アクション

トランスフォーマー/ロストエイジの動画フルを無料視聴|吹き替えも【映画】

マイケル・ベイ監督映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

ドラちゃん
ドラちゃん
ヒロインのテッサ役を演じているニコラ・ペルツは、ドラマ『ベイツモーテル』ではノーマンの同級生ブラッドリー・マーティン役だったよね。

【予告動画】

トランスフォーマー/ロストエイジの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、マイケル・ベイ監督映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』のフル動画が見放題で配信されています。

日本語字幕版と吹き替え版ともに見られるのはうれしいですね。

また、以下の『トランスフォーマー』シリーズ

  • トランスフォーマー(2007年)
  • トランスフォーマー/リベンジ(2009年)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年)

も見放題で動画を鑑賞することができます。

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。

ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2018年11月6日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

トランスフォーマー/ロストエイジはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

トランスフォーマー/ロストエイジのネタバレ感想と評価【映画】

『トランスフォーマー』シリーズ第4弾です。オプティマス・プライムをリーダーとするロボットたちは変わらず登場しますが、今作品から人間の登場人物が変わりました。

映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』では、マーク・ウォールバーグ扮する売れない発明家ケイド・イェーガーがロボットと手を組み、人類の危機を救うというストーリーとなっています。

これまでの3部作が少年とロボットの友情、少年の守護者としてのロボットというスタイルの登場であったため、実際は違うにしてもどこか子ども向けのロボット映画という印象を与えたことは否めません。

これに対して本作では、年頃の娘テッサ(ニコラ・ペルツ)までいる中年の発明家イェーガーとロボットが手を組むことから、だいぶ映画の印象は変わり、いわゆる大人のSF映画という性格が色濃く出てきているように感じます。

また、こうした物語につきものの、登場人物同士の恋愛も、イェーガー自身の恋物語が登場するわけではなく、このことが大人向けのタフなSF物語という性格を色濃くしているような印象を与えました。

一本の映画としては、やや長い時間の作品(上映時間:165分)で、ふんだんに戦闘シーンが盛り込まれています。その大きな特徴は、戦闘シーンに到るまでの感情の盛り上げ方にあるように思いました。

たとえば、最後の香港での戦闘シーンにいたるプロセスには、ロボットによって一儲けを企む軍産複合体の悪質さ、その企業によって仲間をバラバラにされたことに対するロボットたちの怒りが爆発し、軍産複合体によって人工的に作られたロボットとの間で激しい戦闘が繰り広げられます。

ロボット同士の戦闘であっても、いわゆる血みどろの戦闘が繰り広げられるため、痛みを感じさせる戦闘です。

しかし、それまでのロボットたちの間に積もり積もった怒りが一気に爆発するため、観ているものも、そうしたロボットたちの怒りに共感し容易に感情移入することできます。

激しい感情の伴う戦闘シーンがふんだんに盛り込まれているという点で、映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』は、かなり骨太な作品であるということが言えるのです。

他方でストーリーも、かなり凝ったものになっていると感じます。

サイバトロン星出身のロボット生命体が、実は有史以前の地球にすでに存在しており、人類の歴史と密接な関わりを持っていることが本作ではストーリーの大きな柱となっているのです。

こうした設定が物語のスケールを大きなものとし、物語全体を壮大なファンタジーとして輝かせています。

有史以前からロボット生命体が人類の歴史に大きな影響を与え続けているという設定は、登場するロボットたちを、ただのロボットではなく、一種の神のような人類の救世主であるかのように思わせ、ある種、壮大なスケールの叙事詩であるかのように感じさせてくれました。

次回作品はこちら
トランスフォーマー/最後の騎士王の動画情報

まとめ

マイケル・ベイ監督映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、トランスフォーマー/ロストエイジをU-NEXTで見てみる