SF

ジュラシックワールド炎の王国のネタバレ感想|ブルーが最高!【映画】

2018年7月13日(金)から映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国(Jurassic World: Fallen Kingdom)』が公開中です。

そんな映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のネタバレを含む感想を書いています。

そして、記事の後半では、主要キャストや日本語吹き替え声優をまとめました。

ジュラシック・ワールド/炎の王国のネタバレ感想!【映画】

ここからは、ネタバレを含んでいます。まだ、映画を見ていない方は、絶対に読み進めないでください。

予告動画

特別映像

3年ぶりに待ちに待ったジュラシックワールドの新作を見てきました。

冒頭から、期待を裏切らない始まり方です。

インドミナス・レックスのDNAサンプルを取るために、潜水艇が登場しました。実際に存在する乗り物なら、乗ってみたいですね。

インドミナスのDNAサンプルを得ることができましたが、モササウルスに襲われてしまいます。いきなり、モササウルスの登場に興奮しました。

その頃、陸上のバックアップ隊は、ティラノサウルス・レックスに襲撃されます。間一髪のところでヘリコプターに救助されたと思われました。

ところが、ここで前作のシーンをなぞるようにモササウルスが海中からガブリときたのです。

残念というよりも、モササウルスの出番に拍手したい気持ちになりました。

ロックウッド財団からの依頼でクレアとオーウェンが、再び、イスラ・ヌブラル島に恐竜たちを救助に向かいます。

まず、向かったのはヴェロキラプトルのブルーのところです。

ブルーは元気でした。実際には怖いでしょうけど、登場したときは懐かしさとともに愛着もあります。

ブルーはオーウェンのことを覚えているような、いないような感じです。

思い出したかのように大人しくなったところで、ブルーに麻酔銃を撃ちました。

そして、暴れるブルーが傭兵のひとりに撃たれてしまうのです。

ここで、抵抗しようとしたオーウェンも麻酔銃に撃たれてしまいました。

ロックウッド財団は、はじめから恐竜たちを救うのではなく、捕獲するためにきたのです。

そんな中、島の火山が活発化します。

逃げるオーウェンとクレア、ロックウッドに恐竜の群れや火山の爆発が襲いました。

ジャイロスフィアを使って逃げるのですが、このあたりは、ツッコミどころ満載です。

あのシーンで生き残るのは、かなり無理があると思いました。まぁ、映画として見れば楽しめますけどね。

それよりも、イスラ・ヌブラル島で印象に残ったのは、桟橋で置いてけぼりをくらった
アパトサウルスです。

「置いていかないでくれ~、連れて行ってくれよ~」

と言っているような悲しげな咆哮が、とても切なかったです。

今回の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、島中心ではなく、ロックウッド邸が、もう一つの舞台になっています。

イーライはロックウッドを裏切って、恐竜で金もうけを考えていました。

ロックウッド邸の地下で、恐竜のオークションを開催したのです。

そのオークションの最後に登場したのが、遺伝子組み換えで生まれたインドラプトルでした。

ここからは、恐竜たちの大暴れシーン満載で、ハラハラドキドキしっぱなしです。

悪い奴のケン・ウィートリーやグンナー・エヴァーソルがインドラプトルに襲われたのは、見ていて楽しめました。

ところが、それだけでは終わらないので、オーウェンやクレア、メイシーたちを攻撃します。

メイシーが自分の部屋のベッドに隠れているところにインドラプトルが入ってきました。

どうなるんだろうと思ったときに、オーウェンが助けにきます。

しかし、銃で攻撃するも歯が立ちませんでした。

そんな最大のピンチに登場したのが、ブルーです。

お決まりのパターンかもしれませんが、やっぱり感動しました。やっぱり助けにきてくれたんだねと。

ブルーは、自分よりも体の大きいインドラプトルに攻撃を続けました。

オーウェンやクレアも攻撃参加しますが、インドラプトルは頑丈で強いです。

どうやって倒すのかなと思っていたら、何度も登場した恐竜のはく製の上に落ちて、角が刺さって、インドラプトルは絶命しました。

まぁ、伏線といえば、伏線ですね。

ロックウッド邸の地下にガスが充満して、捕獲されていた恐竜たちが死にそうになります。

だけど、恐竜たちを解放すれば、人間が襲われる可能性が高いです。

さすがのクレアも助けるのを諦めました。が、メイシーが扉の解放ボタンを押して恐竜たちを逃がします。

同じクローンであるメイシーの気持ちを考えると、何ともいえないですね。

最後にブルーとオーウェンの絆が復活しますが、一緒にいることをブルーは拒んで、森の中に消えていきました。

エンドロールの後には、ビルの上で休むプテラノドンの姿がありました。

さて、次のジュラシック・ワールド3では、どんなストーリーになるんでしょう。

弱肉強食の世界ですから、人間は恐竜の餌です。共存共栄はできないと思います。

さらに、深いテーマの映画になるのかもしれませんね。

あと、サーファーのシーンにモササウルスが登場するので、襲われるのかと思いました。

ちょっと期待していたのですが、何もなかったのが残念ですね。

フル動画を見るならこちら
ジュラシック・ワールド 炎の王国の動画情報と評価

ジュラシック・ワールド/炎の王国の作品概要【映画】

2015年に大ヒットした映画『ジュラシックワールド』の続編です。

監督が前作のコリン・トレヴォロウからJ・A・バヨナになりました。もちろん、スティーヴン・スピルバーグは製作総指揮として参加しています。

ジュラシック・ワールド/炎の王国の主要キャスト

  • オーウェン・グレイディ(クリス・プラット)
  • クレア・ディアリング(ブライス・ダラス・ハワード)
  • ジア・ロドリゲス(ダニエラ・ピネダ)
  • フランクリン・ウェッブ(ジャスティス・スミス)
  • イアン・マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)
  • ベンジャミン・ロックウッド(ジェームズ・クロムウェル)
  • メイシー・ロックウッド(イザベラ・サーモン)
  • イーライ・ミルズ(レイフ・スポール)
  • ヘンリー・ウー(B・D・ウォン)
  • グンナー・エヴァーソル(トビー・ジョーンズ)
  • ケン・ウィートリー(テッド・レヴィン)
カバ吉くん
カバ吉くん
議会のシーンにジェフ・ゴールドブラムが出てきたのは、懐かしかったぞ。

ジュラシック・ワールド/炎の王国の日本語吹き替え声優は?

  • オーウェン・グレイディ(玉木宏)
  • クレア・ディアリング(木村佳乃)
  • ジア・ロドリゲス(石川由依)
  • フランクリン・ウェッブ(満島真之介)
  • イアン・マルコム(大塚芳忠)
  • ベンジャミン・ロックウッド(中田譲治)
  • メイシー・ロックウッド(住田萌乃)
  • イーライ・ミルズ(内田夕夜)
  • ヘンリー・ウー(近藤浩徳)
  • グンナー・エヴァーソル(高木渉)
  • ケン・ウィートリー(黒田崇矢)
ドラちゃん
ドラちゃん
石川由依さんといえば、アニメ『進撃の巨人』のミカサ・アッカーマン。ジアもミカサと同じ勇敢な女性なので、吹き替え版も気になりますね。

まとめ

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のネタバレ感想を書きました。

また、記事の後半では、主要キャストや日本語吹き替え声優がまとめてあります。