サスペンス

タイム・トゥ・ランの動画フル無料視聴 吹き替えも字幕も見える【映画】

ジェフリー・ディーン・モーガン主演映画『タイム・トゥ・ラン』【監督:スコット・マン|原題:Heist / Bus 657】(2015年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

タイム・トゥ・ランの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ジェフリー・ディーン・モーガン主演映画『タイム・トゥ・ラン』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

U-NEXT(ユーネクスト)

また、見放題サービスのhulu(フールー)やNetflix (ネットフリックス)での動画配信は残念ながらありません。

映画好きからU-NEXTが選ばれる理由

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。一度、体験するとラクすぎて、きっとハマりますよ。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、クギづけになる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『タイム・トゥ・ラン』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年4月25日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

タイム・トゥ・ランはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『タイム・トゥ・ラン』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

タイム・トゥ・ランのネタバレ感想と評価【映画】

『タイム・トゥ・ラン』は、カジノをクビになった従業員がカジノの現金を強奪、何としても現金を奪還しようとするカジノのオーナー、バスジャックで逃げ切ろうとする現金強奪犯を追跡する警察と三つ巴の追跡劇が展開される映画です。

プロットの素晴らしさが光る作品で、知らず知らずのうちにどのような結末が待っているのかに意識が持っていかれます。また、序盤でまかれた伏線が終盤で回収されていきますが、伏線がそれと気付かれずに散りばめられている点が秀逸です。

映画『タイム・トゥ・ラン』の物語の大きな特徴は、現金強奪犯がカジノで現金を奪った後、バスジャックをするのですが、それにもかかわらず強奪グループに参加した主人公ヴォーンに何とか逃げ延びて欲しいと思わずにはいられない展開にあります。

ルーク・ヴォーン(ジェフリー・ディーン・モーガン)は、長年カジノのオーナーに仕えてきました。彼には難病で手術が必要な娘がいますが、手術費用が30万ドルかかると言われます。そこで、彼はカジノのオーナーであるポープ(ロバート・デ・ニーロ)に援助を頼みました。

ところが、冷たくあしらわれたあげくにカジノをクビになってしまいます。難病の娘を何とかしたいというヴォーンのやむにやまれぬ事情と長年の貢献を足蹴にされてしまった彼の屈辱を晴らさせたいという感情が、現金強奪が実行される以前から作り上げられたのです。

さらに、ポープを演じるロバート・デ・ニーロの、裏社会を仕切る人間の凄みとどこまでも冷酷な性格がヴォーンを応援したくなる心情を盛り上げていきます。

映画『タイム・トゥ・ラン』の物語の序盤で、一介のカジノのディーラーでどこかおどおどした印象を受けるヴォーンですが、現金強奪計画に参加したあたりから表情が大きく変化していくのも印象的です。

カジノの事情に精通し、軍隊経験もあるヴォーンは、次第に強盗グループのリーダーシップを握っていくようになります。強盗グループのリーダーであるコックス(デイヴ・バウティスタ)と当然のように対立するのですが、次第にコックスよりも力を発揮していきました。

バスジャックした際には、冷静に状況を把握し事件をコントロールしていくようにもなります。このあたりから、事件の結末が気になるようになるのです。周囲を警察車両に囲まれながら走るバスジャックが成功するはずはありません。

他方で、ヴォーンの置かれた状況を考えると、娘の手術ができないことは考えにくく、ヴォーンは金を持って逃げ切るだろうと予測します。そうであるならば、どこかで何か仕掛けがあるだろうという期待を持って物語を追っていくようになりました。

映画『タイム・トゥ・ラン』では、どのような仕掛けがあるのかが見えてこないため、当然ながら物語は盛り上がりを見せるようになります。

真相は、あらかじめヴォーンによって逃げるための様々な仕掛けが用意されていたことがわかりました。妹に妊婦を装わせて腹の中に現金を隠しておく、ヴォーン自身は人質の中にまぎれて逃亡する仕掛けが用意されていたのです。

人質に紛れて逃げるのは、この手の作品にはよくある仕掛けですが、現金を妹の腹の中に隠して運ばせるというのは意表を突く展開になっています。序盤に、この妊婦とヴォーンが目配せするシーンがあったのですが、それがこのような形で結実するのは見事な伏線であるように感じました。

ヴォーンの仕掛けによって現金は無事に娘の元へ届けられるのですが、ヴォーン自身の命はポープの手に握られてしまいます。ヴォーンは金が手に入れば殺されても仕方がないと考えていたようですが、ここでポープの心が変節するんです。

家族の大切さを痛感していたポープが、土壇場で彼を殺さないことを決心するのでした。突然、人間性に目覚めたような設定で、このあたりに演出過剰な印象を受けてしまうのですが、それまでに展開されていたトリックが秀逸でしたので、さほど気になりません。

他にバスジャック発生時からヴォーンを追い続けていた警察官が彼を見逃す展開なども少し違和感を感じます。

けれども、映画『タイム・トゥ・ラン』はヴォーンという人間の描き方、そして、絶対に現金を運び出すことができないという状況を見事に逆転するトリックの素晴らしさを考えると、気にならずに面白さを堪能できる作品です。

まとめ

ジェフリー・ディーン・モーガン主演映画『タイム・トゥ・ラン』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、タイム・トゥ・ランをU-NEXTで見てみる