アクション

ラン・オールナイトの動画を無料視聴 吹き替えと字幕が両方見れる【映画】

リーアム・ニーソン主演映画『ラン・オールナイト』【監督:ジャウム・コレット=セラ|原題:Run All Night】(2015年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

ラン・オールナイトの動画を無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、リーアム・ニーソン主演映画『ラン・オールナイト』のフル動画が字幕版と日本語吹き替え版ともに見放題で配信されています。

hulu(フールー)

huluは、すべての配信動画が見放題です。そして、トライアル視聴できる無料期間が2週間あります。

つまり、トライアル期間内であれば、いつでも解約できますし、料金もかかりません(0円)。もちろん、簡単に解約できるので、使ってみなきゃ損ですよ。

>>huluで『ラン・オールナイト』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年3月15日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにて、ご確認ください。

ラン・オールナイトの動画はパンドラなどで無料視聴できないの?【映画】

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

>>『ラン・オールナイト』をhuluで快適に視聴する

ラン・オールナイトのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ラン・オールナイト』は、酒に溺れ、周囲からは疎まれている年老いたマフィアが、命がけで息子を守る物語です。主人公の年老いたマフィアであるジミー・コンロンをリーアム・ニーソンが演じています。

冷静で知的なイメージの強い彼が老いぼれたマフィアを演じるのはイメージが違い過ぎると感じていました。ところが、知性や冷静さの裏返しとしての冷酷さや残忍さが前面に現れており、意外にこうしたアウトローの役にも適していると感じます。

また、高層アパートが火災に包まれる中での格闘戦など、斬新なアクションも多数、登場していることや、マフィアのボスとジミーとの関係、あるいはジミーの立ち回りに見るようなプロットの巧みさなど、見所が非常に多い作品です。

映画『ラン・オールナイト』には、ジミーと彼の息子マイク・コンロン(ジョエル・キナマン)、そして、マフィアのボスであるショーン・マグワイア(エド・ハリス)と彼の息子ダニー(ボイド・ホルブルック)という、2組の父子関係がクローズアップされます。

マイクはダニーによる殺人事件を目撃してしまい、口封じのためにダニーに殺されそうになりました。ジミーは間一髪のところでダニーを殺すことでマイクを救い出します。しかし、ボスの息子を殺したことでジミーとマイクは命を狙われることになってしまうのです。

父でありボスでもあるショーンの言うことを聞かず、ヘロイン取引に乗り出そうとする、あるいは、マイクを殺すなと言われたにもかかわらず、マイクを殺そうとするダニーの行動には、組織の掟から見れば相当に問題があり、ジミーが彼を殺害したこともしょうがないといえます。

にもかかわらず、息子の非を認めず、ひたすらジミーとマイク父子を殺そうとするショーンの意識には、やられたらやり返すという組織のルールが影響しているのかもしれません。

または、何があっても息子の仇はとらなければならないとするショーンなりのルールがあるのでしょう。いずれにしても、わがまま放題で自業自得とも言うべき息子の死の復讐に狂奔する父の姿というのは、マフィア独特の父子関係を象徴しているのかもしれません。

他方でジミー父子も大いに問題のある関係です。マイクは、マフィアである父を嫌悪し、現在も自分の妻や子どもに会わせようとしない、あるいはダニーとのトラブルに巻き込まれた時も、父の助けをかたくなに拒むなど、父と子としては最悪の関係です。

自分の人生から父を追い出したいとするマイクの心情は、家庭を顧みなかったジミーのそれまでの行動に照らせば、十分に納得できるものですし、相当のわだかまりがあるのも当然と言えるでしょう。

こうした冷え切った関係が、ジミーがマフィアや警察からの追求からマイクを守ったことで回復したのかと言えば、そうとも言えない形で終わったのが、映画『ラン・オールナイト』のおもしろさだと感じます。

最後の場面で、ジミーはマイクを銃撃しようとした殺し屋を撃退しますが、自身も死んでしまいました。父と子の和解を図る会話はなくジミーは死んでしまうのです。

そして、マイクの家にはジミーの遺影が飾られることとなるのですが、そこではマイクが父に対する尊敬や愛情を回復させたのかどうかは語られません。

少なくとも写真を家に飾る程度には関係が修復したと見ることはできますが、マイクの内面がどうとらえているのかは不明です。したがってマイクの父に対する思いはいくらでも解釈できるように設定されています。

映画『ラン・オールナイト』は、関係を修復させるような安っぽいセリフのやり取りを避けた点で、物語に深みが出ているように感じました。

ちなみに作品冒頭では銃に撃たれたジミーが自身の人生を後悔するシーンから始まり、なぜそうなったかに関する回想という形で物語に入っていきます。

このことは、ジミーが瀕死の重傷を負う、あるいは、死んでしまうことがある程度は予想が付く形で物語が始まることを意味しているのでしょう。さらには、ひょっとしたら、この銃で撃たれた後に何か突拍子もないことが起きるのではないかという期待感を持たせる意味も持ちます。

瀕死の重傷を負いながらも、マイクを救うために最後の力を振り絞り殺し屋を撃退するシーンがこの後に続くことからもわかります。

予想できる展開ではあったものの、父親としてジミーが考えられないような力を振り絞る奇跡は、後に見られる写真を通じて父子関係の修復のあり方を解釈する上では欠かせないものであったように感じました。

2018年公開の映画『トレイン・ミッション』は、ジャウム・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンが4度目のコンビを組んでいます。走行中の列車が舞台のサスペンス映画です。
映画『トレインミッション』の動画情報とネタバレ感想

まとめ

リーアム・ニーソン主演映画『ラン・オールナイト』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、映画『ラン・オールナイト』をhuluで見てみる