ヒューマンドラマ

ローン・サバイバーの動画フル無料視聴|日本語字幕や吹き替えも【映画】

マーク・ウォールバーグ主演映画『ローン・サバイバー』(2013年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

【予告動画】

ローン・サバイバーの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、マーク・ウォールバーグ主演映画『ローン・サバイバー』のフル動画が日本語字幕版と吹き替え版ともに見放題で配信されています。

今のところ、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。

ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

10月17日に配信スタートしたばかりの『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』も特典ポイントを使えば見えるんですよ。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『ローン・サバイバー』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2018年10月22日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ローン・サバイバーはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ローン・サバイバー』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ローン・サバイバーのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ローン・サバイバー』は、アフガニスタンにおけるアメリカ海軍特殊部隊シールズの失敗した作戦を描いた、事実に基づいた作品です。

アフガニスタンなど、近年、特殊部隊が活躍する機会が増えてきていますが、それに呼応するかのように映画でも特殊部隊を描いた作品が数多く創り出されています。

映画『ローン・サバイバー』も、こうした作品の一つに数えることができますが、他の作品と決定的に異なっていることあるんです。

それは、生存者1名という全くの失敗に終わった作戦を描いていること、さらに圧倒的に不利な戦闘における凄惨な現実を描いていることにあります。

いわば痛みを感じさせるという点で、他の作品と一線を画した映画であると言えるでしょう。

映画『ローン・サバイバー』の映像から読み取れる作戦失敗の原因は、一つは通信環境が最悪な場所へ偵察隊を送り込んだことです。

交戦法規を遵守しなくてはならないため、今日の兵士は、かつての戦争以上に臨機応変な行動ができません。

であれば通信確保により常に司令部とコミュニケーションを維持することは、かつてないほど重視しなくてはならない要素です。

しかし、本作においては通信が途絶した環境下で捕虜の処遇、救援要請が後手後手になってしまいます。

そのため、わずか4名の兵士が、限られた装備で圧倒的多数のタリバンの兵士と戦わなくてはならない状況になってしまいました。

もう一つの原因は、攻撃ヘリの不足により十分な援護態勢ができない中で救援作戦が行われたことです。

この結果、救援に向かった大型輸送ヘリも撃墜され、作戦は完全な失敗に終わります。

失敗が予見できる中で決行された作戦は、成功すれば武勇伝になり得るのかもしれません。

しかし、映画『ローン・サバイバー』のように、ものの見事に失敗に終わってしまった作戦における戦死者は浮かばれないように思います。

アフガニスタンにおける戦闘に結果を見出せない政府の苛立ちが、結果を急ぐばかりに無用な兵士の死を招いたことを暗に批判しているように感じました。

シールズといえばメンバー間の団結の強さで知られています。

この団結力の強さは、入隊訓練初期に行われる「ヘル・ウィーク」に見られる苛酷すぎる訓練で培われますが、作品冒頭に「ヘル・ウィーク」の映像が挿入されていました。

この映像のおかげで、アフガニスタンの戦場におけるシールズ隊員たちの団結の強さが際立ってきているのだと感じます。

また、映画『ローン・サバイバー』のエンディングにおいては主人公のマーカス・ラトレル(マーク・ウォールバーグ)が、自分は他者に生かされていることを回想していました。

こうした回想にもシールズの仲間意識の強さがしっかりと描き込まれているように感じます。

結果として、最精鋭の特殊部隊であるシールズ隊員たちの仲間を思いやる気持ちの強さが強調される効果をもたらしているのです。

このことは、作戦の失敗とそこから生じる一種の惨めさを相殺する、あるいは準備不足の作戦失敗を批判するという視点よりは、隊員の結束力の強さを印象づけることが優先されたと感じます。

タリバンと一戦交えてもラトレルを守り通した現地の村人に関しては、どう評価すべきなのでしょうか。

追われる人間は守り通さなくてはならないというパシュトゥーンの古くからの掟に従ってラトレルをかくまったことがエンディングのテロップで説明されています。

しかし、古くからの掟だけが理由ではないと感じました。

アメリカ兵をかくまったアフガニスタンの村人の話が物語の中心ではないので、致し方のない気もします。

映画『ローン・サバイバー』では、タリバンとの対抗関係やアメリカとの友好関係など、もう少し納得のいく説明が欲しいというのが正直なところです。

まとめ

マーク・ウォールバーグ主演映画『ローン・サバイバー』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、ローン・サバイバーをU-NEXTで見てみる