サスペンス

ゲット・アウトの動画フルを無料視聴|huluやNetflixで見れる?【映画】

ダニエル・カルーヤ主演映画『ゲット・アウト』の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想や評価をまとめました。

【予告動画】

ゲット・アウトの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ダニエル・カルーヤ主演映画『ゲット・アウト』のフル動画が配信されています。

現在のところ、amazonプライムビデオが日本語字幕版と吹き替え版ともに見放題で動画配信しています。

dTVとU-NEXTは、有料レンタル扱いです

残念ながら、見放題サービスのhulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)では配信されていません。

VODサービスには、無料のおためし期間があります。

つまり、おためし期間内であれば、解約は自由ですし、お金もかかりません(0円)。

自分のスマホやパソコンなどで、実際に鑑賞できるのか、体験することができるので、おためしができるのはありがたいことです。

>>amazonプライムビデオで映画『ゲット・アウト』を鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2018年9月22日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ゲット・アウトはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ゲット・アウト』のフル動画をamazonプライムビデオで快適に視聴する

ゲット・アウトのネタバレ感想や評価【映画】

映画『ゲット・アウト』は、カメラマンである主人公の黒人青年クリス・ワシントン(ダニエル・カルーヤ)が、白人の恋人ローズ・アーミテージの実家を訪ねることによって起きた惨劇を描いた作品です。

ホラー映画と言えばホラーですが、黒人青年が監禁され、その肉体に白人の魂が移植されそうになるというプロット自体に目新しいものはありません。

むしろ黒人青年が味わう疎外感、怒りや恐怖といった感情の移り変わりが見事に描かれている点が本作の魅力であるように感じます。

まず、クリスが感じるのは、白人女性であるローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家を訪れることによって味わう差別に対する恐怖感です。

今でこそ、黒人と白人のカップルは一般的なものと認知されつつあるように思います。

ただ、それでも上の世代であればあるほど、こうした異人種間のカップルに対して嫌悪感を感じる人間は少なくないです。

クリスはローズの実家を訪れることにより、こうした嫌悪感をぶつけられることをまず恐れます。

次に想像以上にローズ家が裕福であり、家族のほとんどが精神科医であるローズ家に対し、孤児であるクリスは自らが卑屈になることを感じざるをえません。

そして、ローズ家の主催する白人ばかりが集まるパーティーにおいて強い疎外感を抱くようになるのです。

また、ローズ家の黒人の使用人たちの気の抜けたような態度に言いようのない恐怖を抱きます。

さらに、ローズ家の人々やパーティーに出席した人々からは、例えば「時代は黒だ」といった言葉を浴びせられたり、黒人の身体的な優秀さを理不尽に称賛されるなど、リベラルな側からの差別と言えるような態度に怒りを感じるのでした。

そして、ローズの母親ミッシー・アーミテージ(キャサリン・キーナー)からは催眠により思い出したくも無い過去の悲しい出来事を掘り起こされ、非常に落ち込んだ気分にさせられていきます。

すでにローズ家のパーティーの段階で、これだけのネガティヴな感情に包まれていたクリスは、一刻も早く家へ帰りたいという気分で一杯になりました。

ローズの実家へ行く前に感じたある種の恐怖感が、疎外感や差別を受けたことによる怒り、催眠による気分的落ち込みと、使用人に対する恐怖感といった感情により、悪化の一途を辿るわけです。

ですから、『ゲット・アウト』を観ている側も、そんな場所からは一刻も早く立ち去ったほうがいいという感情が支配的になっていきます。

そして、こうした感情が高まったところで、クリスは催眠状態にされ、監禁されるのです。

この後、クリスがどうなってしまうのだろうという不安よりは、こうした理不尽な目に遭い、クリスの反撃を応援したい気分にさせられるのでした。

監禁後、クリスは何とか催眠から覚醒し、すんでのところで脳の移植手術から逃げ出すことに成功します。

それから、クリスはローズ家全員の抵抗を排除して家から脱出することに成功するのです。

映画『ゲット・アウト』は、最後にローズの反撃を交わしたシーンが、とても印象的でした。

ローズはクリスに馬乗りになられたところに警察車両が到着します。

警察から見れば白人女性の上に黒人男性が馬乗りになっているわけですから、当然クリスは警察に撃たれることを覚悟しました。

しかし、実際に警察車両に乗っていたのは、クリスの身を案じて探しに来た親友のロッド(リル・レル・ハウリー)だったのです。

そして、ロッドによって、クリスは救い出されることになりました。

見ている者の予想を裏切るという点で見事なシーンだったと思います。

映画『ゲット・アウト』の鍵は、リベラルな立場を持つ人々による人種差別にあるように考えました。

パーティーのシーンにあるように、いたずらに黒人を称賛する、あるいは黒人は身体能力が優れているといった一種の偏見に基づいた言葉にクリスは傷つきます。

しかし、こうした感情は、物語の終盤では、差別感情としてではなく、黒人の肉体と白人の精神を融合させようとするローズ家に見られるような、白人の自らの身体に対する劣等感という卑屈な感情として描かれていました。

無知と偏見に基づく差別感情を、ただ差別として描くのではなく、差別する側の卑屈さも合わせて描いているところに、映画『ゲット・アウト』のストーリーの深さが表れているように感じます。

まとめ

ダニエル・カルーヤ主演映画『ゲット・アウト』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想や評価がまとめてあります。

今すぐ、ゲット・アウトをamazonプライムビデオで見てみる