サバイバル

ロック・アップ第2話のネタバレ感想 操り人形マカレナの決心【ドラマ】

スペインドラマ『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』(原題:Vis a vis)第2話【操り人形】のあらすじとネタバレ感想がまとめてあります。

前回の話はこちら
ロック・アップ第1話【最悪の日】

ロック・アップ第2話のあらすじとネタバレ感想【スペインドラマ】

第2話【操り人形】

ついに刑務所にいることを母親に告白したマカレナ(マギー・シバントス)。第1話では分からなかった彼女の罪も、今回、明らかになっています。

それが、詐欺、財産隠匿、資金洗浄、窃盗の4つ。窃盗の額は200万ユーロと、ヨランダの強盗にはおよばないまでも、かなりの大金ですね。

保釈金も高額で、なんと100万ユーロです。もちろん、マカレナ自身も両親も、そんな大金をポンと出せるような大金持ちではありません。母親は「家を3軒売っても無理」と言ってますから、そこそこお金はありそうですけれど。

刑務所の中で、マカレナはエステファニア(ベルタ・バスケス)の誘いをきっぱり断りません。そのせいで、エステファニアの元カノであるサライ(アルバ・フローレス)に目を付けられてしまうのです。

さらに、アナベル(インマ・クエヴァス)の頼みごとも聞き、麻薬の運び屋をやっています。麻薬を受け取るまでの展開は、結構スリルがありますね。

中庭にアクセスするカードを隠すシーンでは、エステファニアの助けを借りて上手くやった・・・と思ったら、あっさりカードが見つかっています。それでも知恵を絞って受け取りに成功するのですが、結局、身体検査で下着を下ろされ、麻薬は没収されてしまいました。

そして、マカレナは2週間の懲罰房送りになります。彼女が一番損な役回りじゃないですか。

マカレナは身を守りたい一心であちこちに良い顔をするのですけど、ソレ(マリア・イサベル・ディアス)いわく、「ムショで八方美人は駄目」なのだそうです。誰にでも媚を売る人間だと判断されたら、ムショ暮らしの間中、舐められっぱなしになるでしょう。

誰にでも媚を売るのは、誰の味方でもないのと同じことです。態度をハッキリさせれば敵が出来るかもしれませんけれど、確実な味方も作れます。

マカレナは、誰につくのか、何をして、何をしないのかを自分で決めなければなりません。そうでなければ、父レオポルド(カルロス・イポリート)の言う通り「操り人形」として生きることになるのです。

塀の外で何があったのかも語られますが、社長のシモン(ラモン・ラドス)にそそのかされるまま帳簿を改ざんし、現金を盗み出し、結局は罪を着せられてクルス・デル・スールに入ることになりましたよね。これが操り人形の末路です。

マカレナだって、ずっとそんな生き方をするつもりはありませんから、ようやく決心しました。しゃべってもしゃべらなくても殺されるのならば、事実をしっかり伝えてから死ぬべきだと。

これが良い判断かどうかは分かりません。スレマ(ナイワ・ニムリ)は密告に気付くでしょうし、もちろん、黙って許すはずがありませんから。これからマカレナの刑務所暮らしは危険な物になりますが、少なくとも誰かの言いなりになるよりマシな生き方が出来るはずです。

気になる次回は
ロック・アップ第3話【妖精が見る夢】

まとめ

スペインドラマ『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』第2話【操り人形】のあらすじとネタバレ感想をまとめました。

ひきつづき、第3話【妖精が見る夢】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

こちらに動画に関してまとめてあります。
>>『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』の動画情報