サスペンス

スリー・ビルボードの動画フル無料視聴|日本語字幕や吹き替えも見れる【映画】

フランシス・マクドーマンド主演映画『スリー・ビルボード』【監督:マーティン・マクドナー|原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri】(2017年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

スリー・ビルボードの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、フランシス・マクドーマンド主演映画『スリー・ビルボード』(2017年)のフル動画が日本語字幕版と吹き替え版ともに配信されています。

残念ながら、新しい映画のため、ポイント制や有料レンタル扱いです。また、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

ただし、映画『スリー・ビルボード』の動画をフルで見る良い方法があるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル特典には31日間無料で見放題だけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

そのポイント600円分を使うことで、『スリー・ビルボード』の動画フルを追加料金なしで視聴可能です。

だから、今ならU-NEXT(ユーネクスト)で見るのが狙い目でしょう。

>>U-NEXTで映画『スリー・ビルボード』を鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年2月8日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

スリー・ビルボードはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『スリー・ビルボード』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

スリー・ビルボードのネタバレ感想と評価【映画】

ミズーリ州、エビング広告社にミルドレッド・ヘイズ(フランシス・マクドーマンド)が入るシーンは、どことなく西部劇を思い出させます。ただし、カウンターで酒を頼むわけではなく、ミルドレッドが依頼したのは、使われていない看板に広告を出すことでした。

「なぜ?ウィロビー署長」

「犯人逮捕はまだ?」

「犯されながら死んだ」

真っ赤な背景に真っ黒な文字だけの広告。一月5,000ドルは結構な金額ですけど、こんな大金でもめったに人が通らない道の看板を借りるのが精いっぱい。

どれぐらい人が通らないのかと言えば、「迷ったやつかボンクラしか通らない道」と言われるぐらいのへんぴな場所です。しかし、テレビで取り上げられたことにより、ミルドレッドと看板は一躍有名になってしまいました。

娘を悲惨な事件で失った母親に対して、なぜか町の人は冷たいんですよね。さらに、息子は嫌がらせを受けています。それもこれも、署長の名前を出したせいかもしれません。

アメリカって、こういう○○署長とか○○議員が異常に強い力を持ってますよね。単に尊敬されるだけにとどまらず、何か崇められているようにも見えてしまいます。

自主独立をモットーとしているのかと思いきや、意外と長いものに巻かれる風潮があるのは不思議です。

最初に看板を見つけたディクソン(サム・ロックウェル)は、ウィロビー署長(ウディ・ハレルソン)を敬愛しています。敬愛というよりは心酔が近いでしょう。当然、署長に恥をかかせたミルドレッドは敵ですし、広告会社も許せません。

元々ディクソンは問題のある警官で、人種差別的であり、暴力的で切れやすいのです。広告会社の人間を窓から叩き落すまでのシーンは、すさまじい暴力ですよ。

しかし、ミルドレッドも負けてません。麻酔が効く前に抜歯という、ろくでもない嫌がらせをしようとした歯科医の爪にドリルで穴をあけています。

もちろん、警察沙汰になりますけど、ウィロビーが事情を聴くために店に来た時、まだ麻酔が効いて上手くしゃべれないのは、ちょっと笑えました。

この映画『スリー・ビルボード』、実は全体的に地味なシーンが多いのが特徴です。その分、暴力や炎を使うシーンがしっかり目立っていますね。完全に敵同士だったミルドレッドとディクソンの間に、いつの間にか信頼関係みたいなものが出来上がるのも見ものです。

悪人を許しておけないという部分は二人とも一致していますし、お互い火をつけた間柄ですから、何か分かり合えるものがあるのでしょう。ディクソンを命がけの証拠採取に駆り立てたのは、やっぱりウィロビー署長の手紙でしょうかね。

そして問題のラストシーンへ。バッヂを失ったディクソンを乗せて、アイダホへと向かうミルドレッド。二人がやろうとしていることは正義なのか、それともただの憂さ晴らしなのか。

その結論は、映画を見た人が、それぞれ決めればよいことでしょうね。

まとめ

フランシス・マクドーマンド主演映画『スリー・ビルボード』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

ドラちゃん
ドラちゃん
アン・ウィロビー役のアビー・コーニッシュは、同じ2017年に公開された映画『ジオストーム』でサラ・ウィルソンを演じているよね。

今すぐ、スリー・ビルボードをU-NEXTで見てみる