アクション

トランスフォーマー/最後の騎士王の動画フルを無料視聴|吹き替えも【映画】

マイケル・ベイ監督映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』【原題:Transformers The Last Knight】(2017年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『トランスフォーマー/最後の騎士王』を無料で見てみる

ドラちゃん
ドラちゃん
ヴィヴィアン・ウェンブリー役のローラ・ハドックは、マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで主人公ピーター・クイルの母親メレディスとして出演しているよね。

トランスフォーマー/最後の騎士王の動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、マイケル・ベイ監督映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』のフル動画が配信されています。

日本語字幕版と吹き替え版ともに見られるのはうれしいですね。

U-NEXT
Hulu
FOD ×
dTV
Amazonプライム
Netflix

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2021年12月6日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。

トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。

ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

U-NEXTには、以下の『トランスフォーマー』シリーズ

  • トランスフォーマー(2007年)
  • トランスフォーマー/リベンジ(2009年)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年)
  • トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年)

も見放題で動画を鑑賞することができます。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

トランスフォーマー/最後の騎士王はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

トランスフォーマー/最後の騎士王のネタバレ感想と評価【映画】

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は、シリーズ通算5作目、第2部の2作目になります。

人類の歴史にロボット生命体が深く関わっており、これまでの作品同様に、ロボット生命体が知られざる影響を人類に与えているという設定が踏襲されていました。

本作では古代アーサー王とロボット生命体の関わりがメインに据えられており、アーサー王の騎士団の末裔だけが人類を救う鍵となる杖を扱うことができるというストーリーになっています。

古代史が持つ神秘性と、ロボット生命体という地球外生命との相乗効果により作品全体が壮大なファンタジーとなっているのです。

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』では、上述のようなアーサー王騎士団の末裔と、冴えない発明家イェーガーと彼に保護されたロボットたち、ディセプティコンという、いわば悪のロボット軍団、母国のサイバトロン星で洗脳され、人類に敵対するようになってしまったオプティマス・プライム、さらにアメリカ政府では空軍と、新設組織であるTRFというように、様々な集団と組織が登場します。

そして、ロボット軍団同士の対立にとどまらず、アメリカ政府内部での組織間対立などが存在するため、ストーリー自体が複雑になっており、展開を読みづらいというのが正直なところです。

あれもこれもと物語を盛り込みすぎた結果、ストーリーについていけなくなる場面がいくつかありました。

アーサー王という数多くの伝説を、これまで生み出してきた存在への注目は素晴らしく、大変ロマンを感じさせるものです。

ところが、これだけ物語がてんこ盛りになってくると、そうしたロマンを堪能する余裕もなく物語が展開していくのが残念に感じます。

これまでの作品でロボット側の主人公であるオプティマス・プライムがサイバトロン星へ行ってしまったという設定のため、イェーガー(マーク・ウォールバーグ)と彼のもとに集うロボットたちの存在感が薄くなってしまった感があるのです。

しかし、オプティマス・プライムの部下で、これまでのシリーズでも非常に重要な役割を担ってきたバンブルビーが、ロボットの新たなリーダーとなったことは、『トランスフォーマー/最後の騎士王』に、これまでとは異なる魅力を与えたように感じます。

バンブルビーは、斥候を得意とするロボットで、動きが非常に軽やかです。

また、オプティマス・プライムの命令に忠実であり、人間のボディ・ガードをしていたこともあり、人間との友情も大事にします。

しかし、いざ戦闘となると、恐ろしいまでに残忍になるのです。

どこかコミカルでありながらも勇敢で友情を重んじるバンブルビーがリーダーになったことにより、イェーガーのもとに集うロボットたちを親しみやすいキャラクターにしたように感じます。

前作では売れない発明家、『トランスフォーマー/最後の騎士王』ではスクラップ・ヤードの経営というように、現実社会においては、あまり浮かばれないイェーガーですが、人類の代表、そしてロボットの守護者として前作以上に存在感が増していました。

見果てぬ夢を追い続ける人という点で、イェーガーは決して成功者とは言えず、また世間からも見放された存在であるといえます。

こうした人物がロボットたちと出会ったことにより、人類の救世主として大活躍するといったところに、人間ドラマとして見た場合のトランスフォーマーシリーズの魅力があるように感じました。

アーサー王騎士団の末裔に『トランスフォーマー/最後の騎士王』では焦点があたっていることから、本作ではイェーガーのドラマにさほどの時間が割かれているわけではありません。

しかしながら、イェーガー自身に関する物語を、もう少し深く見たかったように思います。

まとめ

マイケル・ベイ監督映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、トランスフォーマー/最後の騎士王をU-NEXTで見てみる