アクション

トリプルX:再起動(映画)の動画フル無料視聴!吹き替えで見える?

ヴィン・ディーゼル主演映画『トリプルX:再起動』(2017年|原題:xXx: Return of Xander Cage|監督:D・J・カルーソー)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『トリプルX:再起動』を無料で見てみる

カバ吉くん
カバ吉くん
あのザンダー・ケイジが帰ってきたのだから、メチャ興奮したぞ。映画『ワイルドスピード』のドミニク役もいいけど、ヴィン・ディーゼルはザンダー役が似合うぜ。
ドラちゃん
ドラちゃん
凄腕スナイパーのアデル・ウルフ役を演じているルビー・ローズは、映画『ジョン・ウィック2』では、ジョンを狙う暗殺者アレス役で出演してるよね。

トリプルX:再起動(映画)の動画フルを無料視聴する安全な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ヴィン・ディーゼル主演映画『トリプルX:再起動』(2017年)のフル動画が日本語字幕版と吹き替え版ともに配信されています。

U-NEXT
Hulu
FOD ×
dTV ×
Amazonプライム
Netflix

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2021年10月27日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。

トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。

ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

そして、U-NEXTでは以下のシリーズ作品

  • トリプルX(2002年)
  • トリプルX ネクスト・レベル(2005年)

も見放題で動画を鑑賞することができます。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『トリプルX:再起動』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

トリプルX:再起動(映画)はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『トリプルX:再起動』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

トリプルX:再起動(映画)のネタバレ感想と評価

オープニングでは、中華がゆの店でギボンズ(サミュエル・L・ジャクソン)が新しいメンバーをスカウトしています。

どんなアクション俳優が出てくるのかと思いきや、なんとネイマール(ネイマール)が登場したのです。

偶然、入ってきた強盗に調味料入れか何かをキックでぶち当て、華麗に撃退。

「トリプルXへようこそ」になるのかと思ったら二人とも人工衛星の落下に巻き込まれるという、とんでもない展開になっていますね。

人工衛星の軌道を変えて落下させたのは、パンドラの箱と呼ばれる恐ろしい装置でした。

これを奪い返さないと、全ての衛星が恐ろしい兵器になってしまいます。

パンドラの箱を奪われるシーンで気になったのが、ワイヤーアクションです。

剣を持ったまま回転しつつ上昇したり、空中で静止したままケリを何発も放ったりするアレですよ。

ファンタジー映画で使う分には面白いんですけど、少しでもリアル寄りの作品に入ってくるべきじゃない演出ですよね。

一定速度で後ろに滑りながら銃を撃ちまくるシーンでは、悪い意味でのヤバさを感じました。

エクストリームアクションが売りのシリーズで、特撮を使ってしまうとは……。

特撮と言えば、この映画には、さらにとんでもないシーンがあるのです。

特殊な装備のバイクで水上のチェイスをするんですけど、合成が雑なおかげで気分が冷めまくりでしたよ。

これは全部カットした方が良かったんじゃないですかね。

しかし、特殊撮影をメインにしたシーンがが酷い出来のおかげで、本来のエクストリームアクションが光ってます。

この対比を狙って、わざとらしい特撮を組み込んだのであれば、まさに脱帽すべき演出でしょう。

ザンダー(ヴィン・ディーゼル)が初登場するシーンでは、ベースジャンプからフリースタイルスキー(しかも土の上)、加えてスケートボードのダウンヒル等、一気に見せてくれます。

特に凄いのは、生身で道路を逆走しながらのパルクール。

パルクール自体スピード感がありますけど、車が向かってくるおかげで、それが何倍にも跳ね上がってるんですよ。

チェイスを繰り広げる二人とも車にはねられるという、とんでもないオマケまで付いています。

他にもカースタント、銃撃戦、ガン=カタもどきや狙撃まで絡めたアクションが休みく続き、クライマックスのフリーフォールアクションへとなだれ込んでいますね。

自由落下状態は数十秒しか作れませんので、この長さのシーンを撮影するために何度、飛行機が急降下したのか考えるのも楽しいです。

この映画でも様々なシーンにCG合成が使われていますが、人間が演じるアクションというのは独特の高揚感がありますよね。

緻密な計算と打ち合わせ、何度も繰り返される練習、それでも付きまとう怪我のリスク。

こういうスクリーンの裏側を、意識せずに見ているからかもしれません。

努力や挑戦心を加味すれば、CGの技術がいくら発達しても生身のアクション映画は廃れないでしょう。

まとめ

ヴィン・ディーゼル主演映画『トリプルX:再起動』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、トリプルX:再起動をU-NEXTで見てみる