ヒューマンドラマ

ハンドメイズ・テイルシーズン2第1話あらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

海外ドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン2第1話【ジューン】のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

また、ネットの反応や評価をまとめました。

ドラちゃん
ドラちゃん
シーズン2が配信されるのを待ってました。自由を勝ち取れるのか?

ハンドメイズ・テイルシーズン2第1話あらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

「目」の黒いバンに乗せられたオブフレッド(エリザベス・モス)。

彼女を待ち受けるのは希望か、それとも絶望か。

そんなシーンからシーズン2は始まります。

連れてこられたのはスタジアム。

ギレアド共和国において、スタジアムで行われるイベントは多くありません。

フットボールか救済の儀ですよね。

拘束された侍女を集めているのですから、残念ながらフットボールの可能性は消えました。

その事実を確認するかのように、広い絞首台にはずらりと並んだ絞首刑用のロープ。

オブフレッドを連れ出したのは、メーデーではなくて本当の「目」だったのですよ。

まるで勝ち誇るようなリディア小母の声が響く中、次々と首に縄をかけられる侍女たち。

もはや希望は断たれました。脱出の夢など叶わなかったのです。

号令と共にレバーが倒され、一斉に落下する侍女たち。

ただし、その落差は数センチ・・・。

ここまで全部が、リディア小母(アン・ダウド)の仕組んだ報復なんですよね。

「赤いセンター」の教官である小母だけでここまでのことをしかけられるとは思えませんが、目が協力する位の権力はあるようです。

リディアの戒めはこれで終わりません。

とにかく陰湿、とにかく残酷。

ちょっとした罪で腕を切り落とされるような国ですから、手を焼くなんて言うのは当たり前に行われていたのかもしれませんね。

侍女は子供さえ産めればよいので、ほかの部分に関しては有っても無くても問題ありませんから。

小母の残酷さも物凄いんですけど、それを上回るのがオブフレッドなんですよ。

背後で手を焼かれるオブロバート(ニナ・キリ)の悲鳴を聞き、同じ運命をたどるかもしれない侍女の列を正面に見ながら食事してます。

オブフレッドは、原作よりも相当したたかな女として描かれていますね。

回想シーンで「バンコール夫人」と呼ばれて「ジューン・オズボーン」と言い直しているあたりにも、気の強さが出ています。

彼女が自由をもぎ取るシーンとして強烈なのが、電子タグを外すところでしょう。

侍女は、その証として耳に結構大きなタグを打たれています。

電撃を加える棒と相まって、まるで家畜の様ですね。子を産むための家畜です。

そんな家畜のオブフレッドが人間のジューンに戻る瞬間は、出産を思わせるような血と共に描かれています。

このシーンは、痛々しいなんて言うものじゃありません。

一回でうまく取れないので、意を決して、またハサミを入れる・・・、ここはもう、直視するのがつらいですね。

気付くと、手を握りしめて見てましたから。

赤い服を燃やし、赤い血にまみれながら、一人の人間として立ち上がったジューン。

彼女が無事にギレアドから脱出できるのか、反政府組織メーデーとどう関わって行くのかなど、ここからの楽しみが多い第1話でした。

さて、小説「侍女の物語」を読んだ方はお気づきと思いますが、ここからはドラマオリジナルの物語になります。

全く謎とされていたオブフレッドのその後をどう描くのか、ここらもしっかり見ていきましょう。

気になる次回は
ハンドメイズ・テイルシーズン2第2話【不完全女性】

ハンドメイズ・テイルシーズン2第1話のネットの反応や評価は?【海外ドラマ】

ドラちゃん
ドラちゃん
まさに、息詰まる展開でしたね。呼吸するのを忘れないようにしなくちゃ。

カバ吉くん
カバ吉くん
ドラマだとわかっていても、ハラハラドキドキしてしまうぞ。早く、つづきが知りたいっ。

まとめ

海外ドラマ『ハンドメイズ・テイル』シーズン2第1話【ジューン】のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

後半では、ネットの反応や評価をまとめてあります。

ひきつづき、シーズン2第2話以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。
>>ハンドメイズ・テイルの動画を無料視聴するなら詳細はこちら<<