ヒューマンドラマ

911 LA救命最前線第5話のネタバレ感想やあらすじとBGM【海外ドラマ】

海外ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』第5話【過去の呪縛】のネタバレ感想やあらすじをご紹介します。

また、ドラマ中で使われている音楽(BGM)もまとめました。

ドラちゃん
ドラちゃん
ボビーの過去が悲しすぎて、泣けちゃった・・・
カバ吉くん
カバ吉くん
アビーとバックが対面することになるとは思わなかったぞ。

前回の話はこちら
9-1-1:LA救命最前線第4話【最悪な一日】

911 LA救命最前線第5話のネタバレ感想やあらすじ【海外ドラマ】

第5話【過去の呪縛】

臨場感や緊迫感は、前回ほどではありません。

しかし、テンポの良さは抜群でした。

これだけ違った内容を、良く構成したと感心するほど楽しめました。

あらすじネタバレ

ボビーの背景のストリーがメインなので、少し重くなるかな?と最初は心配しました。

しかし、そこに明るめの内容を絡めて、重さを解消しています。

暗さを感じず、逆に深い内容だと思うくらいの仕上がりになっています。

言うならば、陰と陽の内容の中に、喜怒哀楽の表現がきちっとされています。

結婚式会場の床が崩れたことによる救急要請(多数死亡)

冒頭シーンは、インド系の人々が出てきての結婚式で、はじめ違った番組かと思ったほどです。

しかし、いきなり踊っている途中で、床が落ちるとは驚きました。

違法建築に加え、重量と振動に耐えれなかったのでしょうね。

5年前のボビーのアパートの火災通報(148人死亡)

ボビーの不注意からの失火と、違法建築による大火災です。

そして、この火事により、彼は家族を失います。これは、辛いですね。

自分の殻に閉じこもる理由が、分かる気がします。

また、結婚式会場の違法建築を行った大家に、彼が怒った理由も分かりました。

アビーの母親の行方探し(無事発見)

真剣に母親を探しているように、見えなかったのですが・・・。

アビーとバックが、ドライブデートを楽しんでいただけでは?と思いました。

しかし、観ていて楽しかったので良しとします。母親も無事だったことですしね。

高圧電流の流れるプールに取り残された少女の救出(救出成功)

アビーたちが、母親探しをしている途中で遭遇した事故です。

ここでの彼女の活躍は、お見事としか言いようがありません。

バックも感心していましたね。救命士顔負けです。

洗車ブラシに巻き込まれた男性の救出(救出成功)

ブラシに巻き込まれた男性の、録画を見て笑ってました。

無事で良かったものの、ボビーたちも大笑いしてましたね。

この事件が、ボビーの気持ちを解したのでしょうか?

自身の抱える問題を、隊員たちに告白する気になったようです。

911 LA救命最前線の登場人物

モヤモヤしていたボビーの過去が明かされます。想像以上に衝撃的な内容でした。

ボビー・ナッシュ(Bobby Nash)/ピーター・クラウス-救命隊のリーダー

彼の抱えている問題や精神状態が、かなり分かってきました。

また、他の隊員たちと、距離を置いていた理由も明らかになりました。

普通の人間では耐え切れないですよね?

あまりの衝撃に、画面を観を見ることを忘れ、考え込んでしまいました。

また、彼は抱える問題を、克服しようとしているのではない気がします。

彼は手帳に1から148の番号を書いています。そこに、助けた人たちの詳細を書き込んでいるのです。

これが148まで埋まれば、どうなるのでしょう?

彼には、何か別の目的があるように思えて、仕方がありません。

アビー・クラーク(Abby Clark)/コニー・ブリットン-緊急通報のオペレーター

「他人の緊急事態は得意だけど、自分のはダメ」という、彼女の言葉に納得です。

誰でも自分の事となると、焦って冷静さを失います。とはいえ、この事件の後の彼女は、何か輝いていました。

バックと初対面して、気分転換になったのでしょうか?

恋する乙女のようで、急に可愛くなりましたね。

エヴァン・“バック”・バックリー(Evan “Buck” Buckley)/オリヴァー・スターク-新人消防士

アビーに対して優しいと感心したのですが、下心もありました。

彼にとって、年齢差は関係なさそうです。魅力的だと感じる女性なら、誰でも良いのかもしれませんね。

ある意味、期待を裏切らない、彼の行動に安心しました。

なぜなら、彼から下心を抜くと、ただの救命士です。それでは、面白くなさすぎます。

ヘンリエッタ・“ヘン”・ウィルソン(Henrietta “Hen” Wilson)/アイシャ・ハインズ-救命士・消防士

同性婚をして、子供も育てています。

しかし、子供の養育権のことで、前の恋人と問題があったようです。そして、その恋人が刑務所にいて、仮釈放の保証人を頼みます。

正直なところ、ややこしい関係ですね。

とはいえ、目立った問題は、今のところ発生していません。

しかし、この流れだと何か起こる気がします。

アシーナ・グラント(Athena Grant)/アンジェラ・バセット-警察官

ドタバタが続くのかと思えば、収まったようです。

大人しく謹慎処分を受け入れ、内勤勤務をしています。娘のためにも、大人しくしたほうが良いと反省したのでしょう。

しかし、あれだけ騒がせておいて、もう終わりですか?

かなり期待していたのに残念です。視聴者側の気持ちとしては、完全に消化不良ですね。

ドラマのキャストに関する情報は、こちらにまとめてあります。
911 LA救命最前線のキャストを画像と動画でまとめて紹介

ドラマ中で使われている音楽(BGM)

今回は、4曲が使われていました。

Bhootni Ke (From “Singh Is Kinng”) – DALER MEHNDI/ダレル・メヘンディ(2008年)

インドミュージカル映画で使われていた有名な曲です。結婚式のダンスシーンで使われていました。

Grey – LETOYA LUCKETT/ラトーヤ・ラケット (feat. Ludacris/リュダクリス)(2017年)

アメリカの女性R&Bアーティストの曲です。ヘンとアシーナがバーで話している時に使われていました。

Do It Again – STEELY DAN/スティーリー・ダン(1972年)

全米チャート6位の曲です。ボビーの回想シーンの最初に使われていました。(車で薬を飲んでいるところ)

Bottom of the Deep Blue Sea – MISSIO/ミシオ(2017年)

アメリカのポップロック・ディオアーティストの曲です。アビーとバックが電話で話している時に使われていました。

第5話を観終わって感じたこと

構成力の高さに、今回も感心しました。

違った内容同士を、ほんとうに上手く繋げています。

簡単に言えば、各内容を単に並べるのでなく、切り刻んで並べ直しています。パズルのようなものですね。

各ピースの長さもちょうど良く、違和感を感じません。気持ちの良い流れを作っています。

また、社会問題の取り入れ方も絶妙です。観終わってからも、少し考え込んでしまいました。

内容の面白さだけでなく、次回はどんな問題を投げかけてくれるか、期待してしまいます。

気になる次回は
9-1-1:LA救命最前線第6話【バレンタインの悲劇】

まとめ

海外ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』第5話【過去の呪縛】のネタバレ感想やあらすじをご紹介しました。

また、ドラマ中で使われている音楽(BGM)もまとめてあります。

ドラちゃん
ドラちゃん
今回もチムニーは出てこなかったけど、どうなったのかな?
カバ吉くん
カバ吉くん
ヘンがトラブルに巻き込まれそうな予感がするぞ。

動画に関する情報は、こちらです。
>>海外ドラマ『911 LA救命最前線』の動画配信を無料視聴する方法