アクション

クリミナル 2人の記憶を持つ男の動画フルを無料視聴【ケビン・コスナー主演映画】

ケビン・コスナー主演映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』【監督:アリエル・ヴロメン|原題:Criminal】(2016年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

クリミナル 2人の記憶を持つ男の動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ケビン・コスナー主演映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』のフル動画が配信されています。

字幕版と日本語吹き替え版ともに視聴できるのはうれしいですね。

また、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

映画好きなら知らなきゃ損するU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

たとえば、4月17日からは日本で大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』が配信を開始しました。こういった最新映画も特典のポイントを使えば追加料金なしで楽しむことができますよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年4月19日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

クリミナル 2人の記憶を持つ男はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

クリミナル 2人の記憶を持つ男のネタバレ感想と評価【映画】

映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』は、脳に死者の記憶を移植するという近未来SF的要素と、米軍の核ミサイル発射を自在に操ることができるソフトウェアをめぐり、様々な組織が争奪合戦を展開するという国際謀略を描いた物語の2つの要素を楽しむことができる作品です。

たとえば、死者の記憶を他者の脳に埋め込んだ場合、死者が味わった死ぬときの痛みはどのような形で残るのかなど、記憶の移植から生じる様々な問題についてはあえて深くは語られていません。

国際謀略についても同様で、CIAに対抗する組織としてスペインの無政府主義者による組織が暗躍しますが、組織の詳細についてもさほど詳しくは語られません。

映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』は、こうした細かな点をあえて語らないことで物語のスピーディーな展開が可能になり、終始緊張感にあふれる展開になったのだと感じます。

ケビン・コスナー演じる主人公ジェリコ・スチュワートは、前頭葉が未発達で感情や社会性が欠落した、いわゆるサイコパスで、とにかく暴力的で罪悪感がなく、死刑囚として服役していました。

彼の脳に死んだCIA諜報員の記憶を移植し、この諜報員しか知ることができなかった、米軍の核ミサイルを自在にコントロールできるソフトウェアと、その開発者の所在を聞き出そうとすることがCIAの目的です。

暴力で物事を解決してきたため、ジェリコは、めっぽう腕力は強いですが、論理的思考ができないため、その行動は幼稚でした。しかし、死んだ諜報員の記憶を移植することで、諜報員の倫理観や諜報の技術もジェリコは習得することになります。

これにより、力と知恵を備えた完璧な諜報員ができあがることになったのです。

当初は暴力と狡猾さだけでしかなかったジェリコが、移植の結果、しだいに倫理観や正義感に目覚めていくのですが、やがて、その倫理観は、CIAのそれを超えていくことになります。

物語の終盤では、死んだ諜報員の妻子を守るために、自身の命を犠牲にするまでの倫理観をジェリコは持つようになりました。また、ソフトウェアに細工をすることによりスペインの無政府主義者を葬るほどの国を思う意識を持つに到ります。

この際、CIAは妻子を犠牲にしても構わないという姿勢でしたが、ジェリコはこうした倫理観を否定し、全てが上手く解決できるような方法を考え出す知性までも身に付けたのです。

死んだ諜報員がジェリコほどの倫理観を持っていたのか、あるいは他者の記憶を植え付けられたことで独自に自身の倫理観を発達させていったのかどうかが興味深いところではあります。

また、これほどの人間的変化が、ここまで容易にできてしまうことへの疑問も当然、出てきました。

けれども、そこには、CIAとスペイン無政府組織との対立にロシアが絡むという、新たな対立軸を持ち込み物語の緊張感を増大させることにより、あまり気にならない展開になっているように感じます。

映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』で、ケビン・コスナーという知性あふれるイメージの俳優がジェリコのような人物を演じるのは、あまりにイメージが違い過ぎると当初は感じました。

しかしながら、ジェリコ自身が知性や倫理観を身に付けていくことにより、役柄の持つイメージがケビン・コスナー自身のイメージに近づいていき、違和感は感じなくなったのです。

ケビン・コスナーが演じていること自体が、ジェリコの人間的変化の方向性を暗示しているという点では、物語の展開が読めてしまう恐れがありました。だけど、実際には先が読めない展開は最後まで続いており、ケビン・コスナーが演じていることは正解であったと感じます。

ビル・ポープ役で出演しているライアン・レイノルズが主演している映画『セルフレス/覚醒した記憶』は、今作品のように他人の記憶を移植する設定です。見比べてみると、おもしろいですよ。
セルフレス 覚醒した記憶の動画情報とネタバレ感想

また、クウェイカー・ウェルズ役のゲイリー・オールドマンは映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で第90回アカデミー賞主演男優賞を受賞しています。
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男の動画情報とネタバレ感想

まとめ

ケビン・コスナー主演映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、クリミナル 2人の記憶を持つ男をU-NEXTで見てみる