ヒューマンドラマ

42 世界を変えた男の動画フル無料視聴 huluやNetflixで見える?【映画】

映画『42 世界を変えた男』【監督:ブライアン・ヘルゲランド|原題:42】(2013年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

42 世界を変えた男の動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『42 世界を変えた男』のフル動画が見放題で配信されています。

U-NEXTとhuluは、日本語吹き替え版および字幕版ともに見ることができるので、とてもありがたいですよね。残念ながら、Netflix(ネットフリックス)では動画配信していません。

映画好きなら外せないU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、無くてはならない動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『42 世界を変えた男』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年4月5日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

42 世界を変えた男はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『42 世界を変えた男』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

42 世界を変えた男のネタバレ感想と評価【映画】

映画『42 世界を変えた男』は、黒人初のメジャーリーガーであるジャッキー・ロビンソンの活躍を描いた作品です。

第2次大戦直後の人種隔離政策が公然と行われていた時代にあって、黒人メジャーリーガー第1号として、ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)はフィールドの内外で様々な差別を受けるにもかかわらず、それに屈せず克服していきます。

そして、メジャーリーグ1年目の終わりには、少なくともチームメイトや彼が所属するブルックリンドジャースのファンからは尊敬も集めるまでになりました。

映像では語り尽くすことのできないおびただしい数の苦労があったことをうかがわせる作品ですが、説教じみたトーンは抑えめであり、そのことが逆に本作のメッセージ性を強めているように感じます。

また、映画『42 世界を変えた男』をロビンソンという1人の孤高な人間の生き様として見た場合、人種差別にとどまらない人間の生き方に対する教えや戒めを与えてくれるのです。

差別とその克服が本作の中心的なテーマになっていますが、そこで強調されているのが、差別に対して怒りを持って報いてはならないことでした。たとえば、フィラデルフィア・フィリーズとの対戦において、ロビンソンはフィリーズの監督から口汚く野次られます。

その野次は周囲で聞いている人間にとっても不快な差別表現を含んでおり、ロビンソンは完全に意気消沈してしまいました。しかし、こうした手を出してもおかしくない状況でありながらもロビンソンは決して力で反撃しようとはせず、寡黙に打席に立ちます。

野次に対して暴力で対抗し、相手を打ち負かすことは簡単です。それをやってしまえば、一時の個人的な溜飲はさげることができるかもしれません。けれども、人々の幅広い支持を得ることは難しくなってしまい、結果として人種差別撤廃の実現からは遠のいてしまいます。

そのため、ロビンソンは暴力で報いるのではなく、野球の実力で相手を打ち負かすことに専念しました。寡黙にプレーに集中し、好成績をあげることでチームに貢献するのです。こうした彼の姿にやがて人々は喝采を送るようになり、ロビンソン自身も尊敬を集める存在となっていきます。

こうした「右の頬をなぐられたら、左の頬をさしだせ」というロビンソンの姿勢を徹底させたのが、ドジャースのオーナーであるブランチ・リッチー(ハリソン・フォード)です。

リッチーはロビンソンをドジャースに入団させた張本人でした。その背後にはリッチー自身は白人でありながらも、若いときに経験した黒人チームメイトの受けた人種差別に対する嫌悪感から人種差別を撤廃したいという思いがあったのです。

これに加えてチームを強くするためなら人種は関係ない、あるいは、黒人選手を受け入れることにより、黒人観客の動員を期待できるというビジネス的なセンスが大きく影響していました。

この社会正義実現に加え、チーム力と観客動員力の向上という球団経営上の動機があったからこそ、ロビンソンの紳士的な態度を一貫させることができた大きな要因だと思います。ただ、正義の実現のためだけでは中々、周囲の人間を納得させることが難しいからです。

黒人選手の第1号であることは、球団経営の上では決して失敗が許されない試みでありました。だからこそ、ロビンソンのような野球の実力と分別をわきまえるだけのインテリジェンスを備えた選手が選ばれたのだと思います。

他方で若干ではありますが、差別する側の心理、差別の根深さも映画『42 世界を変えた男』では描かれていました。ある球場で、父と子がロビンソンの出場する試合に観戦に訪れます。父はロビンソンに対して容赦なく差別的な言葉でブーイングをしました。

最初は父の野次に不快感を感じていた子どもは、やがて父を真似してブーイングをするようになり、やがては、差別的な言葉が自然に口をついて出てくるようになります。差別の遺伝です。

こうした現象は、とりわけ南部で多いと思いますが、自然に差別が父から子へ、子から孫へと遺伝する、そこに理屈はなく、ただ漠然とした差別感情のみであり、やがて、それが体に染みついていきます。

こうして身についた感情は、なかなか改めようとしても改めることができないものです。人種差別の恐ろしさは、こうした差別感情の遺伝と定着であることをこのシーンは物語っています。

映画『42 世界を変えた男』は、肌の色の違いによる差別の理不尽さを説いているだけではありません。本作での人種差別のような、あまりに理不尽な仕打ちを受けたときに人はどのように対処するのか、その対処の仕方で、その人の本質が計られるのだということを説いています。

そして、人間の最も崇高な姿は、ロビンソンのように、ただ自身のストイックで超然とした姿勢を貫き続けることであり、こうした姿勢は、やがては正義を自らに呼び込むのだということを暗示しているように感じました。

今回のロビンソンとは、まったく違うマーベル・ヒーローとしてチャドウィック・ボーズマンが主演しています。アクションが好きな方にはおすすめです。
映画『ブラックパンサー』の動画情報とネタバレ感想

まとめ

映画『42 世界を変えた男』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、42 世界を変えた男をU-NEXTで見てみる