アクション

エージェントライアンの動画フルを無料視聴!吹き替えも見れる【映画】

クリス・パイン主演映画『エージェント:ライアン』(2014年|原題:Jack Ryan: Shadow Recruit|監督:ケネス・ブラナー)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、あらすじネタバレや感想をまとめました。

今すぐ、『エージェント:ライアン』を無料で見てみる

エージェントライアンの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、クリス・パイン主演映画『エージェントライアン』のフル動画が配信されています。

字幕版、日本語吹き替え版ともに視聴できるのはうれしいですね。

U-NEXT
Hulu
FOD ×
dTV
Amazonプライム
Netflix

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2021年9月22日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。

トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。

ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『エージェント:ライアン』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

エージェントライアンはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『エージェントライアン』のフル動画をU-NEXTで快適に視聴する

エージェントライアンのあらすじネタバレと感想【映画】

『エージェント:ライアン』は、トム・クランシー原作のジャック・ライアンシリーズの映画化作品です。

そして、これまで断片的に語られてきた主人公ジャック・ライアンの生い立ちを物語の中心に置き、彼がCIAのアナリストになった経緯が語られています。

しかし、時代設定は2000年代に変更され、彼が海兵隊に入隊したきっかけが2001年の9.11テロに変更されているのです。

そのため、同じジャック・ライアンが主人公であっても、ジャック・ライアンシリーズの前日譚という設定でもなく、いわゆるリブート作品という位置づけになるのだといえるでしょう。

『レッド・オクトーバーを追え!』に見るように、ジャック・ライアンシリーズの大きな魅力は、軍事的対抗をめぐる息詰まるような緊迫感や、異様にリアリティーを感じさせる軍事描写の巧みさにあります。

また、ホワイトハウスやCIAにおける権力闘争に代表されるポリティカルサスペンスとしての要素も大きな魅力です。

しかし他方で、人間ドラマとしてジャック・ライアンシリーズを見てみると、そこでの人物描写は、善玉は非の打ち所のない好人物であるのに対して、悪玉はどこまでもサディスティックで憎々しい人間として描かれるスタイルになっています。

だから、どこか平板で面白味に欠けているんです。

軍事テクノスリラーと呼ばれるジャンルにおいて、軍事的衝突や情報戦争が物語の中心であれば、たとえ登場人物がどんなに平板であっても、作品の本筋とは関係ないので、それは許されます。

しかし、本作においては、ジャック・ライアンが妻とどのようにして出会い、結婚するにいたったのかという人間ドラマが、ロシアの企業家によるテロを防ぐ物語のなかで非常に重要な位置を占めます。

そこで問題となってくるのが、ジャック・ライアンや彼の妻キャシーがどこまで魅力的キャラクターとして描かれるかということだと思います。

映画『エージェント:ライアン』の登場人物の人間性がどのように描かれているのかを象徴するシーンがあります。

ジャック・ライアン(クリス・パイン)は、ロシア企業の不審な資金の動きを監査するためにロシアへ出張します。

キャシー(キーラ・ナイトレイ)は、この旅行をライアンの浮気と考え、ロシアにいるライアンのもとへサプライズ訪問し、別の女性と一緒にいるのかどうかを探ろうとしました。

任務の真っ最中であったライアンは、任務遂行のため、それまでキャシーに秘密にしていた、自分がCIAの局員であることを打ち明けざるを得ません。

これに対してキャシーは、浮気でなかったことに安堵するばかりで、ライアンが自分に隠し事をしていたことについては全く意に介さないばかりか、CIA勤務を喜ぶのです。

人間関係における葛藤が生じそうなこの状況を、主人公ライアンに都合の良いように流してしまうこの描写には、やはり軽さを感じてしまいました。

映画『エージェント:ライアン』では、二人の恋愛模様に大きく時間が割かれています。

そのため、二人の間に生じた困難が、いずれも軽々とクリアされていくシーンばかりになってしまいました。

この結果、テロの脅威といった物語の他の要素も軽く見えてしまうのです。

ロシア企業がドルの暴落とテロ攻撃によりアメリカ経済に大打撃を与えようとするというストーリーは、この作品単独で見てみると緊迫感のある、いいストーリーだと思います。

しかし、これまでジャック・ライアンシリーズに見慣れてきた者にとっては、ジャック・ライアンがこうしたテロを未然に防げないわけはないという先入観に囚われてしまいます。

リブート作品なので、そこは関係ないと割り切って観なくてはいけないのかもしれませんが、なかなか難しいです。

公私にわたるどんな困難も軽々とクリアしていくジャック・ライアンという優秀すぎるキャラクターが抱える問題なのかもしれません。

ドラマ化されたジャック・ライアンシリーズもあります。
『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』のネタバレ感想と評価

まとめ

映画『エージェントライアン』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、あらすじネタバレや感想がまとめてあります。

今すぐ、エージェントライアンをU-NEXTで見てみる