ヒューマンドラマ

ハンドメイズ・テイルシーズン2第5話あらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

海外ドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン2第5話【種】のあらすじネタバレと感想をまとめてあります。

また、ネットの反応や評価をご紹介しました。

前回の話はこちら
ハンドメイズ・テイルシーズン2第4話【愛人】

ハンドメイズ・テイルシーズン2第5話あらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

第5話【種】

たとえ地獄でも、人間が生きていくためには希望が必要です。

それは根を張り、葉を繁らせ、やがて人の心に花を咲かせるでしょう。

荒れ果てた心にだって、希望の種はきっと根付くはず。

などと言ってはみたものの、オブフレッド(エリザベス・モス)の心は最早、空虚です。

種を蒔く場所すらありません。

過去の侍女がしたためた手紙を燃やしてますし、受け答えはまるで機械の様になりました。

「はい、ウォーターフォード夫人」

「いいえ、ウォーターフォード夫人」

一事が万事、こんな具合ですから、さすがにセリーナ(イヴォンヌ・ストラホフスキー)も心配していますね。

ただ、彼女が心配しているのはオブフレッドではなく、お腹の子供ですけれど。

妊娠中に過大なストレスを受けたとあっては、胎児に何らかの影響が出てしまうかもしれません。

侍女は妻にとって煙たい存在ですが、オブフレッドが宿しているのは”セリーナの子供”であり、セリーナの希望なのですから。

しかし、オブフレッドの出血はどんどん酷くなっていきます。

彼女がトイレで出血を確かめるシーンがあるのですけど、ここで気になったのがトイレットペーパーの向きです。

アメリカでは、トイレットペーパーのホルダーに蓋が付いていないので気にしないらしいんですけど、日本人としては、どうしても奥に垂れているのが気になってしまいました。

まあ、そんなことよりもオブフレッドを心配しましょう。

残念ながら体調は限界に達したらしく、オブフレッドは外で倒れているところをニック(マックス・ミンゲラ)によって発見されることになります。

窓から落ちたみたいですけど、飛び降りを防ぐために少ししか開かないはずでは・・・。

ここで、話をコロニーに移しましょう。

ジャニーン(マデリーン・ブルーワー)は頭のネジがぶっ飛んでますから、どこか能天気に見えますね。

花の種を吹き飛ばすシーンなんて、まるで子供みたいです。

コロニーも完全な不毛の地というわけではないのでしょうが、生き地獄であることに変わりはありません。

そんな地獄の中で死にゆくキット(ノビー・エドワーズ)のため、結婚式を企画したジャニーン。

エミリー(アレクシス・ブレデル)は、この能天気さが頭に来たようで、ばれたら無事では済まないんだとジャニーンをなじります。

言い分はどちらも正しいんですけど、今回はコロニーの不完全女性に、ひと時の笑顔をもたらしたジャニーンの勝ちですね。

彼女が吹き飛ばした希望の種が、後々、大きな変化をもたらしてくれることを祈りましょう。

さて、病院で目覚めたオブフレッド。

彼女の子供は、もう・・・と思ったら、誰に似たのか相当、強い子みたいですね。

オブフレッドの中の種は、彼女の心にもう一度、火をつけたみたいです。

「あなたのこと、絶対に、ここでは育てない」と子供に語り掛ける彼女の目が示す事実は、たった一つ。

今ここに、ジューン・オズボーンが復活したのです。

気になる次回は
ハンドメイズ・テイルシーズン2第6話【流された血】

ハンドメイズ・テイルシーズン2第5話のネットの反応や評価は?【海外ドラマ】

ドラちゃん
ドラちゃん
ふり幅が大きいほど感情を動かすことができるけど、今回はキツかったですよね。次回、あの希望が、どれくらい大きくなるのか心配しつつも楽しみ。

カバ吉くん
カバ吉くん
そっか~、こういう方法があったか・・・。ドラマにのめりこみ過ぎたときには、オフショットを見て癒すことにするぞ。

まとめ

海外ドラマ『ハンドメイズ・テイル』シーズン2第5話【種】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

後半では、ネットの反応や評価をご紹介しています。

ひきつづき、シーズン2第6話以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

>>ハンドメイズ・テイルの動画を無料視聴するなら詳細はこちら<<