ヒューマンドラマ

TRUST/トラスト第3話のあらすじネタバレ|偽装誘拐までの軌跡【海外ドラマ】

海外ドラマ『TRUST/トラスト』第3話【甘い計画】のあらすじネタバレと感想をまとめてあります。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をご紹介しました。

カバ吉くん
カバ吉くん
ポール・ゲティ3世の緊張感の無さがスゴイよな。誘拐されているのに、自由気ままに生活できると思ってるんだから。
ドラちゃん
ドラちゃん
影絵遊びをしているところが可愛かったね。子供のころ、あんなことをして遊んでいたんだと思って、ほのぼのしてきちゃった。

前回の話はこちら
TRUST/トラスト第2話【聞き込み捜査】

TRUST/トラスト第3話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

第3話【甘い計画】

今回は過去と現在を行ったり来たりするエピソードなので、少し面倒です。

ざっと整理すると、ポール・ゲティ3世(ハリス・ディキンソン)が6,000ドルの借金を負います。

そして、その返済のために偽装誘拐を考え、シャレにならない犯罪者の手に渡ってしまうまでの話です。

最初は、シャレにならない犯罪者であるプリモ・ニッツート(ルカ・マリネッリ)の過去から始まっています。

この強盗シーンは、本当に徹底的ですね。

金目の物は全て盗み、証拠は、とにかく消し去ります。

仲間が自分の名前を呼んでしまったので、それを聞いた老夫婦を殺害しました。

もちろん、名前をばらす様な間抜けも生かしておきません。

薬莢は丹念に拾い集め、屋敷に火を放って証拠を隠滅しました。

犯罪慣れしているというより、天性の犯罪者と言う感じです。

話変わって6,000ドルの借金についてですけど、実はポールが作ったものではなかったんですね。

たしかに、「ゲティが払う」なんて自分から言うはずもありません。

ポールとつるんでいるマルチェロ(ルカ・タンガネッリ)、マルティーナ(ローラ・ベリーニ)、ユッタ(サラ・ベリーニ)の3人が、勝手にゲティの名前を出していたのです。

ポールは、この3人のことを、どう思っていたんでしょうか?

やっぱり大切な仲間でしょうかね。

でも、3人の側から見たら単なる金づるだったのかもしれません。

それを知ってなお、ポールは自由を感じさせてくれた3人を捨てられずにいます。

芸術とコカイン、そして性に溺れる毎日・・・。

そんな甘い生活が、ポールを縛りつけてしまったのでしょう。

彼らにお金を貸していたベルトリーニ(ジュゼッペ・バッティストン)は、他所から借りてまで”大富豪の孫の知り合い”に都合をつけていました。

しかし、その他所から返済をせっつかれて、とうとうキレてしまうのです。

期限は1週間。

ポールは母ゲイルに金を無心しますが、全く足りません。

それもそのはず、ゲイル(ヒラリー・スワンク)は養育費の支払いを元の旦那ポール・ゲティ2世(マイケル・エスパー)から打ち切られていたのです。

なけなしの金を集めてイギリスに渡った結果は、第1話で見た通り。

困り果てたポールが考えた起死回生の策こそ、偽装誘拐でした。

さて、この誘拐計画にポールの甘さが出ていますね。

とにかく甘いなぁと思ったのが、6,000ドルではなく600,000ドルを要求するつもりだったことです。

どうして、100倍も吹っ掛けたのかと言えば、マルティーナとモロッコで暮らしたいからでした。

必要な分だけで済ませるなら、親戚の所を回るだけで何とかなったはずなのに・・・。

そして、マフィアの本気度を全く舐めきっていたこともあります。

自分で考えた偽装誘拐なのに、わがまま三昧なんですよ。

ウロウロあちこち行きたがり、コカインの離脱症状で大騒ぎし、挙げ句の果てに逃げ出す始末。

業を煮やしたベルトリーニが自分を売るだなんて、考えてもみなかったのでしょう。

プリモの登場で、ようやく第1話のひまわり畑に話が繋がりました。

多分、ここまでがドラマの前置きですから、次回からはあまり回想シーンが挟まれなくなると思います。

優しいマフィアであるベルトリーニ亡き今、ポールを待つ運命は過酷なものになるでしょう。

気になる次回は
TRUST/トラスト第4話【誘拐ビジネス】

まとめ

海外ドラマ『TRUST/トラスト』第3話【甘い計画】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

そして、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をご紹介しています。

ひきつづき、第4話【誘拐ビジネス】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

動画に関する情報は、こちらにまとめてあります。
>>海外ドラマ『TRUST/トラスト』の動画配信を視聴する方法<<