サスペンス

チェンジング・レーンの動画フルを無料視聴【映画】

ベン・アフレックとサミュエル・L・ジャクソンのW主演映画『チェンジング・レーン』【監督:ロジャー・ミッシェル|原題:Changing Lanes】(2002年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

チェンジング・レーンの動画を無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ベン・アフレックとサミュエル・L・ジャクソンのW主演映画『チェンジング・レーン』日本語字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

hulu(フールー)

U-NEXT(ユーネクスト)やdTV(ディーティービー)では、動画配信されていません。

huluは、すべての配信動画が見放題です。洋画だけでなく、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメなど種類も豊富にそろっています。そして、トライアル視聴できる無料期間が2週間あるんです。

つまり、トライアル期間内であれば、いつでも解約できますし、料金もかかりません(0円)。もちろん、簡単に解約できるので、安心して体験視聴できますよ。

>>huluで『チェンジング・レーン』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年8月20日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにて、ご確認ください。

チェンジング・レーンの動画はパンドラなどで無料視聴できないの?【映画】

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

>>『チェンジング・レーン』をhuluで快適に視聴する

チェンジング・レーンのネタバレ感想と評価【映画】

映画『チェンジング・レーン』は、朝の交通渋滞の中で起きた接触事故の当事者同士が繰り広げるいがみ合いと、それを通して浮き彫りになる生き方の問題をめぐる葛藤が描かれる物語となっています。

事故の当事者は若いながらも法律事務所のパートナーを務めるギャビン・バネック(ベン・アフレック)と保険外交員で2人の子どもの親権を取られそうになっているドイル・ギプソン(サミュエル・L・ジャクソン)の2人です。

彼らはそれぞれが裁判所に向かう途中で、バネックの無茶な車線変更がきっかけで接触事故を起こしました。事故現場にバネックが忘れた重要な書類をギプソンが手にしたことで2人の因縁が始まることになるのでした。

この書類がなければ弁護士として破滅を招きかねないバネックと、事故のおかげで子どもたちの親権を奪われ、怒りに震えるギプソンの間での戦いがサスペンス・タッチで描かれます。

映画『チェンジング・レーン』では、ふたりの戦いの過程で、バネック、ギプソンそれぞれが抱える問題が浮き彫りになっていきました。

バネックは、エリート白人特有のごう慢さと横柄さを持ち合わせ、強引に物事を進めていこうとするタイプです。自分のミスを嘘で塗り固め、その嘘を挽回するために深みにはまりこんでいきます。

他方で黒人のギプソンは、いわゆる正論にこだわるタイプで、何事にも白黒はっきりさせないと前へ進めないタイプです。そのため、これまで周囲の人間と様々なトラブルを起こしてきました。

彼の妻ヴァレリー(キム・スタウントン)はこうした彼のトラブルメーカーぶりに愛想を尽かして遠く離れた土地へ引っ越そうとしています。しかし、ギプソン自身は自分の性格上の問題を自覚しておらず、ひたすら自身が考える正義を実現しようとするタイプです。

こうした問題を抱える2人の争いは、人種の違いもあって互いを憎む心を増幅させていきます。

バネックの横柄さは、ハッキングによりギプソンを破産させる、あるいは警察に虚偽の通報を行ってギプソンを逮捕させるなど手段を選びません。他方でギプソンは、一言の謝罪もなく、ひたすら横柄さを前面に出して攻撃してくるバネックに対して、決して書類を返却しないという手段で対抗します。

しかし、バネックは重要書類に隠された事務所幹部の不正を知ったことをきっかけに、そしてギプソンは警察に連行された際に妻からかけられた言葉をきっかけに、自分が抱える問題に気付くことになるのでした。

バネックは幹部の不正をそのまま放っておいてよいのかという良心の痛みを、ギプソンは自身のトラブルメーカーぶりが全ての問題の元凶であることを突きつけられます。そして、双方が歩み寄ることにより、互いに謝罪、許し合うことで問題は終息に向かっていくのです。

バネック、ギプソン共にかなり問題のある人物で、互いに次に何をするのかわからないことが作品を緊張感あふれたものにしています。

しかし、映画『チェンジング・レーン』における2人の間に生じたトラブルが、ただ2人が憎しみあい、互いを攻撃するという単純なものとしてではなく、自分が人間として抱える問題に気付くきっかけとして描かれているため、通常のサスペンスとは一線を画す物語の展開になっていました。

程度の差こそあれ、バネックのような横柄さや、ギプソンが持つ杓子定規な性格を持つ人はどこにでもいますし、時には、この2つを持ち合わせている人間さえいるのです。やっかいなのは、こうした人間は自分の抱える性格上の問題に気付かないというのが、ほとんどの場合だといえます。

ありふれた日常の中で突然に起きたトラブルが何かに気付くきっかけとなるかもしれないこと、さらには自身の内面を常に振り返ることの大切さが描かれているため、映画『チェンジング・レーン』には深く考えさせられました。

まとめ

ベン・アフレックとサミュエル・L・ジャクソンのW主演映画『チェンジング・レーン』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、映画『チェンジング・レーン』をhuluで見てみる