アクション

ウイスキー・キャバリエ第11話のあらすじネタバレ【海外ドラマ】

海外ドラマ『コードネーム:ウイスキー・キャバリエ ふたりは最強スパイ(Whiskey Cavalier)』第11話【スパイは大学生】(原題:College Confidential)のあらすじネタバレと感想がまとめてあります。

前回の話はこちら
ウイスキー・キャバリエ第10話【グッド・ウィル・ハンティング】

ウイスキー・キャバリエ第11話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

第11話【スパイは大学生】

ジェイ(ヴィール・ダース)が、またまた、ドライビングテクニックを見せつけてくれるのが、今回のオープニングです。

ラリーに参加しているのは趣味ではなく、当然、任務が絡んでいるから。バイオテロリストが乗った車をコースアウトさせて捕まえるのが目的です。

ところが、ちょっとド派手にぶつけ過ぎたせいで標的が大怪我をしてしまいます。心配したスタンディッシュ(タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ)が助けに向かいましたが、相手はテロリスト。彼は危うく殺されかけたところをジェイに助けられたのです。

諜報員としてはまだまだ甘さが残っているスタンディッシュも、きちんと現場で活躍できるようにならなくてはいけません。

今回の任務は大学への潜入ですが、いくらベビーフェイス(童顔)のウィル(スコット・フォーリー)でも大学生と言い張るのは無理がありますし、工学系の知識も不足しているのです。

北朝鮮からの留学生キム(キ・ホン・リー)と接触し、研究成果が兵器転用されるのを防げるのはスタンディッシュだけ。彼にとっては、初めて中心になる任務ですし、ウィルとフランキー(ローレン・コーハン)にとっては2人で行う初めての新人教育となりました。

サポートとして、ジェイとスーザン(アナ・オルティス)も講師の振りをして潜入。さらに、姪の世話から逃げ出したいレイ(ジョシュ・ホプキンス)がラグビーのコーチとして参加し、チーム全員でのキャンパスライフがスタートするのです。

今回は、やはりスタンディッシュが諜報員として成長する姿に注目しましょう。

当然のことながら、ウィルとフランキーの教育方針は正反対です。

ウィルは褒めて伸ばすタイプですし、フランキーは任務の重要性を叩き込むスパルタタイプ。ベビーフェイス(善玉)とヒール(悪玉)がパパとママの役割ですから、育てられる方のスタンディッシュは大変です。

最初は、いつもの軽い調子でキムに近づこうとしますけど、お堅い性格のキムには逆効果。それでもウィルとフランキーの協力を得て、何とかキムの心を開かせることに成功します。そして、最後には教育係2人も予想しなかった、任務を越えた友情を結ぶのです。

この成長物語は、本当に素晴らしい出来です。

そんなスタンディッシュの成長もどこ吹く風とばかりに、ジェイとスーザンは教授と学生のロマンスの覗き見に夢中。「仕事に集中しろ」と言ってやりたくなりますけれど、これってジェイがチームに溶け込んできた証拠ですよね。

最近はレイも露骨に避けられたりしませんし、そろそろチームとして成熟してきたと言えるでしょう。トラストとの対決も、これで、ほぼ準備が完了しました。

心配事といえば・・・、結構、似合っていたネイルにハマって、レイが妙な方向に目覚めたりしなければ良いのですけれど。まあ、その時はスーザンがカウンセリングをしてくれるでしょう。

気になる次回はこちら
ウイスキー・キャバリエ第12話【セカンド・チャンス】

まとめ

海外ドラマ『コードネーム:ウイスキー・キャバリエ ふたりは最強スパイ』第11話【スパイは大学生】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

ひきつづき、第12話【セカンド・チャンス】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。