主演で話題になった『アリー スター誕生』もポイントを使えば追加料金なしで見られますよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。一度、体験するとラクすぎて、きっとハマりますよ。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、クギづけになる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『グラン・トリノ』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年5月24日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

グラン・トリノはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【クリント・イーストウッド監督映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『グラン・トリノ』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

グラン・トリノのネタバレ感想と評価【クリント・イーストウッド主演映画】

映画『グラン・トリノ』は、1人の老人と隣家のアジア系少数民族の少年との交流を描いた物語です。

少年が老人の車を盗もうとしたことをきっかけとして交流が始まります。2人の交流は、周囲の人間から疎まれていた老人には友を、アメリカ社会においてアジア系少数民族として生きていくことの難しさを痛感していた少年には生きる希望を与えました。

しかし、物語は老人の死という悲しい形で結末を迎えます。にもかかわらず、映画『グラン・トリノ』を見終わった後には、悲劇としての悲しさを感じる一方で、生きることに対する強いエネルギーと希望を感じさせてくれる物語です。

主人公の老人ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)の人となりが物語の性格を決定しています。コワルスキーは朝鮮戦争に従軍し、銀星賞も受賞した戦争の英雄です。戦後はフォードの組立工として働き、二人の息子を育て上げました。

長年、連れ添った妻とは死別したばかりで、現在は1人での生活を始めたばかりです。朝鮮戦争は、アメリカ現代史において最も知名度の低い戦争であり、ほとんどの人がその存在を意識しません。

そのため、コワルスキーは戦争の英雄ではあっても、自身の国家への貢献が認められていないと感じています。他方で彼の住む家の周辺は、自動車産業の衰退による都市構造の変化によって白人の人口が減少し、マイノリティが数多く住む地域に変貌しました。

かつて、アジアの地で戦い、人種差別的思考を抑えることができないコワルスキーにとっては耐え難い環境です。また、生来の頑固さがたたり、息子たちとの関係も上手くいっていません。妻の死による孤独感の増大は彼をますます頑固で、誰にも心を開かない人間にしていきます。

こうした性格を持つコワルスキーが、隣家の少年タオ(ビー・ヴァン)に家や庭の整備を手伝わせるうちに、彼と心を通わせるようになりました。やがては、タオに仕事を紹介するなどの世話をするまでになります。

そして、最終的には自分の命を犠牲にすることで彼につきまとうギャングを追い払い、タオがまともな人生を送れるような道筋をつけてやるのです。コワルスキーがたびたび語るように、彼は戦争の英雄であっても、内心では数多くの敵兵を殺したことを後悔するなど、苛烈な戦争体験に今も苦しめられています。

何をやってもギャングの横やりが入り、人生が好転する気配が見えてこないタオの絶望的な状況を何とかしたいとコワルスキーが考えたのは、彼自身の戦争体験を通じてできたアジア系の人々に対する贖罪意識が大きかったのかもしれません。

また、タオを救うために自身の命を差し出すことを決意したのは、病気によって自分の命がもはや長くないことを悟っていたことに加え、息子夫婦や孫との関係が上手くいかず、一向に改善の兆しが見えないことなどに彼自身がウンザリし、もはや生きていても仕方がないと考えたからではないでしょうか。

しかし、コワルスキーは、息子夫婦など周囲の人間との間に軋轢を生んできた自分の頑固さについては後悔していません。彼は神父に対して、息子たちとの関係が上手くいかなかったことを懺悔します。

しかし、これはあくまでも神父に迫られ、その場しのぎで出た懺悔であるように思います。彼は自分の遺産を一切、息子家族には残しませんが、このことは彼自身、自分の頑固さが子どもとの関係を悪化させたことを自覚しているものの、それが誤りであるとは決して認めないことを意味していました。

自身の融通の効かない性格を悪いとは思わず、最後まで変えようとしない点に、コワルスキーの、人間として一本筋が通った姿を見ることができます。

映画『グラン・トリノ』は、こうしたコワルスキーの性格があるからこそ、彼の死がどこか神々しいものに映り、彼に見込まれたタオという少年の将来に喝采を送りたくなるのだと感じられる作品でした。

クリント・イーストウッドが監督した2010年の映画『ヒア アフター』は、死者との交流や死後の世界を取り扱っています。3人の主要人物のひとり、ジョージ役はマット・デイモンです。
ヒア アフターの動画情報とネタバレ感想

まとめ

クリント・イーストウッド主演映画『グラン・トリノ』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、グラン・トリノをU-NEXTで見てみる