ヒューマンドラマ

僕のワンダフルライフの動画フルを無料視聴 泣けるおすすめ映画!

映画『僕のワンダフルライフ』【監督:ラッセ・ハルストレム|原作:W・ブルース・キャメロン『野良犬トビーの愛すべき転生』|原題:A Dog’s Purpose】(2017年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

僕のワンダフルライフの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『僕のワンダフルライフ』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が配信されています。

さらに、同じラッセ・ハルストレム監督の映画『HACHI 約束の犬』【原題: Hachi: A Dog’s Tale】が見放題で視聴できます。邦画『ハチ公物語』をリメイクした映画です。愛犬家のリチャード・ギアが出演しています。

残念ながら、新しい映画のため有料レンタル扱いです。また、見放題サービスのHulu(フールー)では、配信されていません。

ただし、映画『僕のワンダフルライフ』の動画をフルで見る良い方法があるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル特典には31日間無料で見放題だけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。そのポイント600円分を使うことで、『僕のワンダフルライフ』の動画フルを追加料金なしで視聴可能です。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができます。さらに、レンタルしようと思った作品が他の人に借りられていて見られないってこともありません。なので、一度、使ってみると、その便利さに衝撃を受けるはずです。

今ならU-NEXT(ユーネクスト)で見るのが損をしない視聴方法になります。

>>U-NEXTで映画『僕のワンダフルライフ』を鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年9月24日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

僕のワンダフルライフはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『僕のワンダフルライフ』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

僕のワンダフルライフのネタバレ感想と評価【映画】

映画『僕のワンダフルライフ』は、前世の記憶を持ったまま何度も転生を繰り返す犬が主人公の物語です。

彼にとって初めての飼い主であるイーサン(ブライス・ガイザー、KJ・アパ、デニス・クエイド)と恋人のハンナ(ブリット・ロバートソン、ペギー・リプトン)が最後まで登場しますが、人間はあくまで脇役なのです。

最初は名もなき犬として生まれ、すぐに死んだりしています。イーサンとの出会いも結構ギリギリのタイミングでした。もし、彼が気付かなかったら、そして、母親が車の窓を割ってまで助けなければ、子犬は熱中症でこの世を去っていたでしょう。

イーサンは子犬にベイリーという名前を付け、共に成長してゆきます。パンクしたフットボールをフリスビー代わりにして、見事な連携技――バックボルト――もできるようになりました。

酒におぼれた父親のおかげで家庭は崩壊していますけど、イーサンはおおむね順調な人生を歩んでいますね。フットボールの奨学金が決まった彼が、ある事故のせいで足を怪我するまでは・・・。

イーサンは農業学校に進学するため、一旦、ベイリーと別れることになりました。ここでは、イーサンがベイリーにお気に入りのボールを預け、その隙に車で出発してしまうんですよね。健気に車を追いかけ、畑を使ったショートカットで追いつくベイリー。このシーンで泣けるかと言えば・・・実はそうでもありません。

なぜならば、犬のコメントがどことなく能天気なんですよね。ここでも「次はもうちょっとスピード落としてくれよ」みたいな感じになっています。警察犬のエリーとして”撃たれて”死ぬときも、「この”注射”は今までで一番痛い」という”Shot”ダジャレを披露してるんですよ。

単に能天気なだけでなく、声を担当しているジョシュ・ギャッドの演技はどちらかというと抑え気味に聞こえます。

実は、映画『僕のワンダフルライフ』が泣けそうなシーンで泣かせないのは、観客に対する”待て”なのです。

ベイリーとして”犬の目的”に目覚めた彼は、名前がエリー、ティノになってもイーサンのことを忘れていません。自分を飼う人に幸せと喜びを与えながら、ひたすらイーサンとの再会を願っています。

ワッフルズとしての犬生があまり幸せでないのは、高く飛ぶためにかがんでいるような状態だと思ってください。ワッフルズを捨てたあの2人が、できるだけ不幸になってくれれば良いのですが。

たっぷりと「待て」を食らったこちらとしては、すぐにでも涙腺をフル活動させる準備が整っています。そして、バディとしてイーサンに幸せを運んだ後、ベイリーとしての願いを叶えるシーンが涙腺決壊ポイントになるでしょう。

映画『僕のワンダフルライフ』は悲惨さで泣かせるわけでもありませんし、仰々しい盛り上げ方もしていません。静かに、じわじわと溜め込んだハートウォーミングな涙を、存分に流していただきたいですね。

長々と書いていますけど、感想は次の一言で十分かもしれません。

「良かったな、ベイリー」

2019年9月13日(金)から続編の『僕のワンダフル・ジャーニー』が公開されます。公開に先がけておこなわれる試写会について、こちらにまとめてご紹介しました。
僕のワンダフルジャーニーの試写会に応募する方法

まとめ

映画『僕のワンダフルライフ』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、僕のワンダフルライフをU-NEXTで見てみる