サバイバル

ロスト・バケーションの動画フル無料視聴 Netflixで見れる?【サメ映画】

ブレイク・ライヴリー主演映画『ロスト・バケーション』【監督:ジャウム・コレット=セラ|原題:The Shallows】(2016年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

ロスト・バケーションの動画フルを無料視聴する安全な方法【サメ映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ブレイク・ライヴリー主演映画『ロスト・バケーション』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が配信されています。

dTVは見放題ですが、U-NEXTの方はポイント扱いです。また、見放題サービスのNetflix(ネットフリックス)やhulu(フールー)では、動画配信されていません。だから、現時点では、見放題で鑑賞できるdTVがおススメです。

dTVには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるのはユーザーにやさしいシステムですね。

>>dTVで映画『ロスト・バケーション』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年8月30日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ロスト・バケーションはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【サメ映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ロスト・バケーション』の動画フルをdTVで快適に視聴する

ロスト・バケーションのネタバレ感想と評価【サメ映画】

映画『ロスト・バケーション』は、浅瀬の水面に少し突き出た岩場で身動きが取れなくなった主人公ナンシーが、執拗に追ってくる人食い鮫から、いかにして逃げ切れるかを描いた作品です。

ナンシーをブレイク・ライブリーが演じており、ビーチが舞台になっている作品であることから、ライブリーのスタイルの良さを前面に押し出した作品という印象を観る前には受けました。ところが、実際にはそうではなく、手に汗にぎる展開が楽しめる物語になっています。

ナンシーはサーフィンを楽しみに、ほとんど人が来ないようなビーチにやってきました。そのため、ほぼプライヴェートビーチと言えるような状態でサーフィンを楽しむのですが、ビーチのすぐそばに打ち上げられた鯨の遺体を狙う人食い鮫に追いかけられることになってしまいます。

ナンシーは浅瀬の岩場に逃れますが。他に逃げ場がありません。目と鼻の先にはビーチがあり、また少し離れた場所には航路標識のブイが浮いています。何とかなりそうで、どうにもならない状況に、いらだちますし、無力感にもとらわれるのです。

また、追ってくる鮫の執念深さと執拗さに怒りも感じました。映画『ロスト・バケーション』は、この助かりそうだけれども、かなりの奇策に打って出なければ助かることのできない舞台設定が、ナンシーの感情を容易に理解できるものにしています。

さらに、少し頑張れば逃げ切れるかもしれないと考えて水の中に飛び込むなど、誰もが考えるような選択肢をナンシーが実際に行うという展開も秀逸です。彼女は何回か一か八かの賭けに出て、水中に身を投じます。

水中には鮫がいて、自分を襲ってくる可能性が高いにも関わらず、鮫に追いつかれる前に目的を達成しようとするのです。一度はこの賭けに失敗し、彼女は鮫に噛みつかれて足に深傷を負ってしまいます。

他方で航路標識のブイまで移動することには成功し、このことを足がかりに鮫を撃退し、生還することに成功しました。彼女を助けようと岸から泳いで来た人すべてが鮫に殺されてしまうという絶望と孤独の中で、知恵と勇気を振り絞ることで生還したナンシーの姿には、助かるとわかってはいても、かなりホッとさせられる感動があります。

炎天下の海で、足に深傷を負い、陽の光を受けて弱っていくナンシーの変化も臨場感が伝わってきました。日に焼けて顔が腫れ、肌がボロボロになりながら、足の苦痛に悶絶するライブリーの演技は非常に迫力があります。

恐らく彼女の、場面ごとの巧みな表情の変化がなければ、映画『ロスト・バケーション』が与える絶望感や無力感と孤独はリアリティを持たなかったように感じました。

他方でナンシーがこのビーチにやってきた理由は、彼女の亡き母が昔、訪れたことがあるからというものです。絶望に負けそうになりながら何度も母の姿を思い浮かべてナンシーは力を振り絞ろうとします。

しかし、こうしたサイドストーリーは逆にナンシーという人物を母の思い出だけにすがる安っぽい人間という印象を強くしているために、逆効果であったように感じました。むしろ、ただひたすら生き残ることに必死な部分だけを描いていれば、もっとナンシーに感情移入できたように思うので、ちょっと残念ですね。

まとめ

ブレイク・ライヴリー主演映画『ロスト・バケーション』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、ロスト・バケーションをdTVで見てみる