ラブロマンス

クイーンメアリーシーズン4第14話のネタバレ感想|ナルシスの復讐【海外ドラマ】

海外ドラマ『REIGN/クイーンメアリー』シーズン4第14話【憎しみの連鎖】(NHK的には第32話)のネタバレ感想とあらすじをまとめました。

記事の後半では、ネットの評価や反応をご紹介します。

前回はこちら
クイーンメアリーシーズン4第13話(NHK的には第31話)【悲劇の序曲】

クイーンメアリーシーズン4第14話のネタバレ感想とあらすじ【海外ドラマ】

第14話【憎しみの連鎖】

周りが全く見えていないシャルル

アンリ(ニック・スレイター)の挑発も表立っては少し落ち着いたフランスです。

しかしながら、シャルル(スペンサー・マクファーソン)はアンリをフランス宮廷から排除しようと手を尽くしています。まさか、自分の最愛の人ニコルの気持ちがアンリに傾いているとは知らずに・・・。

そんな中、どうやって話しをつけたのかは不明ですが、カトリーヌ(ミーガン・フォローズ)がスペインから条件付きでシャルルがフランス国王だと認めさせることに成功します。

その条件というのはスペインのフェリペ国王が選ぶ女性の中からシャルルの后を選ぶということでした。早い話しが両国で同盟関係を結べということです。

スペインの大使が候補者のポートレートを持って来ましたが、シャルルの心にはニコルしかいないので、どの人も欠点をあげるばかり・・・(当時は写真が無いので、お見合い写真代わりに画家に肖像画(ポートレート)描かせます)。

アンリ推しを辞めたスペインがどれだけ政治的に強くて重要か、シャルルにはわかっていないんでしょうね。

その隙にニコルはアンリと宮廷の外で逢瀬を楽しんでいましたが、ここでちょっとした事実が明かされます。アンリはニコルが寝ている隙に彼女のネックレスやイヤリング、コルセットなどをつけて女装するのが趣味だったのです。

彼は「女性のものを身に付けていると素の自分に戻れる気がする」とニコルに打ち明けます。

たしかにアンリの立場上、国や実の兄姉に振り回されるうえ、今日の味方が明日の敵という状態なので、変身することで素の自分が戻り心の平穏を保っていたのかもしれません。ニコルは、アンリの女装の趣味も受け入れます。

結婚相手を決めろと迫られたシャルルは、また現実から逃げ出したようでニコルと結婚すると宣言しました。ニコルとアンリは苦笑いの浮かない顔、スペインの大使は怒って帰国、カトリーヌは卒倒しそうになってます。

シャルル1人だけ気づいていない、この三角関係は一体どうなるのでしょう。スペインもまたアンリ推しに変わるのでしょうか。

ナルシスの復讐

メアリー(アデレード・ケイン)が城を追われたスコットランドでは、すぐに奪還するシーンから始まりました。フランスから戻ってきたときの武装衣装とは違い、スコットランドらしいタータンチェックをあしらった衣装になっています。

城を奪還すると何故かすぐにナルシス(クレイグ・パーカー)がやってきました。どうやらナルシスはローラを殺したノックス(ジョナサン・ゴード)とエリザベス(レイチェル・スカーステン)に復讐したいようで、このどさくさで何らかの手が打てると考えたようです。

メアリーはナルシスの気持ちも汲み、必ずノックスを捕まえて罪を償わせることを約束しましたが、彼には直接、手を下した証拠がありません。

そこでメアリーが城を追われた時にノックスについていた枢密院の方々を捕まえて白状させようとします。

その捜査は、また謝ってきたダーンリー(ウィル・ケンプ)に挽回のチャンスとして任せました。ところが、全員が集まったところで外から全ての出口を塞がれ焼き殺されてしまったのです。

証人を1人残らず失ったメアリーはノックスの仕業と睨みましたが、実はノックスもメアリーが知らないところで監禁されています。

ノックスの処刑ができないままナルシスがフランスに帰る時が迫ってきました。メアリーは有言実行できなかったが時間はかかっても必ずとナルシスに謝りますが、彼はすでに自分でケリをつけていたのです。

ノックスには拘束・監禁して彼のシンボルを切り落とすという方法を、エリザベスへは協力者を使って彼女の前で最愛の人ギデオン(ベン・グレンズ)を毒殺するという方法でした。

エリザベスの侍女ジェーンの手紙の相手はノックスではなく、ナルシスだったんですね。ナルシスとジェーンにはどんな関係があるかは今後、徐々に明かされそうです。

今回、ナルシスはローラ(アナ・ポップルウェル)の亡霊にとりつかれているようで、ダーンリーは最良の方法は死んだはずの恋人キーラが教えてくれるとおかしな発言をしています。

最愛の人を失ったこの男性陣はイタコなのでしょうか?とアホなことを考えてしまいました。

以上、【憎しみの連鎖】は終了です。

気になる次回は
クイーンメアリーシーズン4第15話【未来を担う者】(NHK的には第33話)

クイーンメアリーシーズン4第14話のネットでの評価や反応は?【海外ドラマ】

ドラちゃん
ドラちゃん
ノックスはわかるけど、ギデオンを標的にするとは思わなかった・・・。直接よりも間接的に心の傷を負わせたかったのかな。

カバ吉くん
カバ吉くん
そういう意味があったのか・・・、ただ、聞いただけでも、ゾクッとする処罰だわ。

まとめ

海外ドラマ『クイーンメアリー』シーズン4の第14話【憎しみの連鎖】(NHK的には第32話)のネタバレ感想とあらすじがまとめてあります。

記事の後半では、ネットでの評価や反応をご紹介しました。

ひきつづき、シーズン4第15話【未来を担う者】(NHK的には第33話)以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

クイーンメアリーの動画配信が始まりました。今なら、シーズン1からシーズン2まで一気見できますよ。
クイーンメアリーの動画を無料視聴するなら詳細はこちら