ミステリー

天使と悪魔の動画フルを無料視聴!吹き替えと字幕が見える【映画】

トム・ハンクス主演映画『天使と悪魔』【監督:ロン・ハワード|原作:ダン・ブラウン|原題:Angels & Demons】(2009年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

天使と悪魔の動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、トム・ハンクス主演映画『天使と悪魔』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

さらに、以下のシリーズ

  • ダ・ヴィンチ・コード(2006年)
  • インフェルノ(2016年)

も動画配信中です。

残念ながら、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

映画好きにU-NEXTをオススメする理由とは!

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。たとえば、映画『バイス』も追加料金なしで視聴できます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、ウキウキしたくなる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『天使と悪魔』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年10月14日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

天使と悪魔はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『天使と悪魔』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

天使と悪魔のネタバレ感想と評価【映画】

映画『天使と悪魔』は、歴史家ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が難事件を解決していくシリーズ第2弾です。

前作『ダ・ヴィンチ・コード』に関しては、こちらにまとめてあります。
ダ・ヴィンチ・コードの動画情報

ローマ教皇の死去後、次期教皇を決定するコンクラーヴェが開かれようとするバチカンで、次期教皇候補者のうち4名が誘拐され、さらには未知の物質である反物質を爆発させるという脅迫がバチカンにされます。

事件解決のためにバチカンに呼ばれたラングドンは、古文書やバチカン市内の様々な教会でのヒント等を駆使して事件を解決しようとしました。本作においても秘密結社の活動が物語の鍵となっています。

誰が味方で誰が敵かわからない状況が物語全体に強い緊張感をもたらし、謎解きの複雑さと相まって一瞬も目をそらすことができない展開になっているのです。

前作『ダ・ヴィンチ・コード』がイエス・キリストの末裔を探すことが物語の核心であったという点で、古代史の謎そのものが物語の核をなしていました。これに対して、映画『天使と悪魔』では、古代史の謎は、どちらかといえば誘拐された4名の枢機卿を探し出すためのヒントという位置づけであり、物語のうえでは脇役的な存在です。

誘拐された4名の枢機卿が1時間に1人ずつ殺害される、そして、最後には核兵器以上の破壊力を持つとされる反物質の爆発を何とかして阻止なければならないという、誘拐や脅迫への対応が物語の中心になっています。

比較的、時間に余裕を感じさせながらじっくりと史料を検討し事件を解決していく前作と比べると、余りに時間が制限されている本作は、スピード感という点では断然、前作を上回ります。しかし、その分、歴史上の謎を紐解いていくという空気は薄れてしまったのです。

歴史家という、現代的なスピード感あふれる時間の進み方とは無縁に思われる人物が、犯罪捜査というスピードを求められる現場に放り込まれ難題を次々と解決していく姿は、ラングドンを歴史家というよりも、歴史に造詣が深い刑事というイメージをもたらし、結果として、作品全体から知的探究心を刺激する要素が薄れているように感じます。

まず、4人の枢機卿を1時間に1人ずつ殺し、最後に反物質を爆破させるという脅迫のあり方、さらには1人目の誘拐事件の被害者にたどり着かなければ次の被害者を見つけることができないというヒントのあり方は、ある程度、物語の結末が予想できてしまう部分が残念です。

すなわち物語として、例えば誘拐された枢機卿のうち、最初の1人を無事に発見し、同時に犯人も逮捕して事件が解決するということはありえず、最後にラングドンが反物質を捜して右往左往しなければ物語が終わらないことが確実に予想できてしまいます。

このことは必然的に誘拐事件が無事に解決することはなく、誘拐された枢機卿が犠牲になることを意味します。誘拐された4人の枢機卿のうち、3人は胸に焼印を押されるなど、非常にむごたらしい形で惨殺され、凄惨なシーンが登場しました。

こうした凄惨さを強調した映像は、物語の結末が予見できてしまうことにより薄れる緊迫感を補おうという狙いも込められているのかもしれません。

前作『ダ・ヴィンチ・コード』との比較で言えば、人類がこれまで抱いてきたキリスト教のイメージに修正を迫る点で、かなり挑戦的なテーマが込められていましたが、『天使と悪魔』はそうした挑戦よりもスリリングな展開を重視している点が、謎解きものとして見る場合にはトーンダウンしました。

一方、サスペンスとして見るならば、前作以上の緊迫感を楽しめる作品だといえます。

まとめ

トム・ハンクス主演映画『天使と悪魔』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、天使と悪魔をU-NEXTで見てみる