SF

ジュラシック・ワールド 炎の王国の動画フル無料視聴 huluで見える?【映画】

クリス・プラット主演映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』【監督:J・A・バヨナ|原題:Jurassic World: Fallen Kingdom】(2018年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

ジュラシック・ワールド 炎の王国の動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、クリス・プラット主演映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』(2018年)日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が配信されています。

残念ながら、新しい映画のため、ポイント制や有料レンタル扱いです。また、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

ただし、映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の動画をフルで見る良い方法があるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル特典には31日間無料で見放題だけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

そのポイント600円分を使うことで、『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の動画フルを追加料金なしで視聴可能です。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができます。一度、使ってみると、その便利さに衝撃を受けるはずです。

だから、今ならU-NEXT(ユーネクスト)で見るのが狙い目でしょう。

>>U-NEXTで映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』を鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年6月16日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ジュラシック・ワールド 炎の王国はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。ときおり、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。画質や音質のレベルが低く、ウイルスに感染する恐れもあるのです。ですから、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ジュラシック・ワールド 炎の王国のネタバレ感想と評価【映画】

前作『ジュラシック・ワールド』が遺伝子操作により創造された手の付けられない恐竜がジュラシック・ワールドで暴れ回る物語でした。

ところが、今回の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は恐竜が金儲けの手段として取引の対象となり、恐竜をめぐる人間の腹黒さや、今日に蘇った恐竜はどのように生きていくべきなのかがテーマの物語となっています。

そのため、前作とは若干、物語のトーンが異なり、恐竜対人間よりも、恐竜を金儲けの手段として利用しようとする腹黒い人々対恐竜を絶滅から救おうとする人々の対抗が物語の中心となっており、前作よりも物語に深みを感じさせる作品です。

物語が始まる前提として、ジュラシック・ワールドが存在する島の火山が噴火し、生物が生き残ることができない状況になってしまいました。ここで、島で暮らす恐竜たちを見殺しにすべきなのか、あるいは、恐竜たちを別の島などに移送することにより救済すべきなのかという議論が主にアメリカの議会で発生します。

そして、物語は恐竜を移送するプロジェクトが中心に描かれるのかと感じられました。しかし、物語は一転し、恐竜を絶滅から救うために別の島へ移送するプロジェクトが、実は恐竜を観賞用や軍事用にオークションにかけることで巨万の富を築こうとする一味による陰謀であることが明らかになります。

いわば悪徳恐竜商人と、それを阻止しようとする人々の対決の物語へと変質していきました。

人類自らがバイオテクノロジーによって再生した恐竜が絶滅の危機に瀕した時に、恐竜を救うべきか否かは白黒付けがたい難題です。恐竜を現代に生き返らせたのは人類なのに、その責任を放棄して恐竜を見殺しにすべきではないという意見もあります。

あるいは、現代の世界で隔離された島以外に恐竜が生きていく場は世界に存在しないので絶滅するにまかせるべきである、といういずれの議論にも説得力があるからです。

しかし、こうした議論に基づいた物語が展開するよりも、悪徳恐竜商人とそれを阻止する人々という対抗に物語の図式を変質させたことは、善悪の区別をはっきりさせることができ、物語がよりわかりやすく、エンターテイメント性に富んだものにすることができます。

さらに、こうした勧善懲悪的な性格をはっきりとさせるために、恐竜を金儲けの手段として利用しようとする人々は、どこまでもサディスティックで利己的な人間として描かれていました。

例えば、恐竜移送の責任者ケン・ウィートリー(テッド・レヴィン)は、とらえた恐竜の歯を抜き、戦利品として持ち帰ろうとします。このあたりにも物語の構図をできるかぎりわかりやすくしようとする狙いが込められていました。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の物語の中心として描かれる恐竜は、ブルーと呼ばれる小型の肉食恐竜です。幼い時からジュラシック・ワールドの恐竜監視員オーウェン・グレイディ(クリス・プラット)に育てられたブルーは、彼と意思疎通をすることができるなど高い知能を持っています。

他方でブルーは凶暴で攻撃的な性格も持っており、これまで、たびたびオーウェンが他の恐竜から襲われた際に危機を救ってきました。本作では新たに最強の恐竜としてインドラプタルという遺伝子操作によって創造された恐竜が登場し、人間に牙をむきます。

オーウェンもインドラプタルに襲われるのですが、ブルーによって助けられるのです。オーウェンがどうしようもない危機一髪の時にだけブルーが登場し、身を挺してオーウェンを助けるという場面が何度かあるのですが、これには不自然さを感じてしまいます。

人間に都合の良い時だけブルーが登場するように思えてしまうからです。人間と恐竜の共生を考える場合、ブルーという恐竜は、唯一、人間と意思疎通ができる恐竜ですから、ブルーの存在は不可欠なのはわかります。

しかしながら、これまで何年も島に放置されてきたブルーが、突然、訪れてきたオーウェンに以前と変わらない親愛の情を見せることなどあり得ないと考えてしまうのが普通です。

そのため、人間にとって都合のよい時にだけブルーが登場すること自体に人間の身勝手さが現れているように見えてしまいます。オーウェンとブルーの関係をより丁寧に描く必要があったのではないでしょうか。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のエンディングでは、アメリカ本土に移送された恐竜たちが世界各地に移送されたり、施設から解放されたりしています。世界中に散らばった恐竜たちをどうするのかが次回作のテーマになるようです。

人類が創り出したと言ってもよい存在である恐竜とどのように人間が向き合うべきかというのは、本シリーズの一貫したテーマとなっています。おそらくそうしたテーマに1つの答えを出すのが次回作なのではないかと感じました。

前作を見るならこちら
ジュラシック・ワールドの動画情報とネタバレ感想

まとめ

クリス・プラット主演映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、ジュラシック・ワールド 炎の王国をU-NEXTで見てみる