サスペンス

ブラッドスローンの動画フル無料視聴 Netflixやhuluで見えるの?【映画】

ニコライ・コスター=ワルドー主演映画『ブラッド・スローン』【監督:リック・ローマン・ウォー|原題:Shot Caller】(2017年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

ブラッドスローンの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ニコライ・コスター=ワルドー主演映画『ブラッドスローン』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

アマゾンプライムビデオ

残念ですが、見放題サービスのNetflix(ネットフリックス)やhulu(フールー)では動画配信されていません。

はじめてプライム会員登録をする方は、30日間無料(0円)で見ることができるので、気軽に使えるシステムです。トライアル期間中であれば、料金を払わなくても契約を解除することができます。

そして、アマゾンのプライムビデオは、他にもたくさん動画配信されています。海外ドラマや洋画を見るのが好きな人にとっては、使わないと損と言える動画配信サービスです。

アマゾンプライムビデオ

※紹介しているVODサービスの情報は2019年4月23日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ブラッドスローンはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、これらの動画共有サイトには、違法にアップロードされているのです。

ですから、違法アップロードされた動画は削除されている可能性があります。

ほかにも、動画共有サイトにはデメリットがあります。

画質や音質が悪く、広告が画面をさえぎるように出て、映画に集中できません。

さらに、個人情報の漏えいやスマホやパソコンがウイルス感染するリスクすらあります。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いいたします。

>>映画『ブラッドスローン』の動画フルをアマゾンプライムビデオで快適に視聴する

ブラッドスローンのネタバレ感想と評価【ニコライ・コスター=ワルドー主演映画】

映画『ブラッドスローン』は、エリート金融マンであったジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)が、交通事故を起こしたことで刑務所に投獄され、それをきっかけにジェイコブが悪に染まっていく物語です。

いわゆる典型的なギャング映画で、ギャングの掟・家族・刑務所といった言葉が物語を語るキーワードになっています。物語はジェイコブが刑務所を出所するあたりから始まり、現在と過去を行ったり来たりしながら進むのです。

エリート金融マン時代と比べると、別人のように変貌したジェイコブの姿が印象的で、家族を守るために悪の道で生きることを決意した人間の悲哀や絶望感が表情ににじみ出ています。

ジェイコブは苛酷な刑務所生活を生き抜くために体を鍛え上げ、喧嘩も厭わず、あげくは殺人にまで手を染めてしまうのでした。当初の懲役は延長され10年も刑務所で過ごすことになってしまいます。

その結果、いつの間にか刑務所のギャング集団での地位が上がり、ギャングを抜けようにも抜けられない状態で出所することになりました。また、ジェイコブはギャングに抵抗すれば家族の命がどうなるかわからないという脅しをギャングのボスのビースト(ホルト・マッキャラニー)から受けます。

これによってジェイコブは出所後もギャングとして生きざるを得ないこととなり、家族を守るために悪の道に生きなくてはならなくなったのです。

映画『ブラッド・スローン』全体がそうなのですが、ギャングのメンバーが悪に染まる理由が、非常に他律的なものとして描かれています。

たとえば、刑務所で暴動が起きますが、暴動に参加するメンバーは、ほぼ全員が暴動に加わりたくはないけれどギャングのリーダーの命令だから、仕方なく参加するというものです。

いわば自覚的な悪人は存在せず、ギャングは自らの置かれた状況によって仕方なく悪の道に生きているという描かれかたになっています。では、なぜ悪がはびこるのか、という部分にまで本作は踏み込んでいません。

終わりのない悪の連鎖が蔓延しており、どうしようもない状態であることが強調されているように感じます。

映画『ブラッド・スローン』終盤でジェイコブは武器取引によって逮捕、彼は元いた刑務所に戻り、そこでギャングのリーダーを殺害し自らがギャングのリーダーになりました。

彼は悪の組織の頂点に立つことになるのですが、それでもジェイコブの中には家族、とりわけ息子を思う心が強く、何とか犯罪組織を根絶したいという意識もあります。

性善説に基づき、悪に染まっていく人間を描くとジェイコブのような人間像ができあがるのかもしれません。内面に善を抱えていても、犯罪ばかりを繰り返す人間の心が持つ難解さが描かれているように感じました。

飲酒運転により友人を死なせてしまった罪でジェイコブは服役します。ジェイコブ自身は、自分の行いで人を死なせてしまったから罪を受けることを当然のものと考えたのです。

しかし、刑務所の現実は弱みを見せる者に対しては容赦がなく、リンチや殺人が横行する環境となっています。罪を受けなくてはならないという意識と、刑務所で生き残っていかなくてはならないとする意識の狭間でジェイコブの心は大きく揺れたと思うのです。

しかしながら、このあたりの葛藤がもう少し丁寧に描かれていれば、ジェイコブという人間がもう少し深みのある人間として描かれたのかもしれません。

あるいは、あえてそのあたりを軽く描くことにより、スピーディーな展開を重視するギャング映画らしさを強調したかったのかもしれません。

現実には交通事故の加害者が凶悪犯罪者が収容される刑務所に収監されることはあり得ないと思います。ただ、そのあたりにも物語をより劇的にする狙いが込められているように感じました。

まとめ

ニコライ・コスター=ワルドー主演映画『ブラッドスローン』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

ドラちゃん
ドラちゃん
ジェイコブ役のニコライ・コスター=ワルドーは、何といってもドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイミー・ラニスターを思い出すよね。
カバ吉くん
カバ吉くん
フランクを演じているジョン・バーンサルは、人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン1から登場するシェーン役のイメージが強いぞ。

今すぐ、ブラッド・スローンをアマゾンプライムビデオで見てみる