ミステリー

フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿のネタバレ感想と考察【ドラマ】

ヨアン・グリフィズ主演海外ドラマ『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』のネタバレ感想と考察をご紹介いたします。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をまとめました。

フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿のネタバレ感想と考察【海外ドラマ】

『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』は、『ホーンブロワ』以来、滅多に主演してくれなかったイギリス人俳優ヨアン・グリフィズ主演のアメリカドラマです。

映画『キング・アーサー』を観てから、どっぷりヨアン・グリフィズにハマっている身としては、見逃せないドラマでした。

なかなか面白く見始めたのに、案の定シーズン1で打ち切り・・・。

アメリカドラマのイギリス人俳優が主演で、かつ、時代が複雑に絡み合う話は、ほぼ毎度打ち切りになるんですよね。

時代が複雑に絡み合う話って、やっぱりその後の展開が読めませんし、結末が知りたいんです。

それなのに、それなのに、第1シーズンで打ち切りなんて・・・、消化不良も良いところです。

それに、話によると、第2シーズン以降の構想も確立されていたそうで、OKサインさえ出ればいつでも撮影が再開できる状態にあるとか。

『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』ファンは、その話を聞きつけてか、いつも通り、続編の撮影再開を要請する署名運動を展開しました。

かなりの数の署名が集まったにもかかわらず、続編の願いは聞き入れられなかったようです。

『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』は、テーマの一つが「死」ということもあって、なかなか興味深いドラマだったんです。

しかし、ほとんどの疑問点に答えることなく打ち切りになってしまいました。

そういうこともあって、「良いドラマ」とか「あまり良くないドラマ」とか判断が付かないというのが正直な感想です。

一つ目の疑問、主人公は、なぜ不老不死になったのか?

これ、一番、重要な問題ですよね。

これに対する答えどころか、ヒントも示さないうちに打ち切りって、ちょっと詐欺ですよね。

二つ目の疑問、主人公以前に不老不死になったモーガンの敵アダム(バーン・ゴーマン)の目的は一体なんだったのか?

シーズン1の途中で、自分以外にも不老不死の人がいるらしいことが判明します。

シーズンの終わりごろで、その人物が判明するのですが、目的はさっぱりわからず終いでした。

「登場させる意味あったの?」ってツッコミを入れたくなるほど短い登場ですからね。

三つ目の疑問、殺されても生き返ってしまう、死なないことへの究明は?

モーガンは、自分が死なないことへの疑問に答えを出すために、監察医に転職し、死を研究しています。

その研究成果も知りたいですし、全人類の共通のテーマである「死」についての一つの考察というのを見てみたかったという気持ちが非常に強いです。

作れるのであれば、ぜひ、シーズン2を作って、しっかり話を完結させてほしいと思います。

この『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』に関しては、疑問点が大量に残りすぎて、ドラマそのものに対して凄いフラストレーションが溜まってしまいました。

ただ、ヨアン・グリフィズファンとしては、彼の抜群の演技力は十分に堪能できるドラマだったので、ワンシーズンだけでも観られて良かったです。

フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿での評価や反応は?【海外ドラマ】

カバ吉くん
カバ吉くん
早く、10月にならないかな。待ちきれないぞ。

『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』は、2018年10月8日(月)からBS258のDlife(ディーライフ)で放送が始まります。

まとめ

海外ドラマ『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』のネタバレ感想と考察をご紹介しました。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応がまとめてあります。

こちらに、主なキャストをインスタグラムやツィッターの画像と動画でまとめて、ご紹介いたしました。
>>ドクターモーガンのNY事件簿のキャストを画像と動画でまとめ<<