アクション

ヴェンジェンスの動画フルを無料視聴【ニコラスケイジ映画】

ニコラス・ケイジ主演映画『ヴェンジェンス』【監督:ジョニー・マーティン|原題:Vengeance: A Love Story】(2017年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『ヴェンジェンス』を見てみる

ヴェンジェンスの動画フルを無料視聴する安全な方法【ニコラスケイジ映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ニコラス・ケイジ主演映画『ヴェンジェンス』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が配信されています。

U-NEXT
Hulu ×
FOD ×
dTV
Amazonプライム
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2022年5月23日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ヴェンジェンス(映画)の動画配信を見るならU-NEXT

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

たとえば、リーアム・ニーソン主演映画『マークスマン』【監督:ロバート・ロレンツ】(2021年)が追加料金なしで見えます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

それに、新作は貸し出し中のことが多く、見れずにガッカリすることもありました。ネット配信は一度、体験するとラクすぎて、きっとハマりますよ。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとってテンション上がる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『ヴェンジェンス』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

ヴェンジェンスはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【ニコラスケイジ映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ヴェンジェンス』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ヴェンジェンスのネタバレ感想と評価【ニコラスケイジ映画】

映画『ヴェンジェンス』は、法によらずに犯罪者を制裁する刑事を描いた物語です。

被害者となるティーナ(アンナ・ハッチソン)は、独立記念日のパーティーから娘ベシー(タリタ・ベイトマン)と帰宅する際、4人組の男にレイプされてしまいます。

犯人はすぐに逮捕されたものの、被告側が敏腕弁護士を雇ったことなどにより、ティーナはまるで彼女が男たちを誘ったかのような事件の筋書きにされてしまったのでした。

そして、このことはティーナを追い詰め、犯人を告発する勇気、人間として再生する気力をも奪ってしまいます。

事件を担当した刑事ジョン(ニコラス・ケイジ)は、法の無力を感じ、犯人を法によらずに裁くことを決意し、次々と4人組を殺害していくのです。

映画『ヴェンジェンス』は単純な復讐劇なのですが、こうした作品の場合、物語の最後で、どれだけ観ている者がスカッとすることができるかどうかが大きなポイントになります。

報復感情を創り出す仕掛けとして、悪は徹底的に悪として描く、被害者が悪の前でどれだけ無力で絶望的な状況に置かれているのかが強調されるわけです。

本作でも、こうした流れは踏襲されています。

犯人の4人組は、ひたすら下品で無教養、野蛮な人間として描かれていました。

また、4人組のうち、2人の兄弟の母親や妹も、ティーナを恫喝するなど、いかにも下品さもありなんといった雰囲気の人間として描かれます。

さらに、狡猾で戦略に長けた敏腕弁護士ジェイ(ドン・ジョンソン)もティーナを悪者にするための世論操作を抜かりなく行うのです。

こうして、ひたすらティーナは追い詰められていき、精神的に崩壊しかかっていきます。

いわばティーナは徹底的に理不尽に追い詰められていくことになるのです。

他方で事件を担当する検事は、ジェイの策略の前に無力であり、ティーナは次第に検事に失望していき、裁判に協力する気力を無くしていきます。

また、ティーナの娘は犯人から直接、脅しを受けるなど、ティーナの家族も追い詰められていきました。

頼る者が頼りにならない中で、ティーナをめぐる状況がいかに絶望的であるかが強調されていきます。

以上を踏まえると、犯人たちがいかに唾棄すべき人間であるかがわかり、彼らに対して法によらない制裁が与えられてしかるべきであるという感情が盛り上がっていきました。

こうしたティーナの絶望を救うべく刑事ジョンが復讐に立ち上がります。

彼は次々と4人の犯人を殺していくことになるのですが、その動機が今ひとつ不鮮明であることが気になりました。

ジョンとティーナは以前バーで少し会話を交わした程度の仲です。

そのため友情や恋愛感情が犯人を殺す動機になるとは思えません。

また、作品冒頭でジョンの住む地域の治安の悪さが強調されています。

あまりの治安の悪化に、刑事としての正義感が刺激され、ジョンが立ち上がったという解釈はあるでしょう。

この正義感と被害者に対する同情心がジョンが犯人に制裁を加えることを決意した理由なのかもしれません。

しかし、ジョンの動機の部分が今ひとつ不鮮明であるがゆえに、復讐劇が完結したときの爽快感が今一つになってしまったように感じます。

さらに、犯人の殺害が、いずれもあまりに唐突に起こり、あっという間に終わってしまうことも爽快感が今ひとつであることの理由です。

静かなる復讐と言えば聞こえはいいのですが、そもそも『ヴェンジェンス』が現実にはあり得ないような物語の展開なので、最後の復讐劇もあり得ないような形でも良かったような気がします。

ダーティーハリーのような決めぜりふであったり、犯人との格闘があるなどしたら、スカッとする物語のエンディングが実現できたでしょうね。

そのため物語の起承転結のうち、「転」の部分までは順調にいったものの、「結」の部分が若干、物足りない印象をうける作品でした。

まとめ

ニコラス・ケイジ主演映画『ヴェンジェンス』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、ヴェンジェンスをU-NEXTで見てみる