サスペンス

パニック・ルームの動画フルを無料視聴 huluで見える?【映画】

ジョディ・フォスター主演映画『パニック・ルーム』【監督:デヴィッド・フィンチャー|原題:Panic Room】(2002年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

パニック・ルームの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ジョディ・フォスター主演映画『パニック・ルーム』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

U-NEXT(ユーネクスト)

現在のところ、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

映画好きなら外せないU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、無くてはならない動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『パニック・ルーム』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年6月15日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

パニック・ルームはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『パニック・ルーム』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

パニック・ルームのネタバレ感想と評価【映画】

映画『パニック・ルーム』は、強盗の侵入に備えて設置されていたパニック・ルームに逃げ込んだ母子と、パニック・ルームに隠されているものが狙いである強盗グループの間の息詰まる攻防を描いた物語です。

窮地に陥った母子がどのようにして生き延びるかが一番大きな見所ですが、そこに大きく影響するのが、フォレスト・ウィテカー演じる強盗グループの一人バーナムの存在になります。

ウィテカーは見るからに善人に見える俳優ですが、彼が強盗グループの一人に加わることにより、本作が単純な武装強盗と母子の野蛮な対決の物語ではないと思わせながら物語が進んでいくのがポイントです。

映画『パニック・ルーム』の序盤は、パニックルームに逃げ込んだ母子と、何としてもパニックルームを開きたい強盗グループの対決が中心になります。

外部との通信ができないパニック・ルームに閉じこもり、何とか外に助けを求めようとする母子と、パニック・ルームに隠された物を是が非でも奪いたい強盗グループが、パニックルームにガスを注入するなどして母子を攻撃しました。

ここで際立つのは、ジョディ・フォスター演じる母親メグの力強さです。じっとして、ただ危機が過ぎ去るのを待つ受け身の姿勢ではなく、ガスに火をつけて強盗グループに反撃するなど、かなり強気な姿勢を感じさせる母親という設定になっています。

離婚によってシングルマザーになったことや、糖尿病を患う娘サラ(クリステン・スチュワート)を守らなくてはならないという自負の強さがこうした攻めの姿勢を作っているように感じました。

また、パニックルームの内部の様子は、外から知ることができません。状況が見えてこない、ある種の不安感は強盗グループをより暴力的にし闇雲に攻撃しようとさせます。メグのこうした不安感につけ込もうとするスマートさも所々に見え隠れするのです。

外から開けることができないパニック・ルームの内部と外の攻防は、必然的に膠着状態に陥ります。物語の後半ではこの膠着状態が崩れ、メグがパニックルームから脱出、物語は新たな段階へ進みました。

強盗グループの仲間割れとサラの糖尿病の発作が出たことが、膠着状態が崩れたことの原因です。インシュリンを打たなければサラが重篤の状態に陥ってしまう切迫した状況下、メグの行動は、それまで以上に大胆になりました。

他方で強盗グループの仲間割れでは、主犯格のジュニア(ジャレッド・レト)が仲間のラウール(ドワイト・ヨアカム)によって殺されてしまいます。強盗グループ3人の中で一番の格下と考えられていたラウールの鬱屈した怒りが爆発した格好です。

これ以降、ラウールはその凶暴性を強く発揮するようになっていきますが、彼は強盗劇の凶暴な部分を一手に担っていきます。この新たな段階では強盗グループ対母子という対抗関係は変わらないのですが、バーナムとメグの間に奇妙な信頼関係ができてくるように感じました。

バーナムは、それまで以上にパニック・ルームの金に執着する一方で、サラにインシュリンの注射を打つなど、母子に対するある種の気遣いは変わらず見せています。戦いの場が家全体に広がり、バーナムとメグが初めて顔を合わせたことが、こうした奇妙な信頼関係ができあがった原因です。

そして、エンディングでは、金庫に隠された債券を家から持ち出し、逃げおおせるかに思われたバーナムですが、ラウールに襲われ危機一髪に陥った母子を救うためにバーナムは再度、家の中に戻ります。これによってバーナムは駆けつけた警察に逮捕されてしまうのでした。

強盗グループを見てみると、ジュニアとラウールが極めて暴力的で母子を殺すことに躊躇を感じません。ジュニアが殺されてしまうと、ラウールがジュニア以上の凶暴性を発揮し、母子、そして、助けに来たメグの前夫スティーブン(パトリック・ボーショー)を痛めつけます。

メグが母としての強さを発揮して、彼らを撃退するだけでも物語は成立しそうに思うのですが、ここにバーナムという人の良さそうなキャラクターが加わることで、物語の独自性が高まりました。

自らが逮捕されてまで母子を救おうとする倫理観の強い人間であるならば、そもそも、なぜ強盗に加わったのかという疑問が残ります。ところが、フォレスト・ウィテカーには、それくらいの自己犠牲を厭わないというイメージが強いため違和感はありません。

また、彼の存在が物語の持つ残忍さを軽減し、ほどよい緊張感と、サスペンスでありながらもヒューマニズムを感じさせる点で適役であったように感じます。

ジョディ・フォスターのサスペンス映画といえば、『羊たちの沈黙』も見逃せません。2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞しています。
羊たちの沈黙の動画情報とネタバレ感想

まとめ

ジョディ・フォスター主演映画『パニック・ルーム』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、パニック・ルームをU-NEXTで見てみる